ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「宅配」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「宅配」に関する情報が集まったページです。

Uber Eats、卸の“プロ向け食材”を都内へ配達 缶詰や調味料など100種類
Uber Japanが、フードデリバリー「Uber Eats」で、卸売店の食材を届けるサービスを始めた。都内のユーザーを対象に、卸売店「プロの食材エブコ」の商品を注文できるようにした。(2021/1/19)

余剰人員のシェアも:
出前館、配達員へ応募で「支援金」3万円 緊急事態宣言で高まるデリバリー需要に対応
フードデリバリー大手の出前館は1月14日、緊急事態宣言期間中に配達員へ応募し、条件を達成した人に支援金3万円を支給する「個人業務委託応援キャンペーン」を開始すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大により高まるデリバリー需要に対応するため、キャンペーンを通して配達員を確保する考えだ。(2021/1/14)

パナ、冷凍・冷蔵機能付き宅配ロッカーの受注販売スタート
パナソニック産機システムズが、冷蔵・冷凍機能付きの宅配ロッカー「受け取り用冷凍・冷蔵ロッカー」の受注販売を始めた。(2021/1/12)

磯山友幸の「滅びる企業 生き残る企業」:
ポストコロナの勝者は佐川かヤマトか 巣ごもり効果で業績好調の宅配業界
宅配企業が「巣ごもり効果」に沸いている。新型コロナによってライフスタイルが変わり、eコマース市場が急拡大することで宅配便の需要が急増していることをチャンスと捉えている。その勝者は佐川か。それともヤマトか?(2021/1/7)

楽天、ドローンで離島に食料品を配達 荷物を自動切り離し、接触避ける
楽天が、ドローンを使って三重県志摩市の離島・間崎島に食料品などを配送するサービスを期間限定で始めた。新型コロナ対策として荷物を自動で切り離す機能を搭載し、利用者が人の手を介さずに商品を受け取れるという。(2021/1/6)

スピン経済の歩き方:
鉄道、宅配、コンビニ、病院が、次々とブラック化するワケ
鉄道、コンビニ、病院、宅配――。日本のインフラは整備されていて、利用者にとってはとても便利だ。しかし、である。現場に目を向けると、ブラック化している職場も少なくない。その背景に、何があるのかというと……。(2020/12/30)

出前館、加盟店向けの配達手数料を値下げ 商品代金の30%→25%に 21年1月から
出前館が、料理の配達を代行する際に加盟店に課す手数料を値下げすると発表。これまでは商品代金の30%受け取っていた、2021年1月1日から25%に変更する。(2020/12/25)

ソフトバンクGも出資の自動運転企業Nuro、自動運転トラックのIkeを買収
無人で荷物を運ぶ小型自動運転車を手掛けるNuroが、無人配送トラックを開発するIkeを買収した。Nuroはまた、カリフォルニア州での無人配達者による商用サービスの許可を取得し、来年サービスを開始する。(2020/12/25)

「玄関前」をプラットフォームに:
置き配バッグ「OKIPPA」 顧客と社会の課題解決、そして新たな価値創造へサブスクリプションという選択
ネット通販利用の拡大と共に注目されるようになったのが宅配便の再配達による社会的損失という課題。解決策の一つである「置き配」に注目して事業を営む物流系ITスタートアップ企業の市場創造戦略を探った。(2020/12/24)

楽天カード、12年連続の顧客満足度1位 生保、損保、キャッシュレス決済トップは?
日本生産性本部は12月22日、日本版顧客満足度指数(JCSI)の調査結果を発表した。宅配便、生命保険、損害保険、クレジットカード、キャッシュレス決済の5業種において、企業・ブランドの顧客満足度を調査したもの。(2020/12/22)

JAXAとヤマトHD、“空飛ぶ宅配”用コンテナの空力形状を開発 高速移動の空気抵抗を考慮
宇宙航空研究開発機構(JAXA)とヤマトホールディングスは、「物流電動垂直離着陸機」(物流eVTOL)に装着する輸送用コンテナに適した空力形状を開発したと発表した。(2020/12/18)

「サンタさんは新型コロナの影響うけない」とWHO 子どもたちのプレゼントの配達は心配無用とコメント
今ちょうど、とっても忙しいそうです。(2020/12/15)

米料理宅配大手のDoorDashのIPO、初値は公開価格の80%超
コロナ禍の巣ごもり需要で好業績が続く米料理宅配サービスのDoorDashが株式公開した。初値は公開価格を大きく上回る182ドルで、時価総額は約600億ドルに達した。チェッカーシンボルは「DASH」。(2020/12/10)

dデリバリーでキャンペーン 390ポイントをプレゼント
NTTドコモの出前・フード宅配サービス「dデリバリー」が「もれなく390(サンキュー)ポイントプレゼント」キャンペーンを開催。オリコン顧客満足度調査フードデリバリーサービス第1位受賞を記念したものとなる。(2020/12/2)

シャープ、毎月マスクが届く「マスク定期便」開始 マスクの実質値下げも
シャープがマスクの宅配サービスを始める。料金は1カ月(30枚1箱)で1650円。「1日1枚、安心、安全の日本製不織布マスクを確実に提供する」としている。(2020/12/1)

シャープが「マスク定期便サービス」を開始 1カ月分のマスクが自宅に毎月届きます
ポストに配達してくれるのもうれしい。(2020/12/1)

消費者調査:
コロナ禍で伸長、フードデリバリー利用率4割――懸念トップは「料金」
コロナ禍で伸長しているフードデリバリー。消費者の約4割が経験している結果に。一方で懸念点トップは「配達料金の高さ」。(2020/11/28)

「クリーニング 面倒」のツイートで、宅配クリーニングの代金・送料が無料! 「クリーニングモンスター」が「過去ツイート割」を実施
自分の過去ツイートを探してみよう!(2020/11/27)

「信号を守る」「逆走しない」 Uber Eats、配達員のスマホに交通ルール表示
Uber Japanが、「Uber Eats」配達員向けスマホアプリに交通ルールのチェックリストを表示する取り組みを開始。配達員に安全な配送を心掛けてもらう目的という。(2020/11/26)

インテリアショップがUber Eatsで商品配達 オブジェや雑貨など配送 飲食店以外で日本初
インテリアショップ「Francfranc」が「Uber Eats」を利用した商品配達サービスを始めると発表。飲食事業者以外が商品の配送にUber Eatsを使うのは日本初という。(2020/11/24)

都内3店舗:
Francfrancがウーバーイーツで商品配送 「今贈りたい」ギフト需要に応える
インテリアショップ「Francfranc(フランフラン)」を運営するFrancfrancは、ウーバーイーツを利用した商品の配達サービスを11月25日から開始すると発表。「今すぐ欲しい」「今すぐ贈りたい」というギフト需要に応える。(2020/11/24)

来年2月に開店:
インスタ人気で念願のお店 カレー好きが高じて転身 当たった「おごります企画」
Instagramの情報発信で、人気を集めたカレー店が沖縄にある。「宅配専門のカレー屋タケちゃん」だ。店の特徴はというと……。(2020/11/24)

メルカリ、「らくらくメルカリ便」も置き配に対応 非対面での配送を強化
メルカリとヤマト運輸が提供する「らくらくメルカリ便」が置き配に対応。11月19日の午後1時にスタートする。ユーザーや配達員が新型コロナウイルスに感染するリスクを抑える。(2020/11/18)

専門家のイロメガネ:
ウーバーイーツでトラブル頻発、配達員を雇っているのは注文した客?
ウーバーイーツは近年始まったばかりのサービスだが、たびたびトラブルが話題になっては悪評を振りまいている。特にトラブルを起こしているのが配達員だが、その契約形態は独特だ。ウーバーイーツと配達員の契約はどのような内容になっているのか。多数の消費者トラブルに対応してきた司法書士として、頻発するウーバーイーツのトラブルについて考えてみたい。(2020/11/18)

川谷絵音、「Uber Eats」配達員に 突然の姿にファン「掛け持ちし過ぎww」「副業ですか!?」
前日ライブがあり、当日もライブ予定がある中でのUber Eats。(2020/11/7)

女性客に好評だった:
ファミマ、クックパッドの商品を受け取る宅配ボックスを70店舗に設置 相乗効果見込む
ファミリーマートはクックパッドが展開する生鮮食品EC「クックパッドマート」の商品を受け取る宅配ボックスを東京都と神奈川県の70店舗に設置する。先行導入した店舗で、女性客を中心に好評だった。(2020/10/28)

クックパッドの生鮮食品EC、ファミマで受け取り可能に 東京・神奈川の70店舗で
ファミリーマートが、生鮮食品EC「クックパッドマート」の宅配ボックスを東京と神奈川の70店舗に設置。29日から提供する。商品受け取りによる来店の促進や、それに伴う売上の増加を見込む。(2020/10/27)

配達員「もう仕事に戻りたくない……」 人好きワンコと犬好き配達員の交流を描いた漫画にほっこり
全力でモフりたい。(2020/10/24)

セブン、ネット注文の配達時間を最短1時間に短縮 コンビニ大手、宅配強化
新型コロナの影響で消費者の生活様式が変わる中、コンビニ大手がネット注文で店から商品を届ける宅配サービスに力を入れている。消費者の利便性向上に加え、加盟店に売り上げ確保策を提供する意味合いもある。(2020/10/23)

モビリティサービス:
荷物受け取りは電柱で、関電や豊田自動織機が宅配ボックスの共同プロジェクト
関西電力送配電と豊田自動織機、日本ネットワークサポート、京都府、精華町、関西電力は2020年10月19日、京都府の対象エリア内にある電柱などに共用型の宅配ボックスを設置するプロジェクト「まちなか宅配ボックスサービス」を実施すると発表した。実施期間は2021年1月31日までの予定だ。(2020/10/22)

Uber Eats配達員の本音、警察と共同で運転マナー講習も「ながら運転しないとは言い切れない」
Uber Japanが京都府警と共同で配達員を対象に交通安全講習を実施した。同社は「Uberにとって安全は最も重要なこと」とするが、配達員は「(地図を見ないと)こなせる配達数も限られる。ながら運転をしないとまでは言い切れない」と漏らした。(2020/10/21)

電柱の「宅配ボックス」で荷物受け取り 関電がサービス試行
 関西電力の送配電事業子会社「関西電力送配電」は19日、電柱などに設置した宅配ボックスで不在時に届いた荷物を受け取れるサービスを京都府精華町の一部地域で始めた。サービスは来年1月末まで試行。関電管内で約270万本所有する電柱を活用した新規ビジネスになりうるか、利用状況を調べたうえで、サービスエリアの拡大や採算性などを検証していく。(2020/10/20)

物議:
出前館、不正利用者に“回収宣言” 「お届け先住所に回収に参ります」
「Go To イート」でポイントを荒稼ぎする“錬金術”が問題になったばかりだが、食事宅配サービス大手「出前館」が新規登録者に向けたキャンペーンでも一部で不正利用が行われていた。そこで出前館側は不正利用者に「登録された住所まで回収に向かう」と宣言したが……。(2020/10/18)

フィンランド発の飲食宅配代行「Wolt」、東京でサービス開始 地域密着型と手厚いサポートで他社と差別化
フィンランド発の飲食宅配代行サービス「Wolt」の日本事業を運営するWolt Japanが10月22日から渋谷や新宿、港など都内6区でサービスを開始すると発表した。Woltは3月に日本初上陸。今後、同社は100億円を投資し、ユーザー獲得を強化する。(2020/10/16)

京都府警、Uber Eats配達員に実技安全講習 全国で初
Uber Japanと京都府警が配達員対象の交通安全講習を実施した。配達中の事故を防止するのが狙いで、同社で実技を伴う講習は全国初。府警交通企画課の警部は「プロ意識を持ち、模範になる安全運転に努めてほしい」と訴えた。(2020/10/16)

ケンタッキーでテイクアウト用「ピックアップロッカー」試験導入 ネットで注文して非接触で受け取れる
配達代行サービスでも利用可能。(2020/10/13)

オリジナルメニューも:
「客席のないデニーズ」新宿にオープン 宅配・持ち帰り需要増に商機
セブン&アイ・フードシステムズは、デリバリー、テークアウトに特化した「デニーズ 新宿御苑店」を開店。客席のない店舗はデニーズとして初の試みとなる。営業時間は午前11時〜午後11時。デリバリーは同店から4キロメートル圏内に対応する。(2020/10/12)

サンワ、スマホから解錠できるIoT宅配ボックスを発売 5万円台半ば
サンワサプライが、通信機能やカメラを備えたスマートIoT宅配ボックスを発売。スマホのアプリで解錠でき、全ての配送情報を一括管理できる。(2020/10/7)

スマホをかざすと開錠、配送状況をアプリで確認 5万円の戸建て向けIoT宅配ボックス
サンワサプライが、スマートロック機能などを備えたIoT宅配ボックスを発売。買い切り型で、価格は5万4364円(税別)。バーコードを読み取り部にかざすと開錠する機能などを持つ。(2020/10/7)

マクドナルド、真っ赤な電動三輪バイクをデリバリーに本格導入 「走行性能や安全性が確認できた」
日本マクドナルドが、宅配サービス「マックデリバリーサービス」で、電動三輪バイクを順次導入すると発表。騒音や排気ガスを減らし、環境への配慮を進める。(2020/10/5)

宅配はEVで マクドナルドが「電動三輪バイク」本格導入を決定、配達向けに年内320台配備
電動でスイスイ〜。「バッテリーシェア化」の活動も推進します。(2020/10/5)

抗菌・除菌対策も:
ICカードで自動開錠、タッチレスで受け取る宅配ロッカー発売
宅配ボックスメーカーのフルタイムシステムは、ICカードなどで扉を自動開錠し、タッチレスで荷物の受け取りができる「フルタイムロッカークリーン」を開発、10月2日より発売する。(2020/10/2)

コロナ禍で職失った外国人を配達スタッフに 「出前館」が就労支援
出前館が在留外国人の就労を支援。YOLO JAPANと提携し、在留資格と就労ビザを持つ外国人をデリバリー人材として育成。出前館で配達に従事してもらう。(2020/9/29)

日本郵便かたるフィッシングメールに注意 件名は「あなたのパッケージ配達」
日本郵便をかたるフィッシングメールが出回っているとして、フィッシング対策協議会が注意を呼び掛けた。メールの件名は「あなたのパッケージ配達」など。(2020/9/28)

ベンリィやスーパーカブなど:
ホンダ、業務用バイクのコネクテッドサービスを開始 稼働状況をリアルタイムで可視化、効率化を提案
ホンダは10月、配達などの業務用として活用する二輪車の管理・運用ができるコネクテッドサービスを開始する。車両の稼働状況などをリアルタイムで可視化することで、二輪車の効率的な運用につなげる。(2020/9/24)

簡単レシピも提供:
社食のランチを宅配、リモートでも「食生活を支えたい」と一念発起 ココネの事例
IT企業・ココネは、「ココネデリ」と呼ぶ社員食堂を設け、専属のシェフが栄養バランスの取れた食事を日々提供。大半の社員がリモートワークに移行している最近では、社員に食事を宅配する「ホームデリ」を始めた。(2020/9/17)

歌舞伎座の弁当が宅配に! デリバリーサービス「ごちクル」で取り扱いスタート
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県のエリア(一部不可)で宅配開始。(2020/9/8)

Uber Eats vs 出前館 しのぎ削る中……宅配フード市場“新規猛追”で混沌
新型コロナの感染拡大以降、フードデリバリーが急速に注目を集めている。Uber Eatsと出前館の2強がしのぎを削るなか、新規参入の「menu」もデリバリーサービス開始から1カ月で1万7000店から新規申し込みを受けるなど躍進している。(2020/9/2)

三井住友海上とUber Eatsが連携 配達パートナーの事故防止支援など
三井住友海上は、Uber Eatsと包括的な連携協定を結んだ。自転車や原付バイク、軽自動車を使う配達パートナーの交通事故防止の支援などに取り組む。(2020/9/1)

「ウーバーイーツ」VS.「出前館」しのぎ削るなか 宅配フード市場“新規猛追”で混沌
新型コロナウイルスの感染拡大以降、急速に注目を集めたフードデリバリー事業。「ウーバーイーツ」と「出前館」の2強がしのぎを削るなか、出前館によるウーバーイーツの買収検討報道が出たり、有名店と組んだ新規サービスが猛追するなど、宅配レースは混とんとしている。(2020/9/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。