ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ウイングアーク1st」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ウイングアーク1st」に関する情報が集まったページです。

ウイングアーク1st/シムトップス:
設備を止めずに導入可能、すぐに効果を体感できる製造業向けIoTソリューション
ウイングアーク1stは、シムトップスと共同で製造業向けIoTソリューション「MotionBoard for MC-Web CONTROLLER」を開発し、販売を開始した。(2018/6/4)

製造ITニュース:
生産設備の予知保全システム構築ソリューション、3社連携で開発
東京エレクトロン デバイスと金沢エンジニアリングシステムズ、ウイングアーク1stは、共同開発した「IoT&AIシステム構築ソリューション」の提供を開始した。データ収集環境や設備の状態診断、可視化までを開発なしで構築できる。(2018/5/28)

製造ITニュース:
既存設備をすぐにIoT化できる製造業向けソリューション
ウイングアーク1stとシムトップスは、設備を停止せずに設置でき、導入後すぐに効果を体感できる製造業向けIoTソリューション「MotionBoard for MC-Web CONTROLLER」を発売した。(2018/5/23)

りそな銀行がBIツール「MotionBoard Cloud」導入、Salesforceの営業データ活用へ
りそな銀行は、営業力強化に導入した「Salesforce」に蓄積した情報を活用するため、ウイングアーク1stの「MotionBoard Cloud」を採用。2018年6月に、営業担当者やマネジャー、本部のスタッフなど、2200人が利用を開始する。(2018/5/22)

製造ITニュース:
BIからAIへ、BIダッシュボードでAIを活用したデータ分析・予測
ウイングアーク1stとグルーヴノーツは、BIダッシュボード「MotionBoard」と機械学習プラットフォーム「MAGELLAN BLOCKS」を組み合わせて、簡単にAIを用いたデータの分析・予測ができる新製品を発売した。(2018/5/16)

東京エレクトロン デバイスなど3社が連携:
ユーザー負担を抑え、予知保全を実現できるIoT&AIシステム構築ソリューション
東京エレクトロン デバイス、金沢エンジニアリングシステムズ、ウイングアーク1stの3社は、生産設備の予知保全を実現する「IoT&AIシステム構築ソリューション」を開発し、提供を開始する。(2018/5/11)

製造ITニュース:
BIダッシュボードがディープラーニング解析プラットフォームに対応
ウイングアーク1stは、同社のBIダッシュボード「MotionBoard」が、ABEJAが提供するAI解析プラットフォーム「ABEJA Platform」に対応したと発表した。連携によってデータ活用が容易になり、製造業の予防保全や検品といった作業自動化に貢献する。(2018/3/12)

製造IT導入事例:
産業用機械メーカーがBIツール採用により、生産情報の現場改善を実施
ウイングアーク1stは、東芝機械がスマートファクトリー向けプラットフォームを構築する上で、全社共通のBI基盤として同社のBIツール「MotionBoard」を採用したと発表した。(2018/2/1)

製造IT導入事例:
文書電子化ソリューション導入で、ペーパーレス運用を推進
ウイングアーク1stは、同社の文書電子化ソリューション「SPA」を松井製作所が導入したと発表した。これにより松井製作所では、世界各地の拠点からすぐに技術資料にアクセスしたり、セキュアな状態で資料を一元管理できるようになった。(2017/12/21)

図面をペーパーレス化して世界中からセキュアに閲覧――松井製作所、ウイングアークの「SPA」を導入
国内外65拠点でビジネスを展開する松井製作所は、全社共通の情報共有基盤としてウイングアーク1stの電子活用ソリューション「SPA」を導入。設計図面や技術資料などをセキュアに一元管理する情報ガバナンス体制を構築した。(2017/12/7)

ウイングアーク1st スカイディスク:
ウイングアークとスカイディスク、製造業向けEMSとAIの連携で協業
ウイングアーク1stとスカイディスクが提携。製造業向けMES「MotionBoard」とスカイディスクの「SkyAI」を組み合わせ、製造現場における改善を支援する。(2017/11/24)

富士ゼロックス 紙帳票による保全可視化ソリューション:
手書き文字認識技術を活用し、紙帳票による効率的な設備保全を実現
富士ゼロックスは、同社独自の手書き文字認識技術による帳票処理支援ツール「ApeosWare Record Link」と、ウイングアーク1stのBIツールを組み合わせた「紙帳票による保全可視化ソリューション」の提供開始を発表した。(2017/8/10)

製造ITニュース:
手書き文字認識技術で紙帳票による設備保全を効率化するソリューション
富士ゼロックスは、独自の手書き文字認識技術による帳票処理支援ツール「ApeosWare Record Link」と、ウイングアーク1stのBIツールを組み合わせた「紙帳票による保全可視化ソリューション」の提供を開始した。(2017/7/31)

ウイングアーク1st MotionBoard:
リアルタイムアラートやBOM表現に対応したBIダッシュボードの最新版
ウイングアーク1stは、情報活用ダッシュボードの最新版「MotionBoard Ver.5.7」の提供を2017年5月17日に開始すると発表した。(2017/4/19)

ウイングアーク1st Dr.Sum EA/MotionBoard:
丸善食品工業がBI基盤として集計・分析プラットフォームを導入
ウイングアーク1stは、丸善食品工業が同社のBI(ビジネスインテリジェンス)ツール「Dr.Sum EA」と「MotionBoard」を採用したことを発表した。(2017/2/2)

ウイングアーク1st/小松工業 MotionBoard Cloud:
アルミ冷間鍛造専門メーカーがクラウドBIダッシュボードを導入
ウイングアーク1stは、アルミ冷間鍛造専門メーカーの小松工業が、同社のクラウドBIダッシュボード「MotionBoard Cloud」を導入したと発表した。(2017/1/18)

製造IT導入事例:
業務用食品製造企業、ERPデータの分析・集計ツールを導入
ウイングアーク1stは、丸善食品工業がERPに集約される売り上げや在庫、原価などのデータを分析・集計するためのBI基盤として、同社のBIツール「Dr.Sum EA」と「MotionBoard」を採用したことを発表した。(2017/1/14)

製造IT導入事例:
アルミ冷間鍛造専門メーカーがクラウド型BIツールを導入
ウイングアーク1stは、製造現場の作業日報と実績管理業務を改善するため、アルミ冷間鍛造専門メーカーの小松工業が同社のクラウドBIダッシュボード「MotionBoard Cloud」を導入したと発表した。(2016/12/22)

製造ITニュース:
機械設備を簡単にIoT化しモニタリングできるソリューションを連携
ウイングアーク1stは、同社の情報活用ダッシュボード「MotionBoard」とシムトップスの機械設備管理システム「MC-Web CONTROLLER」を連携すると発表した。旧式の機械設備でも簡単にIoT化でき、リアルタイムモニタリングが可能になる。(2016/8/18)

ウイングアーク1st MotionBoard Cloud:
“カイゼン”を支援するIoTソリューションにクラウド型BIダッシュボードを提供
ウイングアーク1stは、萩原電気のIoTソリューションに同社クラウド型BIダッシュボード「MotionBoard Cloud」を提供することを発表した。(2016/6/8)

クラウドサービスとパッケージで:
IoTデータのリアルタイム可視化も――ウイングアーク1st、BIツール「MotionBoard」最新版を発表
ウイングアーク1stは、BIツール「MotionBoard」の最新版をクラウドサービスとパッケージ製品、それぞれでリリースすると発表した。(2016/3/31)

製造ITニュース:
“製造現場見える化ツール”にIoT対応機能を追加、リアルタイム性も
ウイングアーク1stは主力のBIツールである情報活用ダッシュボード「MotionBoard」と集計・分析プラットフォーム「Dr.Sum EA」の新製品を発表した。IoT対応などを強化し製造業の「製造現場見える化」推進に向け提案を強化していく。(2016/3/31)

ウイングアーク1st Dr.Sum EA:
あすか製薬、高速データ処理が可能な自由度の高いBIツールを採用
ウイングアーク1stは、同社の集計・分析プラットフォーム「Dr.Sum EA」を、あすか製薬が導入したことを発表した。(2016/3/7)

製造IT導入事例:
BIツール導入により、誰もが簡単に使えて自由度の高いBI基盤を構築
ウイングアーク1stは、同社の集計・分析プラットフォーム「Dr.Sum EA」をあすか製薬が導入したことを発表。あすか製薬では、誰もが簡単に使えて高度な分析にも対応できるBI基盤を構築し、現場で活用しているという。(2016/3/3)

ウイングアーク1st MotionBoard:
iPadとBIツールを連携し、生産現場でのリアルタイムモニタリングを実現
ウイングアーク1stは、富士ゼロックスマニュファクチュアリングが、同社のBIダッシュボード「MotionBoard」を導入したと発表した。(2016/2/29)

製造IT導入事例:
複合機部品の製造ラインにBIツールを活用したモニタリングシステムを構築
ウイングアーク1stは、富士ゼロックスマニュファクチュアリングが、鈴鹿事業所の生産現場に同社のBIダッシュボード「MotionBoard」を導入したと発表した。2015年8月より、複合機部品の製造ラインで活用を開始した。(2016/2/26)

製造マネジメントニュース:
製造業向け業務システム分野で協業を開始、生産管理システムの機能を強化
日立システムズとウイングアーク1stは、中堅・中小規模製造業向けの業務システム分野で、包括的協業を開始した。その第1弾として、「FutureStage 製造業向け生産管理システム」と帳票システム「SVF」を融合させ、機能を強化した。(2015/11/24)

仕事を変える帳票:
PR:見積書、請求書、発注書作りを簡単にするクラウドサービスとは?
企業では誰もが使う帳票だが、業務ルールなどに起因するフォーマット変更に手間取った経験をお持ちの方も多いはずだ。そうした煩わしい作業からビジネスパーソンが解放されるサービスが登場した。帳票ベンダー大手のウイングアーク1stが提供するクラウドサービス「SVF Cloud」だ。(2015/9/8)

より情報量の多い精細な地図が利用可能に:
ウイングアーク1st、クラウド型BIダッシュボード「MotionBoard Cloud」に「MapFan」「Mapion」の地図情報を追加
ウイングアーク1stは2015年7月24日、クラウド型BIダッシュボード「MotionBoard Cloud」のアップデートを実施。「MapFan」「Mapion」の地図が選択可能になった。(2015/7/24)

学校にもBIツールの波、就職率アップや中退防止に
学校にもBIツール、就職率アップや中退防止に活用を――。テコラスとウイングアーク1stが、大学・専門学校向けに経営情報分析/データサイエンティスト育成支援のプラットフォームを提供する。(2015/5/20)

企業の情報活用を促進:
ウイングアーク1st、第三者データを自社データと組み合わせて効率的な分析業務を後押しするサービスを提供
ウイングアーク1stは2015年5月12日、同社が提供するクラウド型BIダッシュボード「MotionBoard Cloud」での情報活用を促進する「3rd Party Data Gallery ソリューションパック」を発表した。(2015/5/14)

営業データの可視化:
WEICとウイングアーク1st、インサイドセールス向けソリューションを軸に資本業務提携
WEICと、ウイングアーク1stは2月19日、資本業務提携を締結したことを発表した。ウイングアーク1stはWEICの実施する第三者割当増資を引き受け、WEICの一部株式を取得。またこの資本提携を受け、両社共同でインサイドセールス分野における共同ソリューションを提供していく方針を明らかにした。(2015/2/20)

NEWS
気象情報など外部データと自社データを統合分析できるマーケター向けツール
ウイングアーク1stは、マーケティング担当者向けクラウドBIダッシュボードサービス「MotionBoard Cloud for DMP」を6月2日に提供開始する。自社データを気象情報や人口統計情報などの外部データと統合して分析することができる。(2014/6/2)

マーケッターにクラウドダッシュボードを提供、ウイングアーク
ウイングアークはBIダッシュボートの新サービスとして、マーケティングデータの分析や可視化が可能なサービスを開始する。消費動向などの統計データも提供するという。(2014/3/26)

NECとウイングアーク、大規模ユーザー向けビッグデータ活用基盤を提供
NECとウイングアークは、両社のハードウェアと分析ソフトを組み合わせたビッグデータ活用基盤を大規模ユーザー向けに販売する。(2014/2/14)

製造IT導入事例:
ヤマハ、生産実績情報の“見える化”システムを採用――「セル別経営」へ
ヤマハは、生産実績情報をリアルタイムに“見える化”するために、ウイングアークの情報活用ダッシュボード「MotionBoard」を採用した。(2013/9/12)

セキュリティを強化したビジネス分析ツールの最新版、ウイングアークが発売
ウイングアークは、BI・データ活用ソリューションの最新版「Dr.Sum EA Ver.4.0 SP1」と、データ更新ツール「Dr.Sum EA DataLoader Ver.4.0 SP1」の出荷を開始した。(2013/7/12)

TeradataとBIツールを連携させるアダプター、ウイングアークが発売
ウイングアークのBIツール「MotionBoard」とTeradataのデータベースを連携させる専用アダプター「MotionBoard Adapter for Teradata Database」を発売した。(2013/6/21)

PDF帳票専用の保管ツールソフトを発売、ウイングアーク
PDFの帳票データを長期的に保管運用するための「SVF PDF Archiver」を発表した。(2013/4/8)

ウイングアーク、BIツール「MotionBoard」の最新版を提供
ウイングアークがBIツール「MotionBoard」の最新版を提供。ダッシュボード機能を強化し、作成できるチャートの種類や表現の幅を広げたという。(2012/11/15)

ウイングアークとテラデータ、大規模BI分野で協業へ
ウイングアークのダッシュボード製品とテラデータのDWHを連携させた情報分析・活用ソリューションを展開する。(2012/10/4)

1st HDとセールスフォース、クラウドBIサービスを提供へ
ウイングアークなどを傘下に持つ1stホールディングスとセールスフォース・ドットコムが提携し、タブレット端末などでも利用可能なビジネスインテリジェンスサービスを提供する。(2012/4/16)

ウイングアーク、ダッシュボート製品にモバイル対応版を追加
専用アプリにより、直観的な操作やオフラインでの利用が可能となっている。(2011/11/30)

ウイングアーク、帳票基盤ソリューションの最新版をリリース
帳票基盤ソリューションのSVFおよび帳票運用管理ツールでは、多言語対応や開発・運用での効率を高める改善などを図ったという。(2011/11/10)

NECとウイングアーク、大企業向けビジネスインテリジェンス製品を発売
ウイングアークのBIソフトとNECのサーバを組み合わせて提供する。(2011/10/21)

ウイングアーク、データ処理性能を高めた分析エンジンの最新版発売
「Dr.Sum EAエンジン Ver4」では、大量データの処理パフォーマンスが30〜50%程度向上したという。(2011/8/29)

機敏な操作やレポート表示を実現、ウイングアークがダッシュボード製品を強化
独自技術により、高速のデータ分析やグラフィカルレポートの表示、機敏な操作を可能にした「MotionBoard」を新たに展開する。(2011/8/22)

ホワイトペーパ:
現場力を高めるPDF帳票・Excel帳票
次世代のWeb帳票「SVF Web帳票」 現場力を高めるPDF帳票・Excel帳票(提供:ウイングアーク テクノロジーズ)(2011/7/1)

ウイングアーク、データ分析ソフトとクラウドサービスの連携ツールを発売
ウイングアークは、salesforce.comのサービスと連携するための「Dr.Sum EA Connect Adapter for Salesforce」を発売する。(2011/6/9)

NECとウイングアーク、大規模なビジネス分析システムを共同展開へ
NECとウイングアークは、ビジネス分析(BI)分野での協業体制を強化し、既存の約10倍の処理能力が求められる大規模システムへの対応を進める。(2011/4/27)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。