ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「吉本興業」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「吉本興業」に関する情報が集まったページです。

otsuneの「燃える前に水をかぶれ」:
謝罪マスターと炎上専門家が考える、ネットの便利さと危険性 竹中功×おおつねまさふみ対談第2回
炎上対策会社「MiTERU」を立ち上げたネットウォッチャー、おおつねまさふみ氏と、吉本興業の謝罪会見を仕切ってきた竹中功氏との対談第2回。(2018/7/4)

mora、ひょっこりはんネタ音源の「一時配信停止」を決定 BGMの著作権侵害問題で、よしもとからの申し出受け
申し出があればすぐに対応できるよう、準備するとしていました。(2018/6/1)

「残念で悲しい」 ひょっこりはんのネタBGMが著作権侵害? 音源配信のmora「よしもとからの連絡待ち」
「はい、ひょっこりはん」で芸能界にもファン多数(追記あり)。(2018/6/1)

吉本興業、「鉄拳7」の大会「MASTERCUP TRY」をサポート 出場選手1人に対し「EVO2018」参戦を支援
名をあげるチャンス?(2018/4/24)

「シャドウバース」プロリーグが始動 選手には月給30万円を保証、総額2000万円の年間インセンティブも
au、おやつカンパニー、サッポロビール、吉本興業が参入チームのスポンサーに。(2018/3/9)

「シャドウバース」のプロリーグ発足 サッポロビールら4団体が参戦
スマートフォン向けカードゲーム「シャドウバース」で国内初のプロリーグが発足。au(KDDI)、吉本興業、おやつカンパニー、サッポロビールがオフィシャルパートナーとして参戦する。(2018/3/9)

吉本興業「eスポーツ」参入 プロチーム発足、ゲーム実況配信、大会開催も
吉本興業がeスポーツ事業に本格参入。「よしもとゲーミング」としてプロチームを複数運営するほか、ゲーム実況に特化したタレントを育成。eスポーツイベントも主催する。(2018/3/8)

吉本興業がプロゲーマーチーム「よしもとゲーミング」発足 eスポーツ事業にガチ参入
他にもイベント・大会実施などを通じ、国内eスポーツ産業の創出を目指していくとのこと。(2018/3/7)

23日放送のニコ生「聖夜のクリスマス飯」で放送事故 吉本芸人のしつこい“いじり”に出演者激怒、ドワンゴが謝罪
ニューヨークの出演者に対する態度に「不快」との声が多くあがっていました。(2017/12/25)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
大リーグ移籍をめぐって、大谷翔平と吉本興業の関係
メジャーリーグ移籍を目指す大谷翔平投手の新天地が注目されている。連日、複数のメジャー球団と交渉を続けているわけだが、大谷側に“影のサポーター”が存在していることをご存じだろうか。吉本興業である。(2017/12/8)

大阪の人気番組が月額480円で見放題――NTTぷららと吉本興業が提供する「大阪チャンネル」
(2017/4/18)

「悪質な転売と戦う」 オリラジ中田さん、チケット販売を「よしもと」から「Peatix」に
「このライブで、テクノロジーによる勝利宣言をしたい」と意気込んでいる。(2017/4/17)

医療技術ニュース:
お笑いを医学的に検証、ストレスマネジメントでの活用を目指して
オムロンは、近畿大学や吉本興業、NTT西日本と共同で「笑い」の医学的検証研究を開始した。「笑い」が心身にもたらす効果を明らかにし、測定方法を開発するなどして、2021年には「笑い」を活用したストレスマネジメントの実用化を目指す。(2017/3/2)

「笑い」の効果、吉本興業や近畿大が検証 精神疾患の新治療法を開発へ
笑いが心身に与える効果を検証する実証実験を、近畿大学や吉本興業などがスタート。研究結果を基に、精神疾患を笑いで治す方法の開発を目指す。(2017/2/17)

炎上するリスクを減らすには:
ノンスタ井上の事件、吉本興業の正念場
お笑いコンビ「NON STYLE(ノンスタイル)」の井上裕介氏の事件は今、大きな岐路に立っています。厳しい状況であることは当然ですが、この先の対応は今正に正念場です。(2016/12/14)

もはや自虐はお家芸? 茨城県が自虐で魅力を紹介するPR動画公開 よしもと芸人が都道府県役
茨城県は都道府県魅力度ランキングで3年連続最下位。(2015/11/11)

Netflixと吉本興業、又吉直樹氏の芥川賞受賞作「火花」を映像化 2016年に「NETFLIX」で配信
Netflixが8月28日、又吉直樹氏の芥川賞受賞作「火花」を映像化すると発表した。2016年に動画配信サービス「NETFLIX」で配信する。(2015/8/28)

ロボット開発ニュース:
Palmi開発者は「ロボットのある暮らし」をどう想像するか、トークイベント開催
ツブヤ大学がロボットをテーマとしたトークイベントを開催する。「Palmi」開発者やよしもとロボット研究所 チーフクリエーター、ガジェット雑誌編集長など、それぞれの立場で考える「ロボットのある暮らし」とは。(2015/5/20)

やっぱりお笑い枠じゃないか!! 「戦国BASARA4 皇」新武将・千利休がよしもと所属芸人に
「二重人格茶人サイキッカー」ってボキャ天ぽいしね。(2015/4/27)

動くスタンプの次は「しゃべるスタンプ」! よしもと芸人の音声付きLINEスタンプが登場
文字のボケに音声でツッコむ。(2015/1/22)

吉本興業とTwitterが提携 CMを動画ツイートに挿入「Twitter Amplify」活用
吉本興業とTwitterが提携し、広告入り動画をTwitterで配信する「Twitter Amplify」をスタートした。(2014/9/18)

吉本、Twitterと提携し、CM入り動画の配信を開始
吉本興業が、CM入り動画コンテンツをTwitter内で配信する「Twitter Amplify」を開始します。(2014/9/18)

吉本がクラウドソーシングサイト開設 チラシ・ロゴなど発注
よしもとクリエイティブ・エージェンシーとクラウドワークスは、お笑いライブのチラシ/ポスターなどの制作を発注するクラウドソーシングサービス「クリコン」をβ公開した。(2014/1/14)

出張版吉本新喜劇に会場もニコ生も大盛り上がり! 大阪なんばで開催されたニコニコ町会議レポート
大阪なんばのニコニコ町会議には、坂田利夫や今いくよ・くるよなどのよしもと芸人が登場した。(2013/11/13)

カラテカ入江の「後輩力」:
吉本芸人に学ぶ「上司、先輩のリスペクト」精神
友人5000人芸人で話題のカラテカ・入江慎也さん。実は入江さんも最初は、人付き合いで悩んでいました。でも「後輩力」に気が付き、後輩力を磨くことを心掛けてからは、一気に状況が変わったのです。(2012/9/18)

よしもとパパ芸人が作った8つの絵本 絵本アプリ「こえほん」で独占配信
アイフリークのスマートフォン向け絵本アプリ「こえほん」内にて、よしもとパパ芸人8人が子どもたちに作った「パパコ絵本」を独占配信。作者のパパ芸人による朗読付き。(2012/8/9)

目指せ、お笑いの大御所! 「よしもと芸人人生ゲーム」が発売
たこ焼き屋も悪くない。(2012/8/6)

「iLove iPhone」がよしもと芸人とコラボ――ナンバーワンiPhone芸人を決定
iPhoneファンのためのイベント「iLove iPhone」が、よしもと芸人とコラボレーション。自称iPhone芸人からナンバーワンを決定する「iPhone芸人No1決定戦?!『 iLove iPhone×iPhone芸人』」を開催する。(2012/8/2)

ただしスマホで……:
人気お笑い女芸人とキスできる! 「よしもとキスコレクション」
よしもとの人気お笑い女芸人7人とのキスを疑似体験できるアプリ「よしもとキスコレクション」が登場した。キスをした相手によって異なるシチュエーション動画をすべてコレクションすると、オリジナル写真集も閲覧可能だ。(2012/7/25)

出版業界ニュースフラッシュ 2012年5月第2週
出版業界で起こったニュースにならない出来事をまとめてお届けする週刊連載。講談社漫画賞や角川春樹小説賞などの受賞作決定のほか、吉本興業が創刊した「笑いと平和の百冊シリーズ」が話題になりました。(2012/5/14)

吉本興業100周年×シャープ100周年:
「なんばグランド花月」にドドーンと設置――300V型マルチディスプレイシステムが舞台を演出
シャープは、同社の60V型業務用液晶ディスプレイ「PN-V602」を25台設置した大型マルチディスプレイシステムを、吉本興業が運営する劇場「なんばグランド花月」に納入したことを発表した。(2012/4/24)

ソフトバンクの「お笑いLIFE」、よしもと芸人作の新アプリをリリース
ソフトバンクモバイルが提供する「お笑いLIFE」の「めざせ!世界一の爆笑便利アプリ」から、よしもと芸人作のスマートフォン向けアプリ3点がリリースされる。(2012/3/15)

ULTRA WiFi 4G 101SI発売:
「SoftBank 4G」スタート ウルトラマンが使うと吉本芸人のネタも超高速に?
ソフトバンクの次世代高速通信サービス「SoftBank 4G」がスタートし、対応端末の「ULTRA WiFi 4G 101SI」も発売された。サービス開始イベントにはウルトラマンと吉本芸人が登場。“身をもって”そのスピードをアピールした。(2012/2/24)

東野幸治さん、藤井隆さんら登場 「吉本興業創業100周年特別公演初日」発表会見をライブ配信
吉本興業が創業100周年を記念し、東西のベテランから若手芸人までが登場する「吉本興業創業100周年特別公演初日」の発表会見をライブ配信する。東野幸治さん、藤井隆さんらが出演し、趣旨や意気込みを語る。配信は2月23日9時30分〜。(2012/2/22)

誠 Weekly Access Top10(2011年11月19日〜11月25日):
「青い恋人」や「赤い恋人」も商標登録されている
土産菓子「白い恋人」を製造販売する石屋製菓が、「面白い恋人」を製造販売する吉本興業などを商標権侵害で訴えたことが話題となっている。便乗商法がはびこるのは人気商品の常だが、実は似た名前という意味では「面白い恋人」以外にもいくつかあるのだ。(2011/12/2)

面白い恋人VS. 白い恋人から、コンプライアンスを考える
石屋製菓が主力商品「白い恋人」の商標権を侵害したとして、「面白い恋人」を販売する吉本興業を訴えた問題。「そう、うるさいこと言わずに」「まあ、いいじゃないの」と笑って見ている人も多いだろう。しかしやはり、吉本のコンプライアンス意識には疑問符を付けざるを得ない。(2011/12/2)

「スマート時代」の映像配信ビジネスの課題とは ニワンゴ杉本社長らがシンポジウム
「スマート時代」の映像配信ビジネスの課題を、産官学の有識者を招いて考えるシンポジウムを生放送。2部構成で、第1部は「デバイスやサービス・ビジネスにおける展望と課題」と題し、ニワンゴ杉本誠司社長らが、第2部は「コンテンツの在り方や制度・処理をめぐる展望と課題」と題し、よしもとクリエイティブ・エージェンシー・吉本お笑い総合研究所の中井秀範理事らがパネリストを務める。配信は9月28日11時0分〜。(2011/9/21)

ドコモマーケットもリニューアル:
ドコモ、Xi対応タブレットに「Hulu」などの映像コンテンツを無料提供
ドコモは、Xi対応タブレットユーザーへの特典として、「Hulu」「よしもとケータイバラエティJOOKEY」「Qik ビデオ」などの映像・動画コンテンツを一定期間無料で提供する。また、オンラインゲームサービス「G CLOUD」向けのクーポンも用意する。(2011/9/8)

タレントの島田紳助氏が芸能活動を引退――会見全文
よしもとクリエイティブ・エイジェンシーは8月23日22時、緊急会見を行い、タレントの島田紳助氏が芸能活動を引退することを発表した。理由は暴力団関係者と付き合いがあったため、というもの。島田紳助氏に加えて、同社の水谷暢宏社長も参加した会見の詳細をお伝えする。(2011/8/24)

KDDIとモバオク よしもと芸人のアイテムが出品されるチャリティーオークション
KDDIとモバオクは、ネットオークションサイト「au one モバオク」「モバオク」において、東日本大震災の復興チャリティーオークションを実施する。よしもと所属のお笑い芸人8組が週替わりで愛用品を出品する。(2011/7/19)

よしもと芸人があなたの3DSにやってくる
本人公認。スペシャルな松本人志さんや板尾創路さんが、あなたのニンテンドー3DSにやってくる。(2011/5/26)

芸人の復興活動を支援:
ソフトバンクモバイル、「S-1バトル」最終決戦を中止
ソフトバンクモバイルは、2010年度「S-1バトル」の最終決戦を中止し、芸人の被災地での復興活動「よしもとあおぞら花月」を金銭面で支援する。(2011/5/10)

「楽デコよしもと芸人パック無料キャンペーン」も実施:
Android向け「SoftBankメール」バージョンアップ、「楽デコ」に対応
ソフトバンクのAndroidスマートフォン向け「S!メール」がバージョンアップされ、「楽デコ」が利用可能になった。あわせて、よしもと芸人のデコレメール素材を無料で提供するキャンペーンも実施される。(2011/4/27)

吉本興業がチャリティーイベント発表会 「100人の芸人が100万人を笑顔に」
「100人の芸人が100万人を笑顔に」――吉本興業が記者会見を開き、チャリティーイベント「Smile Bazar」の概要を説明する。イベントでは、100人以上のお笑い芸人がお笑いセミナーを開くほか、千原ジュニアとAR三兄弟がコラボしたライブプロジェクト「チョコバナナ」などを開催。東日本大震災の被災地支援のため、募金への協力を呼びかける。配信は4月22日11時0分〜4月22日11時30分。(2011/4/21)

お笑いコンテンツ「au one お笑い」、5月31日でサービス終了
KDDIがよしもとクリエイティブ・エージェンシーとの協業で提供しているau携帯電話向けのお笑いコンテンツ「au one お笑い」が5月31日にサービス終了する。(2011/3/15)

熟練ハンター、次長課長・井上聡も驚愕の新システム「乱入クエスト」などを大公開――「モンスターハンターポータブル 3rd」完成披露発表会
「モンスターハンターポータブル 3rd」の完成を祝って、完成披露発表会が開催された。おなじみ吉本芸人の次長課長・井上聡さんやチュートリアル・徳井義実さんも登場!(2010/11/10)

お笑い芸人最強「ウイイレ」プレイヤーは誰だ――「よしもとチャンピオンズリーグ」10月29日開幕
吉本芸人が「ワールドサッカー ウイニングイレブン 2011」のガチバトルに挑む「よしもとチャンピオンズリーグ」が開幕。全試合がUstreamで生中継される予定。(2010/10/29)

よしもとばななさんの新刊、電子書籍でも発売 毎日新聞社から
よしもとばななさんの新刊「もしもし下北沢」がiPad/iPhoneむけ電子書籍でも発売。書籍版より安価な上、毎日新聞連載時の挿絵などが収録されるなど、電子書籍ならではの内容によしもとさんも期待している。(2010/9/13)

大人に必要なのは推理力!?――「TRICK×LOGIC」推理力検定ナゾトキ模擬試験に挑戦してみました
元小学校の教室に大人が集まり、小さな机にしがみついて推理力で勝負してみました。発足したばかりの「よしもとミステリ研究会」も乱入?(2010/7/8)

お笑い情報をケータイで――「au one お笑い」スタート
KDDIがよしもとクリエイティブ・エージェンシーと協業し、auケータイ向けお笑い情報サイト「au one お笑い」を提供する。(2010/6/30)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。