ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「宅配」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「宅配」に関する情報が集まったページです。

Uber Eats自転車死亡事故、元配達員禁錮2年求刑
Uber Eatsの配送中に自転車で歩行者をはねて死亡させたとして、業務上過失致死罪に問われた東京都北区の会社員の男の初公判が開かれた。男は起訴内容を認め、検察側は禁錮2年を求刑、弁護側は執行猶予付きの判決を求め、即日結審した。(2022/1/27)

最短15分以内に配達「Yahoo!マート」本格展開 アスクル商品を出前館で注文
出前館のサービス上で、アスクルが販売する食料品や日用品を購入でき、最短15分で受け取れる即配サービス「Yahoo!マート by ASKUL」本格展開へ。(2022/1/26)

即配事業「Yahoo!マート by ASKUL」開始 最短15分で商品受け取り
ヤフー、アスクル、出前館が協業し、「出前館」サービス上で食料品や日用品を配達するサービスを開始した。2021年7月から実験していた「PayPayダイレクト」を本格展開するもので、まずは都内23区の拡大を見込んでいる。(2022/1/26)

モビリティサービス:
タブレット端末で売り場を見ながら買い物、買った商品は乗り合いタクシーで届ける
日産自動車は2022年1月24日、凸版印刷やNoMAラボとともに、福島県浪江町の住民を対象とした買い物/宅配サービスの実証実験を実施すると発表した。(2022/1/25)

国内初、冷凍宅配ボックス付きマンションを分譲へ 東急・パナソニック
分譲マンション向けの冷凍・冷蔵宅配ボックスをパナソニックなどが開発。東急不動産が大阪市で分譲するマンション2物件に設置する。(2022/1/24)

高タンパク・低カロリー:
ゴールドジムと筋肉食堂がコラボ 「バルクアップ」「ダイエット」宅配弁当を展開
「ゴールドジム」と「筋肉食堂」がオリジナル宅配食を期間限定で販売するコラボキャンペーンを実施する。(2022/1/18)

3社に聞いた:
注文後、10分で届く? 海外で急拡大する「ダークストア」は日本でも流行るのか
欧米で「Qコマース(クイックコマース)」が話題になっている。注文から30分以内をメドに日用品などを配達するサービスで、その多くは、消費者が立ち入ることができない「ダークストア(配達専門店)」を活用している。同事業を手掛ける3社の戦略と展望を聞いた。(2021/12/29)

Kyash、銀行介さぬ法人送金 ギグワーカーの報酬支払いプラットフォームに
Kyashは12月23日、法人向けの送金サービスを開始した。企業が、業務委託先や取引先に報酬などを送るプラットフォームとしての活用を目指す。まずはデリバリーサービスmenuに提供し、menuは配達員への報酬支払いに利用する。(2021/12/23)

TikTokで話題のレシピを再現して配達する「TikTok Kitchen」、米国で開始
TikTokは2022年、プラットフォームでバイラルになったレシピをデリバリーする「TikTok Kitchen」を米国で開始する。ゴーストキッチンのVDCとの提携で実現。売り上げの一部はクリエイターに還元する。(2021/12/20)

Uber Eats、宇宙に初デリバリー ISS滞在中の前澤さんが「サバの味噌煮缶」など配達
ウーバーイーツジャパンはフードデリバリー「Uber Eats」が初めて宇宙への配達に成功したと発表した。ZOZOの創業者・現スタートトゥデイ社長で、日本の民間人として初めてISS(国際宇宙ステーション)に長期滞在中の前澤友作氏が「特別配達パートナー」として、「サバの味噌煮缶」などを配達した。(2021/12/15)

Uber Eats、宇宙へ配達 前澤配達員がISSに食料お届け
実業家の前澤友作さんが、Uber Eatsの特別配達パートナーとなりISSのメンバーへ食品を届けた。(2021/12/14)

リテール&ロジスティクス:
神奈川県海老名市で延べ3.8万m2の冷蔵倉庫が竣工、プロロジス
プロロジスは、神奈川県海老名市で計画を進めていたBTS型物流施設が2021年8月に竣工したことを発表した。プロロジスパーク海老名2は、オイシックス・ラ・大地に賃貸され、宅配サービスブランド「Oisix」専用の施設になっている。さらに、関東最大のマザーセンターとして、全国の生産者や取引先メーカーから入荷した生鮮食品を地域別に出荷するための拠点として役立っている。(2021/12/14)

黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
ウチにも配達してほしい!(2021/11/30)

2段階認証すら突破する場合も フィッシング詐欺から身を守るには? NTTドコモに聞く
携帯キャリアや宅配業者を装った、身に覚えのないSMSやメールが届いたことがある、という人は多いだろう。個人情報を盗まれてアカウントを乗っ取られたり、不正なアプリをインスールしたりする恐れがある。こうした「フィッシング詐欺」で被害に遭わないための対策をNTTドコモに聞いた。(2021/11/26)

Amazon「当日便」高速化 昼1時までの注文→夜6時〜10時に配達 都内21区対象
Amazonの「当日便」がさらに高速化。都内21区が対象で、午後1時までの注文なら、午後6時〜10時に届ける。(2021/11/24)

Uber Eatsも出前館も 自転車配達員集め交通安全講習会
新型コロナウイルスの流行で増加した食事配達サービスをめぐる交通トラブルを抑えるため、警視庁は世田谷区喜多見の警視庁交通安全教育センターで、配達員らの講習会を開いた。(2021/11/19)

再配達をなくせるか:
ヤマト運輸が舵を切るデータ・ドリブン経営 “DX請負人”の中林紀彦執行役員を直撃
ヤマト運輸が顧客サービスを改善しようと、宅配に関する膨大なデータを駆使したデータ・ドリブン経営に舵を切っている。その仕掛人であるデジタルデータ戦略担当の中林紀彦・ヤマト運輸執行役員を直撃した。(2021/11/18)

メルカリ、物流子会社メルロジ設立 宅配便の5〜10%を占めるメルカリ荷物を効率化
メルカリは10月28日、物流サービスの企画、開発、運営を行う100%子会社メルロジを設立すると発表した。自社ではトラックや倉庫を持たず、メルカリの取引データを元にした集荷物流網を構築していく。(2021/10/28)

コロナ禍の宅配量21億個 ヤマト、業務増でもコスト削減 「勘と経験からデータに基づいた経営」
宅配大手のヤマト運輸がデータに基づいた経営に舵を切った。コロナ禍で宅配需要が伸びる中、輸送コストを前年比約10%削減するなど成果を上げている。デジタルデータ戦略担当の執行役員に取り組みを聞く。(2021/10/28)

予約困難店のNYステーキも タクシーでメニュー宅配「GO Dine」が対象店拡充
「プロドライバーが運んでくれる」のがポイントです。(2021/10/20)

郵便土曜休配 ナンバープレート新基準 10月から
年度の後半が始まる10月からの制度面の変更をめぐっては、日本郵便が郵便物と、ゆうメールの土曜日の配達を廃止する。同社の広報担当者は「郵便需要の落ち込みや社員の働き方改革を総合的に考慮した結果、サービスの見直しという結論に至った」としている。(2021/9/27)

Uber Eatsの「徒歩配達」、大阪市や横浜市など21都市に拡大 東京23区に続き
フードデリバリー「Uber Eats」は東京23区に試験導入していた、徒歩で商品を配達する「徒歩配達」を、横浜市や大阪市など日本国内21都市にも試験導入すると発表した。23区については同サービスを正式導入する。(2021/9/22)

忙しい中、子どもに“神対応”してくれたUber Eatsの配達員さん デリバリーサービスに感謝するママの漫画に心が温かくなる
受け渡しの間だけのすてきな出会い。(2021/9/21)

Supply Chain Dive:
「店舗や倉庫はそのまま」でスーパーのオンライン化や配達を支援 ロボット企業が共創する新サービス
消費者が必要な日用品をオンラインで購入し、戸口まで配達してもらう――、そんな買い物のニーズがコロナ禍で成長している。消費者のニーズに応えたいスーパーや食料品店向けに、米国で成長中のオンライン買い物代行サービス「Instacart」がロボティクス企業と一緒に在庫管理ソリューションを共創すると発表した。その中身と今後の可能性は。(2021/9/8)

22年1月から:
ヤフオク!とPayPayフリマの商品を“宅配ロッカー”から配送 ヤフー、ヤマトなどが連携
フルタイムロッカー設置マンション居住者は、商品を24時間365日好きな時間に発送可能となる。(2021/8/27)

乗って楽しい業務用電動3輪スクーター「ホンダ ジャイロe:」試乗インプレッション
ホンダの「ジャイロ」といえば、配達などでも人気のある、原付3輪スクーターの代表的な存在だ。すでに日本ではビジネス用“電動”3輪スクーターが走っており、ホンダは後発になってしまったが、いよいよ電動版ジャイロが発売された!(2021/8/30)

ヤフオク!とPayPayフリマ、マンションの宅配ロッカーから発送可能に 22年1月から
ヤフーが、「ヤフオク!」と「PayPayフリマ」で、出品者の商品発送をマンションの宅配ロッカーから受け付けるサービスを2022年1月に始める。23年3月までに全国3000棟のマンションへの導入を目指す。(2021/8/26)

「10分でお届け」 宅配専用スーパー「ダークストア」日本開業、専業ベンチャーが都内に
配送専用のスーパー「ダークストア」が都内にオープンした。「注文から10分以内で届ける」という。専業のベンチャー企業による初出店だ。(2021/8/25)

Supply Chain Dive:
配達需要で進む物流DX 米国の大手スーパー「黒字化に4年」でも自動配送センターに1億ドル投資する理由
コロナ禍で配達の需要が高まる中、米国の小売業界で大手スーパーのKrogerが大規模な投資を発表した。英国のネットスーパー大手と提携し、ロボットを駆使した自動化型の配送拠点を複数開設し、初期だけで1億ドルの投資を決めた。同様の施策に二の足を踏む同業他社もある中「それでも店舗に投資するより効率的」と幹部が語る背景とは。(2021/8/20)

宅配サービスの実態調査:
4人に1人がネットスーパーや食品宅配サービスを利用 梱包で気になる点は?
インターネットリサーチを手掛けるクロス・マーケティング(東京都新宿区)は、宅配サービスに関する調査を実施。4人に1人が直近3カ月でネットスーパーや食品宅配サービスを利用していたことが分かった。(2021/8/6)

分譲マンションへの設置を検討:
冷凍品も“宅配ボックスへ” 東急不動産とパナソニックが実証実験
東急不動産とパナソニックは8月6日、分譲マンションへの設置に向け、冷凍・冷蔵宅配ボックスの実証実験を開始すると発表した。(2021/8/6)

foodpanda、日本で即配 日用品など30分で配達「pandamart」
フードデリバリー「foodpanda」が、日用品や食品など約1500種類の商品を、注文から30分で届ける即時配達サービス「pandamart」を日本でスタート。(2021/7/26)

2位はイオン系:
食品宅配サービス利用率調査、圧倒的1位は「コープ」 背景のニーズは?
食品宅配サービスの利用実態調査を実施したところ、利用率で最も多かったのは「コープ」だった。調査から見えてきた利用者のニーズは?(2021/7/16)

Facebook幹部のシモ氏をInstacartがCEOとして引き抜き
Facebookのベテラン幹部でアプリ責任者を務めるフィジー・シモ氏が退社する。食品配達サービスのInstacartがCEOに迎え、共同創業者の現CEOは取締役会長に退く。(2021/7/9)

アスクル、最短15分以内の「即配」実験 出前館スタッフが配送
アスクルと出前館が連携して「即配サービス」の実証実験。アスクルの商品を出前館サイトで受注し、出前館の配達員が最短15分以内で届ける。(2021/7/6)

NTTぷらら、個人情報最大800万件が漏えいした可能性 「ひかりTV」受信機の配達先住所など
NTTぷららの委託先サーバが不正アクセスを受け、個人情報最大約800万件が漏えいした可能性があると同社が発表した。(2021/7/2)

低コストで導入可能なプラットフォームを提供開始:
PR:オフィス・企業向け宅配弁当業界にDXを 低コストで導入可能な、弁当注文決済アプリのプラットフォームとは?
「企業の急速なテレワーク化」「企業内の弁当を取りまとめる担当者の不在」「個人による注文決済の増加」といった課題に見舞われている宅配弁当業界。そんな中、同業界の老舗ながら、DXへ率先して取り組んでいるあづま給食センターが、業界DXに向けた「弁当注文決済集計アプリのプラットフォーム」の提供を開始する。低コストで運用でき、弁当製造会社ごとにカスタマイズ可能なプラットフォームとは、どういったものなのか。(2021/7/7)

20年9月〜21年5月期:
出前館の売上高、前期比2.7倍 配達員数は7倍に
フードデリバリーを手がける出前館は6月25日、2021年8月期第3四半期(9-5月期)決算を発表した。売上高は2.7倍に伸び、事業は急拡大しているが、積極的な事業展開と投資実行により増収減益となった。(2021/6/28)

Uber Japanを書類送検 当時の日本代表らも 「Uber Eats」で不法就労助長の疑い
日本に不法滞在中のベトナム人をフードデリバリーサービス「Uber Eats」の配達員として雇用し、不法就労を助長したとして、警視庁は運営元のUber Japan(東京都港区)と、同社の当時の日本代表ら2人を入管難民法違反の疑いで東京地検に書類送検した。(2021/6/22)

自転車を使わず:
Uber Eatsが「徒歩での配達」導入 東京23区が対象
Uber Eatsが、徒歩での配達を始める。自転車を持っていない人でも、配達を始められるようにし、配達の人員を確保する。(2021/6/21)

Uber Eats、徒歩での配達OKに 東京23区で試験導入
Uber Japanが、フードデリバリー「Uber Eats」に、徒歩で商品を配達できる仕組みを導入すると発表。まずは22日に、東京23区で試験運用を始める。(2021/6/21)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
コロナ禍で「銀のさら」絶好調 創業社長が語る“稼ぐ”仕組みとライバルが淘汰された背景
宅配寿司「銀のさら」が好調だ。創業社長は「ウーバーは脅威ではない」「宅配寿司が宅配ピザより難しい」と熱弁する。どういうことかというと……。(2021/6/15)

コープデリ、システム障害で「ほとんどの商品」配送できない状態 事前の連絡が間に合わず困惑する家庭も
物流システムのトラブルにより、5月10日〜5月14日分の配達でほとんどの商品が届かない状態。(2021/5/12)

「コープデリ」障害で食材配送できず 物流システム切り替えに失敗
食材などを宅配する「コープデリ」の物流システムにトラブル。5月10日〜14日配送分がほとんど届けられない問題が発生。(2021/5/12)

ミールキットは出荷数7500万食:
売上高4割増 オイシックス・ラ・大地の松本浩平取締役に聞く「躍進の理由」
食品宅配大手のオイシックス・ラ・大地が、コロナ禍の長期化に素早く対応して会員数を大きく伸ばしている。消費者の巣ごもりニーズが高まる中で、2021年3月期は大幅な増収増益を見込む。同社の松本浩平・取締役経営企画本部長に、好調を維持できた販売戦略の狙いをインタビューした。(2021/4/28)

ラクマ、セブン-イレブンとPUDOから商品発送可能に 4月26日から
楽天グループは4月20日、全国のセブン-イレブンと宅配便ロッカー「PUDOステーション」でフリマアプリ「ラクマ」の商品を発送できるようにすると発表した。4月26日午後2時から利用できる。(2021/4/20)

スピン経済の歩き方:
配達員トラブル多発のウーバーが、「不祥事相次ぐセブン」と妙に重なるワケ
街中でちょいちょいトラブルを起こしているウーバーイーツに、「ルール整備」を求める声があがっている。配達員の危険運転が問題になっているわけだが、筆者の窪田氏は「ウーバーとセブン-イレブンは同じ匂いをしている」という。どういう意味かといと……。(2021/4/20)

データ統合に「trocco」を活用:
データのサイロ化を乗り越えLTVを最大化する変数を発見 ネット宅配クリーニング「Lenet」がやったこと
事業の多角化などに伴うデータのサイロ化を防ぐためには統合的なデータ基盤が不可欠だ。この基盤を迅速に構築し、ビジネスに生かしたまでの取り組みについて、クリーニングサービス「Lenet」を運営するホワイトプラスのCTOに話を聞いた。(2021/4/16)

電気自動車:
宅配物流に「使えるEV」、日野が2022年初夏に超低床FF小型電動トラックを発売
日野自動車は2021年4月15日、超低床で前輪駆動(FF)の小型EVトラック「デュトロZ EV」を2022年初夏に発売すると発表した。荷物を家庭など受取先に届ける「物流のラストワンマイル」に向けた車両だ。物流現場における使い勝手とカーボンフリーを高次元で両立する。日野自動車 社長の下義生氏は「宅配物流に焦点を当て、ユーザーの意見を聞きながら完成させた。自信を持って提案できる“使えるEVトラック”だ」とコメントしている。(2021/4/16)

約6000人が利用:
宅配便数が過去最多に! 配達効率89%向上のDXアプリで人手不足解消なるか
コロナ禍でEC需要が急増している。宅配業界の人手不足はますます深刻になっているわけだが、そうした課題を解決するために、あるサービスが話題になっている。それは……。(2021/4/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。