ニュース
» 2004年06月23日 17時32分 UPDATE

ドコモ、アノトペンを使った業務システムを開発

ドコモは、アノトペンを使った業務システムを開発、資生堂に納品した。NTT、NTTドコモ、NTTレゾナントと共同で未来型サービスを検討する中で開発されたもの。

[後藤祥子,ITmedia]

 ドコモは、専用の用紙に書き込んだ手書き文字を、電子データとして利用可能にする「アノトペン」(2001年4月の記事参照)を使った業務用システムを開発、資生堂に納品したことを発表した。資生堂は6月から、三越日本橋店の資生堂化粧カウンターで、アノトペンを使った顧客情報登録システムを展開する。

docobt6.jpg
 アノトペンと専用の用紙。文字の軌跡をペン先のカメラが読み取ってデータ化し、Bluetoothを通じて送信できる

 資生堂では、顧客が「資生堂花椿CLUB」に新規入会する際の情報入力にアノトペンを利用、顧客が書いた手書き情報をデータベースに反映させる。美容部員が手書きデータを再入力する必要がなくなり、業務の効率化が図れるという。今後は美容部員がカウンセリング時に記入するカルテのデータベース化にも生かしたい考えだ。

 アノトペンを使った業務システムの開発は、NTT、NTTドコモ、NTTレゾナントと共同で未来型サービスを検討する中で開発されたもの。この取り組みの中でドコモは、携帯電話を利用したアプリケーション開発やモバイル部分のシステムサポートを担当した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.