ニュース
» 2004年02月27日 23時00分 UPDATE

ハイセンスなカジュアルケータイ〜開発者に聞く「V302T」 (1/2)

ボーダフォンの東芝端末「V302T」はエントリー向けのカジュアルモデル。着信時に端末の周囲が淡く光る「ルミナスライト」が特徴だ。端末の開発コンセプトを聞いた。

[後藤祥子,ITmedia]

 「毎日、持ち歩いて楽しい。カジュアルなだけでなくハイセンスなケータイ」(ボーダフォンプロダクトマネジメント統括部の横田知課長代理)──そんなコンセプトから生まれたのが、ボーダフォンの東芝製端末「V302T」だ(1月22日の記事参照)。

 ストライプ柄ボディの表面には、クリアな透明の素材を使って奥行きを表現。着信時には、端末の外側が淡く光って知らせてくれる。

sa_t1.jpg ボディカラーはルミナスゴールド、ルミナスホワイト、ルミナスブルーの3色
sa_t55.jpg クリアな素材の下に凹凸のあるストライプが刻まれ、立体感を表現している

 QVGA液晶やメガピクセルカメラといった派手な機能は備えていないが、対話形式のメニューでメールや通話機能を使える「シンプルモード2」や、使いすぎを防げる「リミットモード」(2003年11月の記事参照)を搭載。位置付けとしては「J-T09」(1月30日の記事参照)の後継に当たる端末だ。

 「スペックにはこだわらないが、メールや写メールを目いっぱい楽しみたい──。そんなユーザーがターゲットです」と、東芝モバイルコミュニケーションの東懐子主務は話す。

ルミナスライトが生まれるまで

 V302Tの大きな特徴は、端末の周囲を取り巻くように光るルミナスライト。着信時や通話中だけでなく、「パカパカと開閉させたときにも光るように設定できる」(東氏)といい、不在着信や未読メールも光で知らせてくれる。

 「手のひらにそっと包みたくなるような優しいフォルム」というコンセプトから、光り方もボディの下から淡く光るようにしている。そんな工夫からか、暗い場所で点滅する様子はなかなか幻想的だ。ただし、それだけでは昼間の屋外などで視認性が落ちるため、色や光り方のパターンをいくつかから選べるようにした。

「さりげなく光るのが好みならゆったりしたパターンを選べるし、視認性重視なら派手めなパターンもある。色も暖色系、寒色系があるので、自分の世界観に合わせた光らせ方ができる」(東氏)

 暗闇で光らせたところ。クリックするとムービーへ
sa_t77.jpg 6つの項目でルミナスライトの点灯を設定できる。設定は閉じた状態のままサイドキーを押して選べるので、実際に光る様子を確認しながら調整できる

 なお、ライトは「Uの字型の先の部分にLEDを置き、先端部に光を導く仕組みになっている」と東氏。見た目が派手だからといって、バッテリーの持ちに影響することはないそうだ。

sa_t76.jpg
 ルミナスライトを光らせたところ。着信時以外にも充電器に置くと光るので、ルームライトとしても使える。「夜に着信したとき、どこに置いたかを探しやすい」(東氏)。着信音に「ルミナスのテーマ」をプリセットするという力の入れよう

ポルトガル語を画像メールで送信

 もう一つの大きな特徴は、トライリンガル対応。日本語と英語に加え、ポルトガル語のメニューが搭載された。1バイト文字は比較的対応がしやすく、日本でのニーズも中国語や韓国語のユーザーに次いで多いことから採用が決まった。

 ただ英語や日本語に比べて、同じ言葉を表現するにも文字数が多く、表示文字数の面で難しかったことから、日本語モードの「シンプルメニュー2」をポルトガル語にするという形での対応だ。

 シンプルメニュー2は、対話形式のメニューに従って操作すると、通話やメール、写メールができる機能
sa_t98.jpg ポルトガル語モードへの変更画面(左)。文字入力はもちろん、メニューもポルトガル語表示になる
sa_t99.jpg ポルトガル語モードはシンプルモード2をポルトガル語表示にしたもの。右の画面は、ポルトガル語のメールを「J-SH53」に送った際の画面。入力した文字は画像として添付される

 ポルトガル語で書いたメールは、どんな環境の相手にも閲覧できるように、PNGの画像データに変換して送る方法が採用された。最近の端末では、ボーダフォンとauがPNG対応なので、これらの端末やPC宛てにはポルトガル語メールの送信が可能だ。

 なお、写メールの仕組みを使って送るため、ポルトガル語のメールを送るときには、写真を一緒に送ることはできない。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.