ニュース
» 2017年03月17日 13時43分 UPDATE

ルンバ、お掃除の報告書を作成する

[ITmedia]

 セールス・オンデマンドは3月16日、iRobotのロボット掃除機専用スマートフォンアプリ「iRobot HOME」の最新版をリリースした。ルンバが掃除した情報を図にして表示する「Clean Mapレポート」の追加がメイン。ルンバの上位モデル「900シリーズ」で利用できる。

「iRobot HOME」。Android/iOS端末の両方に対応する

 Clean Mapレポートは、ルンバが掃除した後で家の中のマップを作成し、最大で過去30回分まで実際に掃除したエリアや時間が一目で分かるというもの。また汚れやゴミの多かった場所(ルンバのダートディテクトモードが作動した場所)を示してくれるため、家の中の汚れやすい場所も分かる。このほか、新しいiRobot HOMEでは清掃完了など、ルンバの状況をプッシュ通知で受け取ることも可能だ。

家の中のマップを表示。汚れやゴミの多かった場所なども分かる

 iRobotの共同創業者でCEOのコリン・アングル氏は、「最新版のiRobot HOME アプリを使えば、高度化されたマッピング機能、清掃状況の確認など、ルンバの操作性はさらに向上します。今回のバージョンアップは、複数の家庭用ロボットが共同で作業を行うスマートホームの実現に向け、ロボットエコシステムを視野に入れた未来への画期的な進化の1つといえるでしょう」とコメントしている。

 iRobotでは、家の中にあるさまざまなコネクテッドデバイスをホームロボットが管理するスマートホームを提唱。そのための技術としてマッピングやナビゲーションの技術開発に注力している。

ロボットが家中のコネクテッドデバイスを管理するスマートホーム(2016年4月の新製品発表会)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう