ニュース
» 2017年01月19日 16時11分 UPDATE

憧れの“自家焙煎”を身近に――パナソニックがコーヒー好きに提案する新サービス「ザ・ロースト」

コンセプトは「おうちで、極上のコーヒー体験」。パナソニックが1月19日に発表した「The Roast」(ザ・ロースト)は、生豆の宅配とBluetooth対応焙煎機、そして焙煎プロファイルをセットにした新しいサービスだ。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 喫茶店の店頭に「自家焙煎」と書かれていたら、こだわりのコーヒーを提供している証拠。コーヒー好きには見過ごせない魅惑的なワードといえる。そのコーヒー焙煎が、自宅でも手間をかけずに始められるとしたら? パナソニックが1月19日に発表した「The Roast」(ザ・ロースト)は、そんなコーヒー好きを狙い撃ちにした世界初のサービスだ。

 The Roastのコンセプトは「おうちで、極上のコーヒー体験」。新開発のBluetooth対応コーヒー焙煎機とコーヒー豆の宅配サービス、好みに合わせて使い分けられる“焙煎プロファイル”(焙煎工程のプログラム)をセットで提供する。スマートフォンのアプリで焙煎プロファイルをダウンロードし、焙煎機に転送すれば、「失敗しない」どころか「家庭でプロの技」を再現できるという。

 「特別な焙煎技術や知識がなくても、自宅で手軽に焙煎したての味と香りを楽しむことができる、世界初のコーヒーサービス」(パナソニック)

チャンピオンが作成する焙煎プロファイル

 生豆の宅配サービスは、コーヒー輸入商社の石光商事が協力。「香りを楽しむ」「味わいを楽しむ」「マッチングを楽しむ」「アレンジを楽しむ」という4つのテーマに沿って毎月3種(2種のコースもあり)、世界中から厳選されたスペシャルティ豆(スペシャルティコーヒー協会が定めた風味品質評価基準をクリアしたもの)が自宅に届く。

生豆のイメージ
世界中のスペシャルティ豆が届く

 焙煎プロファイルを作成するのは、2013年に焙煎世界大会で優勝した福岡「豆香洞(とうかどう)コーヒー」のオーナー焙煎士、後藤直紀氏だ。豆の特長にあわせて1種類の豆に焙煎度の異なる2〜3パターンを作成するため、年間で最大100パターン近くの味や香りの違いを楽しめるという。

公式動画より

 後藤氏の技を再現する“スマート焙煎機”「AE-NR01」は、パナソニックが英国のベンチャー企業IKAWAと技術提携して開発したもの。きめ細かな温度/風量制御が行える熱風式で、雑味の原因になるチャフ(生豆表面の皮)の除去にはサイクロン技術を応用、豆の焙煎中に分離する構造とした。1度に焙煎できるコーヒー豆は50g。焙煎時間の目安は15分前後で、焙煎状況も専用アプリで確認できる。なお、対応するスマートフォンはiOS端末のみ。

“スマート焙煎機”「AE-NR01」。サイズは130(幅)×238(奥行き)×342(高さ)mm。重量は4.6kg
届いた生豆のQRコードを読み込み、焙煎プロファイルをダウンロード
好みのプロファイルを転送する

 サービス開始は4月上旬の予定。申込はパナソニックのショッピングサイト「Panasonic Store」で受け付ける。価格は焙煎機単体が10万円。生豆の宅配サービスは、3種セット(月額5500円)と2種セット(月額3800円)の2パターンがあり、いずれも1年契約となる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう