ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「熱中症」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「熱中症」に関する情報が集まったページです。

ソニーのスマート照明「マルチファンクションライト」が2年越しの市販化 Amazon Alexaに対応
ソニーネットワークコミュニケーションズはスマート照明「マルチファンクションライト」の一般販売を開始すると発表した。新たにAmazon Alexaに対応した。(2018/5/31)

九州南部が梅雨入りか 2018年の梅雨は平年並みか平年より早く、気温も平年並か平年以上
もうそんな季節。(2018/5/26)

協力会社の作業員にも提供:
建設業者が「ミニ扇風機」付き作業着導入 スタッフの熱中症防ぐ
大和リースが、上着に小型のファンを搭載した「空調服」を導入。自社の社員のほか、協力会社の作業員にも提供する。外気を取り込んで体の表面を冷やす機能を持つ作業着で、熱中症を予防する狙い。(2018/5/22)

医療機器ニュース:
電池式で約1年稼働、サブGHz帯で通信する腕時計型バイタルセンサー
セイコーインスツルは、腕時計型のバイタルセンサーを2018年5月より提供開始する。使用者の体温や心拍などを無線で発信し、健康状態の監視に活用できる。(2018/5/18)

愛媛県西条市、高齢者の“見守りロボット”にNECの「PaPeRo i」を採用 家族とのコミュニケーションやケアに活用
愛媛県西条市は「高齢者見守り支援サービス」の“見守りロボット”として、NECのコミュニケーションロボット「PaPeRo i」を採用し、2018年7月から実証実験を開始する。市内在住の高齢者と離れて暮らす家族とのコミュニケーションや、朝昼夕に高齢者の写真を撮って家族に送信するなど、見守りに活用する。(2018/4/23)

採用事例:
大和ハウス工業が全国9工場にロボットスーツ「HAL腰タイプ作業支援用」を導入
大和ハウス工業は、サイバーダインのロボットスーツ「HAL腰タイプ作業支援用」を全国9工場、計30台導入し、技術者(職方)の作業負荷軽減に取り組むという。(2018/4/23)

自分で“判断”する家へ:
10年後の「快適な住宅」とは何か LIXILの展望
「快適な暮らし」をさまざまな視点からデータで実証し、住宅に生かそうとしているLIXIL。家庭内事故を防ぐためには? トイレはどう変わるのか? 10年後の住宅について聞いた。(2018/3/28)

判決後男は驚きの行動:
高温車内に1歳男児を放置、死亡させた男女の不可思議な関係
「何度も車に放置して大丈夫だったので、危険とは思わなかった」。被告の男は法廷でこう強弁した。(2018/3/23)

スピン経済の歩き方:
サウナブームは絶滅寸前の「銭湯」を救えるか
「銭湯」の減少に歯止めがかからない。厚労省の調査によると、平成に入ってからは3分の1の規模まで縮小しているのだ。このままでは銭湯という日本の伝統的な公衆浴場が消滅してしまいそうだが、何か打つ手はないのか。筆者の窪田氏は「サウナ」に注目していて……。(2018/3/6)

インダストリー4.0が本格化
IoTが製造業界にもたらす5つの変革
製造業における古い生産モデルは、新たに出現したインダストリー4.0やスマートマニュファクチャリングなどのアプローチに姿を変えている。本稿では、製造業のビジネスに起こる変革を5つ紹介する。(2018/3/6)

テクノロジーが可能にすること
建設業界を変えるIoTとVR/AR、具体的なメリットは?
モノのインターネット(IoT)とセンサーベースのテクノロジーは、作業員の安全やコストの削減、予知保全といった面で、建設現場に大きなメリットをもたらす可能性がある。(2018/2/7)

第4回 ウェアラブルEXPO:
テクノロジーで「命」守りたい “医療用ウェアラブル”続々登場
東京ビッグサイトで開催中の展示会「第4回 ウェアラブルEXPO」では、医師・消防士のサポートや、深刻な容体にある患者の救命が目的のものが多数出展されていた。健康管理や業務サポートが主流だったウェアラブル市場で、「医療用」がトレンドになりつつあるようだ。(2018/1/19)

建設、運転の現場に:
“着る”端末で健康マネジメント 提案幅広く
「ウェアラブルEXPO」でミツフジが出展したウェアラブル端末「hamon」。着用して生体情報を読み取る。健康管理が課題となる建設現場などに提案する。(2018/1/18)

市民の声「救急隊が自販機の飲み物をゴクゴク。これってアリ?」がネット上で物議 大阪市「今回はアリな状況」
似た事例では「消防車はうどん屋に立ち寄っていいのか」と賛否両論になったことも。(2018/1/9)

Intelligent Dashboard採用事例:
PR:CO2排出量17%、アラーム発生時間9割削減を実現、大和ハウスのIoT活用による「見せる化」
大和ハウス工業(以下、大和ハウス)は、富士通及び富士通アドバンストエンジニアリングと共同で、富士通の見せる化ソリューション“Intelligent Dashboard”及びIoTを活用し、大和ハウスの工場向けエネルギー管理システム「D's FEMS」を開発。「D's FEMS」は、一般的なFEMSとは違い、エネルギー管理だけでなく、防災環境、労務環境、生産性までを監視対象とすることで、工場全体で活用しており、多くの活用事例が生まれている。省エネモデル事業所の九州工場では、D's FEMS導入前の2013年度に対し、2016年度では工場売上高当たりのCO2排出量を17%削減。また監視対象設備のアラーム発生時間の9割削減や、熱中症の発症も防止できた。リスクを低減することで生産効率の向上にもつながっている。(2017/11/29)

シャープが開発した蓄冷材料が「便利すぎる」とコメント殺到 好きな温度で解けてくれる「不思議な氷」
解ける温度を-24〜28℃まで調整して、対象物を適温にキープ。(2017/11/10)

インフォコム:
「スマート消防服」に内蔵するウェアラブルデバイス
インフォコムは帝人と共同で、帝人の「スマート消防服」に内蔵するセンシングデバイスを開発した。同デバイスは、温度や位置情報などのデータを管理システムに送信し、解析結果から熱中症リスクを警告するなど、消防隊員の安全管理に活用される。(2017/11/9)

ウェアラブルニュース:
「スマート消防服」に内蔵するウェアラブルデバイスを共同開発
インフォコムは帝人と共同で、帝人の「スマート消防服」に内蔵するセンシングデバイスを開発した。同デバイスは、温度や位置情報などのデータを管理システムに送信し、解析結果から熱中症リスクを警告するなど、消防隊員の安全管理に活用される。(2017/10/26)

医療機器ニュース:
サービス付き高齢者向け住宅でのIoT連携による介護サービス向上プロジェクト
カナミックネットワークは、パナソニック、学研ココファンとともに、IoTを活用した、サービス付き高齢者向け住宅などでのサービス向上とスタッフの負担軽減を図る実証プロジェクトを開始した。(2017/10/13)

「深部体温」の予測式やアルゴリズムを現役消防士と実証実験:
帝人、消防士の熱中症リスクを予測する「スマート消防服」を発表
帝人は、センシングデバイスを活用して消防士の位置情報や体温を把握し、熱中症リスクを予測する「スマート消防服」を発表した。同社は今後、同製品を消防士の安全管理システムに活用するという。(2017/10/4)

大阪・吹田市、停電8時間以上続く 市が暑さへの注意呼びかけ、体育館を「熱中症シェルター」として開放
熱中症にご注意ください。(2017/8/23)

5000円切りの超小型気象センサー「WxBeacon2」で何ができるか試してみた
IoTの普及に伴い、センサーと通信機能を備えた多数のデバイスがクラウドと結び付くことで、さまざまなシーンでの利便性向上が期待される。今回はウェザーニュースの超小型気象センサー「WxBeacon2」でどんなことができるのか、実際に試してみた。(2017/8/23)

組み込み開発ニュース:
期間レンタル型のIoTプラットフォームを提供開始
アルプス システム インテグレーションは、アルプス電気のセンサーネットワークモジュールを活用した期間レンタル型のIoTプラットフォーム「IoT FastKit」の提供を開始した。(2017/8/21)

スマートフォンが発熱する原因とその対策 冷却グッズも一考の価値あり
スマートフォンを使っていて急に端末が熱くなったという人は多いだろう。特に夏の炎天下で長時間使うと熱くなりやすい。ここでは、スマホのが発熱する原因と対策を解説したい。(2017/8/16)

夜のYOKOHAMAで謎のアンノーンを追う! Pokemon GO PARK現地レポート番外編
横浜みなとみらいエリアで始まった「Pokemon GO PARK」。バリヤードやアンノーンといった普段とは違うポケモンが出現しているとあって、多くの人で賑わっている。そして夜も……。(2017/8/12)

「バリヤード、アンノーン……まさに大盤振る舞い」Pokemon GO PARK現地レポート
地域限定のバリヤードや、その他珍しいポケモンが出現するという「Pokemon GO PARK」初日を調査してきた。(2017/8/9)

東京都心、37度超え 危険な暑さ
溶けそう……。(2017/8/9)

スマホで家電を一括管理 出先からでも操作可能なスマート家電コントローラーが便利そう
帰宅前にエアコンを起動したり、消し忘れた家電をオフにしたり。(2017/8/9)

台風5号が四国から近畿へ上陸する恐れ 西日本を中心に大荒れの天気
激しい雨や河川の増水にご注意を。(2017/8/7)

ALSI IoT FastKit:
“期間レンタル型”のIoTスターターパック、シナリオを選択してすぐに利用可能
アルプス システム インテグレーション(ALSI)は、アルプス電気のセンサーネットワークモジュールを活用し、迅速なIoTシステムの立ち上げを支援する、期間レンタル型のIoTスターターパック「IoT FastKit」の提供を開始した。(2017/8/7)

司書メイドの同人誌レビューノート:
日本と台湾で異なる文化 異国で出会った2人が描くそれぞれの国の同人誌即売会
合作「AYO&HINATA 日本⇔台湾同人出展記」をご紹介。(2017/8/6)

ユニクロ調査:
9割の人が「冬コミより夏コミの方がつらい」何がつらい?
ユニクロが同人誌即売会「コミックマーケット」に関する調査を実施。約9割が「冬コミより夏コミの方がつらい」と回答。暑さや体臭に困っているという。(2017/8/4)

築地場外市場で火災 4棟が焼ける
(2017/8/3)

愛犬の夏のお散歩前に地面をタッチ 肉球をヤケドから守る新習慣「わんタッチ」を始めてみない?
安心してお散歩にいけるワン。(2017/8/3)

『AIに聞いてみた』の疑問点を「NHKに聞いてみた」 “AI”から受ける印象と実態の「ちぐはぐさ」
「40代ひとり暮らしが日本を滅ぼす」――そんな“AIの提言”を紹介し、ネット上で話題を呼んだNHKの『AIに聞いてみた』。不明な点を、NHKに聞いてみた。(2017/8/2)

医療技術ニュース:
体温調節行動には、温度を「感じる」必要がないことを発見
名古屋大学は、快適な温度環境を探す体温調節行動を生み出すために必要な温度情報を伝達する仕組みを解明したと発表した。それは脊髄視床皮質路ではなく、脊髄から外側腕傍核を経た経路によることが分かった。(2017/7/28)

東大ラノベ作家の悲劇――ティッシュ配りの面接に行ったら全身入れ墨の人がきて、「前科ついても大丈夫だから」→結果:<後編>
配っていたのはティッシュか、それとも。(2017/7/23)

「世界のKitchenから」10年の歩み:
ソルティライチが“変えたこと”と“変えないこと”
キリンビバレッジの「世界のKitchenから」シリーズの中で、ブランド全体をけん引する主力商品となった「ソルティライチ」。10年間、ブランドはどのように歩んできたのか? ヒット商品はどのような背景で生まれたのか? キーワードとなるのは「記録的猛暑」と「震災」だ。(2017/7/10)

札幌 125年ぶりの暑さ!
今日(9日)も北海道は厳しい暑さが続いています。正午の時点で日高地方の浦河町中杵臼で32.3度など、すでに38地点が真夏日となりました。札幌も正午までの最高気温が30.6度で3日連続の真夏日を観測。7月上旬の時点で札幌で3日も真夏日が続くのは、1892年以来、実に125年ぶりのことです。(2017/7/9)

宅配ボックスに子どもが閉じ込められる事故 国民生活センターが注意喚起
夏場は特にご注意を。(2017/7/7)

ほぼ梅雨時にしか聞かない「不快指数」って一体何なの?
梅雨が不快なことが判明(知ってた)。(2017/7/5)

よみうりランドがコラボ:
「HiGH&LOW」を再現 「ハイローランド」を見てきた
よみうりランドと「HiGH&LOW」が6月14日からコラボ企画スタート。オリジナル飲食メニューの提供や、衣装・小道具の展示、スペシャルアトラクションともりだくさん。実際に行ってきた。(2017/6/14)

スマートシティ:
電柱の跡地がEV充電器に? 東電とパナソニックが地上機器を有効活用
東京電力パワーグリッドとパナソニックは、無電柱化エリアに設置されている地上配電機器とデジタルサイネージした情報配信サービスの企画開発に着手する。景観改善や災害時の安全性向上を背景に、国内でも都市部を中心に無電柱化が進んでおり、今後増加していく地上配電機器を有効活用する狙い。将来は電気自動車の充電器や自動運転車へのアシスト機能なども視野にいれる。(2017/5/24)

ダイキン工業、IoTで作業現場の安全を遠隔管理する富士通のソリューションを導入
ダイキン工業が、装着型センサーで作業者の体調を遠隔管理できるソリューションを導入。けがや熱中症などを防ぐ労働災害対策と、職場の安心、安全を推進する。(2017/5/22)

あの会社のこの商品:
「塩熱飴」がケタ違いに売れた秘密
夏になったら怖いのが熱中症。汗で失われた電解質を補給するのに使いたいのが、塩分補給ができる飴である。このタイプの飴が広く普及するきっかけをつくったのは、ミドリ安全のヒット商品「塩熱飴」であった。(2017/5/5)

中小企業の支援になるか:
AIも活用 運輸業界のデジタル変革を目指す協議会
2016年8月に発足した運輸デジタルビジネス協議会は、運輸業界が抱えるさまざまなビジネス課題をデジタルテクノロジーによって解決することを目指している。(2017/4/20)

関東で真夏日 沖縄以外で今年初
18日13時前、群馬県高崎市上里見で気温が30度以上となり、沖縄以外で2017年はじめて真夏日になりました。(2017/4/18)

情報化施工:
生体センサーで現場作業者の安全を管理、大林組がサービス販売へ
大林組は心拍数などの生体情報を取得できるバイタルセンサーを活用した現場作業員の安全管理システムを開発した。遠隔地からでも熱中症の危険や転倒などの検知を行うことができるシステムで、2017年7月をめどにサービスとして外販を始める計画だ。(2017/4/12)

医療機器ニュース:
作業者の生体情報から超局所の熱中症リスクを評価するスマート衣料システム
クラボウは、大阪大学、信州大学、日本気象協会と共同で、熱中症予防に向けたリスク管理システムとスマート衣料「Smartfit」を開発する。生体情報を送信する心拍センサーとIoTプラットフォームについては、ユニオンツールと開発に取り組む。(2017/4/5)

装着するだけで自転車をスマートバイクにするアイテムから“持たなくていい傘”まで――4月の「+Style」注目アイテム
(2017/3/11)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。