ニュース
» 2019年12月13日 12時12分 公開

iPhone 11シリーズに対応、魚眼やマクロなどのレンズ付き耐衝撃ケース「ShiftCam2.0」

レイスリンクス・エンタープライズは、iPhone 11シリーズに対応するレンズ付きのケース「ShiftCam2.0」を12月14日に発売する。価格は9900円(税込)からで、家電量販店やオンラインショップなどで販売する。複数のレンズを切り替えて使える他、耐衝撃にも対応する。

[金子麟太郎,ITmedia]

 グレイスリンクス・エンタープライズが、iPhone 11シリーズに対応するレンズ付きのケース「ShiftCam2.0」を12月14日に発売する。

iPhone11 iPhone 11 Pro用のクリアーパッケージ

 価格は「iPhone 11トラベルセット」のブラックが9900円(税込み、以下同)、同商品のクリアーが1万1000円、「iPhone 11 Pro/Pro Max トラベルセット」のブラックが1万1000、同商品のクリアーが1万2000円、同商品のプロ12mm非球面超広角レンズが1万9800円。

 ビックカメラやヨドバシカメラの主要店舗およびオンラインショップ、蔦屋家電二子玉川店などが取り扱う。

 ShiftCam2.0は、ケースの背面に仕様の異なる複数のガラスレンズが付いており、各レンズの切り替えや位置合わせを瞬時に行える。加えて、2mの高さからの落下にも耐えられる仕様だ。トラベルレンズと一体化されたレンズカバーはスタンドとしても機能する。

 レンズの仕様は、iPhone 11用が180度の魚眼レンズと10倍マクロレンズ、iPhone 11 Pro/Pro Max用が180度の魚眼レンズ、4倍望遠レンズ、10倍マクロレンズ、20倍マクロレンズという構成。このうち、4倍望遠と20倍マクロレンズは、iPhoneの2倍ズームレンズとの合計倍率を示す。

iPhone11 iPhone 11用クリアー(左)、iPhone 11 Pro Max用ブラック(右)

 超広角カメラにCPLフィルターを装備。反射光を減らしてより鮮やかな写真を撮影できるという。さらに、ケースと同時に発売する非球面レンズを採用した大口径レンズ・プロ12mm非球面超広角レンズはシャープで美しい写真が撮れるという。

iPhone11 プロ12mm非球面超広角レンズ

 この他にも、ビックカメラなんば店の3階(携帯電話コーナー)にて新製品発売記念関連イベントを実施する。12月14日(12時、14時、16時)には、iPhone 11シリーズに対応するレンズ付きのケース「ShiftCam2.0」の機能紹介に加え、実際に体験できるブースも設置する。

 12月15日(13時、15時)には、写真家こばやしかをる氏によるiPhone写真撮影テクニックの無料セミナーを行う。参加者にはロゴ入りグッズをプレゼントする他、ShiftCam製品を1万円以上購入した人に、ShiftCamユニバーサルクリーニングキット(1680円)をプレゼントする。

iPhone11 ビックカメラなんば店の3階(携帯電話コーナー)で新製品発売記念関連イベントを実施する

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう