レビュー
» 2018年09月20日 06時00分 公開

育児に欠かせないiPhoneケース 米UAGの耐衝撃ケースが大活躍

自分の子どもが2歳になってから、スマホを奪われる機会が増えた。投げ飛ばされることもあるので、スマホを裸で使うのが怖くなった。そこで、投げ飛ばされても安心の、耐衝撃ケースを使ってみた。

[田中聡,ITmedia]

 今から1年ぐらい前までは、スマートフォン(iPhone)はカバーを付けずに使っていた。でも2017年11月に「iPhone X」を購入してからは、カバーが欠かせなくなっている。

 iPhone Xだから……というわけではなく、そのタイミングで使わざるを得ない状況になったから。ちょうど2017年11月に子ども(娘)が2歳に。2歳といえば好奇心旺盛なお年頃で、私が使っているものが目に入ると、たいてい奪い取って一緒に使おうとする。

 目の前でスマホをいじろうものなら、速攻で「じぶん!じぶん!(自分が使う!)」と主張するので、仕方なくスマホを渡すパターンが続いている。でも、渡すタイミングを間違うと、娘の怒りが収まらず、その矛先はスマホに……。スマホを受け取るやいなや、えいっ! と投げ飛ばす。

 iPhone Xには「耐久性の高いガラス」(byアップル)が使われているとはいえ、裸の状態で投げ飛ばされるのは危険だし、打ち所が悪いとガラスが割れてしまう恐れもある。裸のまま娘にiPhoneを渡すとハラハラするので、ケースの着用が欠かせなくなった。そのケースも、iPhoneをしっかりと守ってくれる、耐久性の優れたものが望ましい。

UAG UAGのiPhone X向けケース。左から「MONARCH」「PLASMA」「PATHFINDER」「TROOPER」「METROPOLIS」「PLYO」

 どのケースがいいものか……と悩んでいたタイミングで、プリンストンから米UAG(Urban Armor Gear)のiPhone X向け耐衝撃ケースを提供いただいたので、使ってみることにした。iPhone Xや8、7(Plusも含む)向けには「MONARCH」「PLASMA」「PATHFINDER」「TROOPER」「METROPOLIS」「PLYO」という6種類のケースが販売されている。どれも見るからに頑丈そうで、一目見ただけで「タフネスケース」と呼びたくなるほど。

 いずれの製品も、高さ122cm、26方向からの落下試験をクリアすることが求められる、米国防総省が定めた試験規格「MIL-STD-810G, Method 516.6 Procedure IV」をクリアしている。いわゆる「MILスペック」に対応しているのだ。

 筆者が使っているMONARCHは、TPUで作られたラバー調のフレーム、ポリカーボネートで作られた背面のアーマーフレーム、その隙間にあるトップグレインレザーで構成されている。ラバーフレームは手触りがよく、グリップ感があるので手にしっかりとフィットする。コーナー部分はフレームの厚みが増しており、さらに強固にガードしてくれる。ディスプレイ部分にはフレームの溝ができるので、画面も守ってくれる。

UAG MONARCHのクリムゾン。背面はラバー調のフレームとポリカーボネートで構成されている
UAG ディスプレイ面も溝があるので画面をしっかり保護してくれる

 電源キーとボリュームキーは、ケース越しに押す形だが、誤操作することなく使えている。またiPhone Xはアウトカメラが出っ張っているが、ケースを装着すると、出っ張りが吸収されてiPhone Xを机に置いても、安定するというメリットもある。専用の工具は不要で、簡単に着脱できるのも気に入っている。

UAG 電源キーも問題なく押せる
UAG Lightning端子の穴も余裕があるので、ケーブルを挿しやすい
UAG コーナーはさらに厚くなっていて強固に守ってくれる
UAG カメラ用の穴は余裕を持って空いている

 一方、ケースの重量は約40gあり、iPhone X本体の重量(174g)と合わせると214gに。筆者はもう慣れたが、それなりの重さになることはとどめておきたい。また、ケースの幅は75mm、高さは147mmあり、iPhone Xの裸の状態(幅70.9mm、高さ143.6mm)から幅と高さが3〜4mm大きくなる。iPhone Xといえばベゼルのほぼないデザインが特徴だが、ケースを付けることでベゼルが伸びてしまい、ケース未装着時に比べて没入感は減ってしまう。

UAG ケースを装着すると額縁の広がってしまうので、画面への没入感は半減してしまう

 ともあれ、スマホを強固に守れるメリットは大きく、このMONARCHを装着してから、娘にiPhone Xを投げつけられても無傷で済んでいる。

 他の5製品も特色があるのでチェックしておきたい。PLASMAは半透明のカラーが特徴で、iPhone XのAppleロゴもケース越しに見える。PATHFINDERの素材はPLASMAと同じTPUとポリカーボネートだが、カラーは半透明ではない。MONARCHよりも10g軽い30gなので軽さを重視する人にオススメ。

UAG PLASMAのシトロン
UAG PATHFINDERのラスタ

 TROOPERは背面にカードスロットを搭載しており、最大4枚のカードを収納できる。METROPOLISは手帳型ケースで、iPhone全体を保護してくれる。

UAG
UAG TROOPERはブラック1色
UAG
UAG METROPOLISのマグマ

 PLYOは6製品の中ではシンプルな作りに見えるが、MILスペックは満たしている。半透明のデザインが特徴で、女性にも勧めやすい。

UAG

 どの製品も「耐衝撃」という特徴は共通しているので、デザインやカラー、機能で自分に合ったものを選ぶといいだろう。

 販売代理をしているプリンストンの直営オンラインショップでは、MONARCHが6480円、PLASMAとPATHFINDERが4280円、TROOPERが4980円、METROPOLISが4980円、PLYOが4280円。

 なお、UAGのケースはiPhone XS/XS Max/XR向けにも発売されるので、新iPhoneを購入予定の人もチェックしておきたい。iPhone XSとXは同じケースとして販売されており、兼用できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう