ニュース
» 2004年04月22日 15時16分 UPDATE

ボーダフォン、“琴”をイメージした新機種「KOTO」

ボーダフォンは4月22日、和とモダンを融合させたデザインモデル「KOTO V303T」(東芝製)を5月下旬以降発売すると発表した。コンセプトは和楽器の「琴」だという。

[ITmedia]

 ボーダフォンは4月22日、和とモダンを融合させたデザインモデル「KOTO V303T」(東芝製)を5月下旬以降発売すると発表した。

ksvoda.jpg

 コンセプトは和楽器の「琴」。胴面の張りや直線をデザインに取り入れ、表面は漆器を思わせる艶やかな光沢感、ダイヤル面は落ち着いたつや消しと塗装にもこだわった。デザインに携わったボーダフォンターミナルマネジメント部の浦元芳浩課長代理は、「和の世界観がグローバルに認知されてきている」と、琴をモチーフとした理由を説明した。また着信メロディには、モダンなジャズナンバーを10曲標準搭載している。

 機能面では、本体内の8Mバイトのメモリに最大3分間の動画撮影が可能。32万画素のCMOSカメラを搭載した。ディスプレイには2.2インチのQVGA液晶を備え、ソフト面では大きな文字で簡単操作が可能な「シンプルモード2」を搭載した。

 主な仕様は以下の通り。

端末名 KOTO V303T
連続通話時間 120分
連続待受時間 360時間
サイズ(幅×高さ×厚み) 48×94×26ミリ
重さ 108グラム
ディスプレイ 2.2インチ・26万色QVGA TFT液晶
サブディスプレイ 1インチ・6万5536色 60×80ピクセル STN液晶
カメラ 32万画素CMOS
静止画保存容量 8Mバイト
着信メロディ 40和音
その他の機能 モバイルルポ、「今すぐ読メール」機能、バイリンガル、お天気アイコン
カラー R(朱)、B(黒)
kskoto1.jpg
kskoto2.jpg

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.