ニュース
» 2004年06月04日 14時40分 UPDATE

端末内データをCD-Rにバックアップ〜KDDIが検討

端末リサイクルの気運が高まる中、KDDIは、端末内データをCD-Rにバックアップするサービスの導入を検討している。端末内のデータをユーザーが手元に残せる手段を提供することで、リサイクル率を上げたい考え。

[後藤祥子,ITmedia]

 KDDIは、画像や電話帳、メールなど携帯電話内のデータを、CD-Rにバックアップするサービスの導入を検討している。端末リサイクルの気運が高まる中(2003年3月の記事参照)、ユーザーが端末内データを手元に残せる手段を提供し、リサイクル率を上げたい考えだ(2003年4月の記事参照)。

 機種変更の際に旧端末を手放したくない理由として「撮った画像やアドレス帳などを手元に残しておきたい」という声が多数挙がっていることからKDDIでは、端末内データ(著作権で保護されたデータを除く)をCD-Rにバックアップする手段の提供を検討しているという。

 KDDIによれば、2003年度に販売した携帯電話は約1000万台。それに対し、回収した端末は200万台(KDDIが回収した他キャリアの端末も含む)と少ないのが現状だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.