ニュース
» 2004年05月31日 19時10分 UPDATE

「@FreeD」に通信障害33万人に影響〜Mzoneも

ドコモの定額制PHSサービス「@FreeD」に5月31日、通信障害が発生し、利用できない状況が続いている。NTTコムの電力設備故障が原因。同設備を利用する「Mzone」や、NTTコムの「HOTSPOT」などもサービスが停止している。

[ITmedia]

 ドコモの定額制PHSサービス「@FreeD」に5月31日、通信障害が発生した。15時20分から全国で@FreeD通信が利用できない状況が現在も続いている。

→21時5分に復旧した

 全国で@FreeDに契約している33万5000人に影響が出ており、さらに公衆無線LANサービス「Mzone」も千葉、埼玉エリアで利用できなくなっている。また「ドコモeサイト」および「モバチェメール」を使ったメール送信も利用できなくなっている。なお、通常のPHS利用は問題ない。

 原因は都内にあるNTTコミュニケーションズの電力設備故障。NTTコミュニケーションズのISP「OCN」のインターネット接続サービスの一部や、公衆無線LAN「HOTSPOT」企業向けのIP-VPNサービス「Arcstar」も影響を受け、停止している(5月31日の記事参照)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.