ニュース
» 2015年03月13日 17時00分 UPDATE

フライト動画はお任せ:空飛ぶアクションカム、パロット「Bebop Drone」登場 (2/2)

[芹澤隆徳,ITmedia]
前のページへ 1|2       
ts_drone02.jpg

 mini Droneで注目を集めたアクロバティックな飛行も可能で、例えばアプリの画面をダブルクリックするとドローンは空中で宙返り。なお、フライト中のデータ(時間、飛行軌跡など)は、パロットが運営するクラウドサービス「パイロットアカデミー」の地図上に3D表示され、パイロットのコミュニティーで共有することができる。

もっと遠くへ飛べる「Bebop Drone Skycontroller」

 Bebop Droneのパッケージは2種類あり、単体のほかに専用の「スカイコントローラー」が付属するバージョンが存在する。スカイコントローラーは、タブレット端末を設置できるドック、2本のミニジョイスティックを備えたハンドル、そしてMIMO対応の4本のアンテナをコンパクトにまとめたもの。スマートフォンからの操縦では約250メートルの範囲でしか飛行できないが、スカイコントローラーを使えば2.4GHz帯で最大2キロメートルまでの通信が可能になる(日本国内では5GHz帯を屋外では使用することはできない)。

ts_drone05.jpg 専用の「スカイコントローラー」

 また、スカイコントローラー自体もAndroid OSと「Free Flight 3.0」を搭載しており、タブレットを設置せず、目視だけで利用することが可能だ。一方、タブレットの代わりにソニーやカール・ツァイスのHMD(ヘッドマウントディスプレイ)を接続し、臨場感たっぷりの没入型飛行体験も楽しむこともできる。接続はHDMIおよび給電用のUSBのみのため、ほかのメーカーのHMDも利用できる可能性は高い。

ts_drone08.jpg スカイコントローラー自体もAndroid OSと「Free Flight 3.0」を搭載しており、目視だけで利用することも可能

ts_drone11.jpgts_drone12.jpg 底面に対地速度計測用の垂直カメラを搭載(左)。バッテリーは2個もしくは3個が付属する

 「Bebop Drone」は、ブルー、レッド、イエローの3色をラインアップ。ドローン本体に2本のバッテリー、充電器、予備プロペラなどをセットにしたパッケージは7万900円、さらにドローンと同色のスカイコントローラー、バッテリー3本などが付属する「Parrot Bebop Drone Skycontroller」は13万900円。3月13日から国内の家電量販店やオンラインストア、模型専門店などで予約受付を開始している。

ts_drone09.jpg 2つのパッケージ、各3色をラインアップ

前のページへ 1|2       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう