ニュース
» 2004年04月21日 15時59分 UPDATE

日本通信、bモバイルで帯域制限

定額制のデータ通信サービス「bモバイル」のPHS通信が、帯域制限される。ファイル交換アプリケーションなどによるトラフィック増への対応のため。

[斎藤健二,ITmedia]

 日本通信は定額で提供しているデータ通信サービス「bモバイル」のPHSデータ通信について、4月20日から帯域制限を始めた。ファイルダウンロードやファイル交換アプリケーションに限ってトラフィックを制限する。固定系では帯域制限をかけるISPも増えてきているが(2003年10月20日の記事参照)、PHSなどの無線系では初めて。

 「この何カ月か、大容量ファイルのやり取りが目立って増えてきている」(日本通信)状況で、多くのユーザーに影響が出ていることから実施を決めた。

 同社は、PHSデータ通信だけでなく各種公衆無線LANサービスも提供しており、両インフラを組み合わせて最適な通信環境の提供を目指している。大容量ファイルのやり取りには、無線LANサービスのほうを使ってほしいというスタンスだ。

 帯域制限は、メール専用の「U-MAIL」を除く全bモバイルサービスで実施される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.