ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「魚眼レンズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

製造マネジメントニュース:
複数のカメラ映像を俯瞰合成するモニタリングシステムの実証実験を実施
OKIは、複数のカメラ映像を俯瞰合成し、リアルタイムに映像を表示するモニタリングシステム「フライングビュー」を、羽田空港で運用中の遠隔操作ロボットに搭載する実証実験を実施したと発表した。(2021/3/29)

AIカメラ:
PR:現場主導のDXを実現。5万円から始められるAIカメラの実力
製造業をはじめとするさまざまな企業のAIカメラへの期待は大きい。その一方で、導入がなかなか進まないという現実もある。ソラコムの「S+ Camera Basic」は、5万円と安価であるだけでなく、「現場へのカメラの取り付け」「通信環境」「リモートアクセス」というAIカメラ導入の3つの課題を解決できるとともに、無料で体験できる「トライアル」機能も提供している。(2021/3/30)

ロボット開発ニュース:
建築現場用ロボット向けの自律移動システムを開発、AI清掃ロボットに導入へ
鹿島建設とPreferred Networksは、建築現場用ロボット向けの自律移動システム「iNoh」を開発した。実用化の第1弾として、AI清掃ロボット「raccoon」に搭載し、首都圏の現場に導入を開始している。(2021/3/24)

CES 2021:
Lenovo、5面ディスプレイ表示可能なARメガネ「ThinkReality A3」を年内発売予定
Lenovoは、Windows PCと接続して仮想ディスプレイを最大5つまで表示できる法人向けARスマートグラス「ThinkReality A3」を発表した。(2021/1/11)

密回避ソリューションセミナー:
パナソニック LS社が人の密集を可視化するシステムを開発、濃厚接触者の追跡に貢献
パナソニック ライフソリューションズ社は、建物内の人が密集するエリアを可視化する屋内位置情報システムを開発した。屋内位置情報システムは、既にリリースしている監視カメラシステムや入退室管理システム「eX-SG」と組み合わせて使用することで、社内で感染者が出た時に濃厚接触者を追跡することができる。(2020/12/17)

「ZenFone 7 Pro」レビュー 進化したフリップカメラやMVNOでの5Gを試す
ASUS JAPANから3眼フリップ式カメラと最新ハイエンドCPUのクアルコム製Snapdragon 865 Plusを搭載した5G対応スマートフォン「ASUS ZenFone 7 Pro」、「ASUS ZenFone 7」が発売された。ZenFone 7 Proの実機を見つつ、実際の性能や使い勝手を紹介していく。(2020/11/1)

“紙”でできた台湾発デジタルトイカメラ「Paper Shoot」がかわいい! 実際に撮ってみた
エモーショナルな写真が撮れます!(2020/9/23)

Innovative Tech:
タッチペンに魚眼カメラ搭載、両手の動きを検出して操作に応用 Preferred Networksら開発
両手ジェスチャーを、スタイラスから検出できるとしたら、どのような応用が可能だろうか。(2020/5/19)

第4回 スマートビルディング EXPO:
デルタ電子のLOYTEC最新コントローラーは、“顔認証”などIoTへ対応
デルタ電子のビルオートメーションシステムは、日本のビル建て替え需要をターゲットに、基幹となるLOYTECのコントローラーを多様な機器に応じられる“オープン通信プロトコル”としている。現在は、スマート照明や顔認証など進化するIoTデバイスも、BAS上での一元的な制御を目指し、クラウドと連携する目的でプラットフォームにJavaScriptを採用。同時に将来的な遠隔でのビル多棟管理を見据え、Webインタフェースの開発も進めている。(2020/1/6)

2019国際ロボット展:
橋梁の床面を走るドローンシステムが本格事業化、画像と打音を同時に取得
新日本非破壊検査は、2014年に開発したドローンによる近接目視・打音検査システムを2019年から本格的に事業化している。2019年12月18〜20日に、東京ビッグサイトで開催された「2019 国際ロボット展」では、新型のドローン点検システムを訴求した。(2019/12/24)

iPhone 11シリーズに対応、魚眼やマクロなどのレンズ付き耐衝撃ケース「ShiftCam2.0」
レイスリンクス・エンタープライズは、iPhone 11シリーズに対応するレンズ付きのケース「ShiftCam2.0」を12月14日に発売する。価格は9900円(税込)からで、家電量販店やオンラインショップなどで販売する。複数のレンズを切り替えて使える他、耐衝撃にも対応する。(2019/12/13)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
「Xperia 5」と「Xperia 8」のカメラで撮り比べ 画質の差はどれだけある?
今回はハイエンドの「Xperia 5」と、ミッドレンジの「Xperia 8」を同時にレビュー。ハイエンド機が高機能でめちゃきれいな写真を撮れるカメラを持っているからといって、ミドルクラスやエントリークラスの端末でも同じ画質を楽しめるのか。人物、料理、紅葉、夜景、自撮りなどで比較してみた。(2019/12/1)

PR:iPhoneケースに簡単装着! プロ級の撮影が可能になるレンズを試す
スマートフォンのカメラは大きく進化しているが、これを“プロレベル”に引き上げるのが、USHADOWのレンズシステムだ。ケースに取り付けるだけで、ゆがみのない超広角撮影や、精細なマクロ撮影が楽しめるようになる。(2019/11/14)

ソニーのエンタメロボット開発の裏側:
犬型ロボ「aibo」のAIはどのように開発されたのか
ソニーが2018年に販売を開始したエンターテインメントロボット「aibo」に活用されているAIはどのように開発されたのか。ビジネスに寄与できるAIを開発するにはどうすればよいのか。開発陣に話を聞いた。(2019/7/17)

IoTのイノベーションは問題解決から(11):
IoTによる問題解決、求められるのは想像する力【前編】
今回は、前回IoT活用の可否を検討した「個別の状況に合わせた天気予報にするには」のソリューションについて、近未来についての想像力を働かせながら再度検討を行います。(2019/6/13)

法人向けツールとの連携も
Lenovo「ThinkReality A6」はAR/VR市場で「HoloLens 2」の対抗馬になるか?
LenovoはAR(拡張現実)ヘッドマウントディスプレイ「ThinkReality A6」を発表した。業務に使用することを念頭にコスト効率の高い設計になっている。(2019/6/11)

組み込み開発ニュース:
走るクルマも自由視点で俯瞰できる、OKIが「フライングビュー」を提案
OKI(沖電気工業)は、「ワイヤレスジャパン2019/ワイヤレスIoT EXPO 2019」に出展し、対象物とその周囲を自由な視点で俯瞰(ふかん)できるモニタリングシステム「フライングビュー」を参考展示した。(2019/5/31)

Lenovo、Microsoftの「HoloLens 2」対抗ARメガネ「ThinkReality A6」を今秋に立ち上げへ
Lenovoが、Microsoftの「HoloLens 2」同様の、法人向けARヘッドセット「ThinkReality A6」を発表した。企業はクラウド上のARアプリで従業員に操作マニュアルなどを提供できる。(2019/5/14)

IoTのイノベーションは問題解決から(10):
その問題に効果的なソリューションは本当にIoT?
今回は、「応用型演繹法」で導き出した「個別の状況に合わせた天気予報にするには」のソリューションについて、IoT活用の可否を検討していきます。(2019/5/9)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
高品質な「プロレンズ」も魅力! 地味ながら進化したiPhone XS用「ShiftCam 2.0」を試す
以前、iPhone X用をご紹介した、レンズ付きiPhoneケース「ShiftCam 2.0」。iPhone XS用が登場したので、別売の「プロレンズ」と一緒にレビューしてみるのである。(2019/1/29)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
面白い動画を簡単に 「insta360 ONE X」は遊ぶための全天球カメラ!
insta360 ONE Xは前後に円周魚眼レンズを搭載したカメラを持つ全天球カメラ(あるいは360度カメラ)である。だから面白い静止画、動画の両方が撮れる。いろいろ試してみた。(2019/1/19)

すぐにマネしたくなるお手軽さ 風景写真1つから「水滴」を作る加工方法がナイスアイデア
めっちゃ良い……!(2018/10/14)

6基の魚眼カメラを内蔵した8K対応360度カメラ「Insta360 Pro 2」
アスクは、Shenzhen Arashi Vision製のプロフェッショナル向け360度カメラ「Insta360 Pro 2」の取り扱いを発表した。(2018/8/22)

全天球動画から切り出すと動画制作はとても楽になる 「GoPro Fusion」を試した
GoPro初の全天球カメラ「GoPro Fusion」には、とても有用な機能がある。5.2Kの全天球動画から部分的に切り出してHD動画を作る「オーバーキャプチャ」だ。これは楽しい。(2018/7/16)

サービスロボット:
人の苦しみを肩代わりするサービスロボット、原発を廃炉に導き起立障害を解決へ
世界最大級の技術専門家の組織IEEEは2018年6月20日、都内で「サービスロボット技術の現状と未来」と題したプレスセミナーを開催した。(2018/7/13)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
新バージョンの実力は? レンズ交換式iPhoneケース「ShiftCam 2.0」を試す
2017年夏に紹介したカメラレンズ付きiPhoneケース「ShiftCam」に新バージョンが登場。というわけで早速試してみるのである。(2018/7/4)

開発陣に聞く「AQUOS R2」(前編):
「AQUOS R2」のカメラは何が変わったのか? 動画専用カメラの狙いは? シャープ開発陣に聞く
シャープの「AQUOS R2」は、デュアルカメラの片方に動画専用カメラを搭載しているのが大きな特徴。AQUOS R2ではなぜ「動画」にこだわったのか。AQUOS R2の開発者インタビュー前編では、カメラ機能の進化に迫る。(2018/7/4)

ドコモ、360度8KVRライブ映像を配信できるシステムを開発 5Gでの利用を想定
NTTドコモはヘッドマウントディスプレイを通し、スポーツや音楽イベントなどの360度8K映像をリアルタイムに視聴できるシステムを開発したと発表。同社の常設5G技術検証環境「ドコモ5GオープンラボTM Yotsuya」に展示を行う予定だ。(2018/6/26)

広角・望遠・魚眼・マクロレンズとケースが一体になったiPhone X用「SHIFT CAM 2.0」6月15日に発売
Tokyo Macが、広角・望遠・魚眼・マクロレンズとケースが一体になったiPhone X用「SHIFT CAM 2.0」を発売する。価格は1万2960円(税込)で、6月8日から予約販売を開始した。(2018/6/8)

キャプテンながはまのマニアックすぎるシリーズ:
4年ぶりの同時公開に歓喜! ワレ「しんかい6500」と「よこすか」の“超スゲーところ”に肉薄す
“メカメカ”成分、超多め。(写真大盛り135枚)(2018/5/17)

VRニュース:
スタンドアロン型VRヘッドセットとVR180対応2眼カメラを発売
レノボ・ジャパンは、スタンドアロン型VRヘッドセット「Lenovo Mirage Solo with Daydream」と、VR180対応の2眼カメラ「Lenovo Mirage Camera with Daydream」の予約販売を開始した。(2018/5/14)

AUKEY、魚眼・マクロ・広角レンズセットの66%オフセールを開催 650円(税込)に
AUKEYは、魚眼・マクロ・広角レンズがセットになった「AUKEY 3点セットスマホレンズPL-A6」の66%オフセールをAmazonで開催。クーポンコードの利用で通常1899円が650円(税込)になる。(2018/4/12)

パナソニック、360度全方位を撮影できる魚眼レンズ採用ネットワークカメラ
パナソニックは、同社製セキュリティシステム「i-PRO EXTREME」シリーズのラインアップに天井設置型の全方位撮影対応ネットワークカメラ計2製品を追加した。(2018/3/2)

CES 2018:
スマホレスでDaydream! Lenovoが“スタンドアロン”Daydreamヘッドセットを発表
Lenovoが、スマホ不要でGoogleのVRプラットフォーム「Daydream」を楽しめるヘッドマウントディスプレイを発売する。合わせて、単体で通信できる180度カメラも発売する。(2018/1/10)

PR:デルタ電子だから実現できる、設備資産を生かしたスマートビル構築
デルタ電子は「スマートビルディングEXPO 2017」で、同社のビルディングオートメーション(BA)ソリューションを披露。2016年4月にデルタグループに加わったLOYTEC社のオープンなBA製品を強みに、既存資産に自社の各種要素技術を反映したスマートビルディングの構築などを訴求した。(2017/12/22)

TechFactory通信 編集後記:
ソニーの犬型ロボットが12年ぶりに復活! あの人型ロボットとの共通点
大文字から小文字に――。(2017/11/11)

「AIBO」から「aibo」へ 人とふれあい成長する“3つのAI”とは?
ソニーが発表した犬型コミュニケーションロボット「aibo」(アイボ)。動きはスムーズで好奇心旺盛。人とふれあい成長するという。その仕組みとは?(2017/11/1)

「aiboはオーナーと物語を紡げる」──平井社長、復活した“犬型ロボット”にソニーのミッション託す
ソニーが新型“aibo”(アイボ)「ERS-1000」を発表した。1999年から2006年までに累計15万台を販売した犬型ロボットの後継機。AI(人工知能)とクラウド連携で成長するコミュニケーションロボットだ。(2017/11/1)

犬型ロボット「aibo」復活 来年1月発売、19万8000円
ソニーが犬型ロボット「aibo」を2018年1月11日に発売する。(2017/11/1)

新たな姿に:
ソニー、新型「aibo」発売へ 犬型ロボットが復活
ソニーは、エンターテインメントロボット「aibo(アイボ)」を2018年1月11日に発売する。(2017/11/1)

IoTでネットワークカメラを再発明? スマホから手軽に遠隔視聴できる「Safie」を試す
面倒な設定なしで手軽に利用できるネットワークカメラはないものだろうか。この「Safie」は、映像をクラウドに自動アップロードするサービスにより、セットアップが簡単で、外出先からの視聴も自由自在という。実際に試してみた。(2017/10/7)

OpenCV入門【3.0対応】:
第9回 初めてのOpenCV開発 ― opencv_contrib紹介【OpenCV 3.1.0】
拡張モジュール群であるopencv_contribについて紹介する。(2017/9/12)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
“6つのレンズ”を付けられるゴツいiPhone 7 Plus専用ケース「ShiftCam」を楽しむ
iPhone 7 Plusのデュアルカメラを生かすアクセサリーは思っている以上に少ない。そんな中、香港ShiftCamがiPhone 7 Plus専用のレンズ付きケースを発売したので試してみるのである。(2017/8/16)

6つの特殊レンズを切り替え可能なiPhone 7 Plus用ケース「SHIFTCAM」が登場
DISCOVERは、iPhone 7 Plus用カメラレンズケース「SHIFTCAM」を発売。内蔵のスライドとスナップ機構を使用し、広角、望遠、マクロ、魚眼レンズを素早く切り替えられる。(2017/8/4)

斬新、面白い――本当にこれは写真なの? 次世代の“360度自撮り”にハマる人たち
「これは一体何の写真?」 一見イラストのようにも見える不思議な“球形”が映る写真。360度写真の波がじわりと押し寄せている。(2017/7/29)

より手頃に、より持ちやすく、より使いやすく――新型「Gear 360」を写真でチェック
SamsungのVRカメラ「Gear 360」に新モデルが登場する。スペックと形状を最適化することで、よりリーズナブルな価格で手軽に360度の4K撮影を実現したことが大きな特徴だ。(2017/4/2)

情報化施工:
VRで重機を遠隔操作、大成建設が新システム
大成建設はヘッドマウントディスプレイ(HMD)を用いて、遠隔地から実際に搭乗している感覚で重機を操縦できるシステムを開発した。災害現場などの二次災害の危険がある場所での作業などに活用できるという。(2017/1/25)

SHOWCASE:
札幌のオシャレなiPhoneケース屋さんの暇つぶし アプリ紹介編「ハゲーム」
(2017/1/23)

PS4向け「YouTube」の次期アップデートで「PlayStation VR」サポートへ
「PlayStation 4」(PS4)向けの「YouTube」アプリがバージョン1.09でVR HMD「PlayStation VR」(PS VR)をサポートするようだ。YouTube上の360度VR動画をPS VRで楽しめるようになる。(2016/12/22)

建設×VR:
いまさら聞けないVRの基礎ーー2D/3Dとの関係性
建築土木分野での活用が広がっているVR(バーチャルリアリティ)技術。一方、そもそものVRのやHMD(ヘッドマウントディスプレイ)の仕組み、これらを活用してくいく上での注意点などについては、意外と知られていないのではないだろうか。本稿ではこうしたVRの基礎的な部分について解説する。(2016/11/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。