ニュース
» 2004年06月14日 20時30分 UPDATE

NOKIA CONNECTION 2004:「Nokia3220」、メッセージはこうして空中に浮かぶ

端末を持って手を振ると、メッセージが空中に浮かび上がる──。そんな仕組みを備えているのが、NokiaのGSM端末「Nokia3220」だ。一体どんな仕組みで文字が空中に浮かぶのか。

[後藤祥子,ITmedia]

 端末を持った手を左右に振ると、文字が空中に浮かび上がる──。こんな摩訶不思議なギミックを搭載しているのが、「Nokia3220」(6月1日の記事参照)。

 写真だけでは、一体どんな仕組みでどんなふうに文字が浮かび上がるのか分からなかったが、NOKIA CONNECTION 2004に展示されていた3220を見ると、案外仕組みは簡単だ。

sa_sin20.jpg
 エスニックな衣装に身を包んだ説明員が手にしているのが3220。ポップなイメージのカメラ付き端末


sa_sin26.jpg
 端末自体も側面や端末上部など、光る部分が多い

パラパラマンガの応用?

 空中で文字を光らせるには、オプションのカバーを購入する必要がある。パッケージには、縦1列にLEDがレイアウトされた背面のカバーや、センサーが付属。これらを取り付けたら対応アプリをインストールする。

sa_sin21.jpg
 オプションのカバー(左)。電池パックの下の金色の部分がセンサー。簡単に取り付けられるそうだ


sa_sin29.jpg
 テンプレートにはさまざまな文字や絵が用意される。編集機能が付いているので、自分でデザインしたものを光らせることも

 アプリの機能の一つ「Wave Message」を立ち上げ、光らせたい絵や文字をテンプレートから選ぶ。文字や絵は、自分で作成することも可能だ。そして端末を手に持って左右に振ると、残像効果で絵や文字が空中に浮かび上がる仕組みだ。「一定の速度で手を振ると、アプリが文字や絵を(見ている人が)認識できるような光り方に制御する」(説明員)。おおもとの仕組みはパラパラマンガのようなものだ。

sa_sin28.jpg
 手を左右に振ると、残像効果で文字や絵が浮かび上がる。手を振る速度は「早すぎても遅すぎてもいけない」(説明員)。自分でどんなふうに光っているかを確認できないため、練習が必要だ

 日本でもプレス発表直後に「かなり多くの問い合わせがきた」(ノキア・ジャパン広報)。GSM端末のため日本では電話として使えないにもかかわらず、注目度はかなり高かったようだ。

 海外でもクラブ通いをする若者層を中心に反響が大きく、ギリシャで行ったローンチイベントでも注目を集めたという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.