ニュース
» 2004年07月09日 14時00分 UPDATE

「運転中に携帯」で罰金、自動車は6000円、原付は5000円

改正道路交通法が可決されたのに伴い、より細かい内容を決める“施行令”の改正案が公開された。普通自動車および自動二輪車の反則金は、6000円。

[杉浦正武,ITmedia]

 警察庁は7月9日、「道路交通法施行令改正試案」を公開し、パブリックコメントの募集を開始した(警察庁のホームページ参照)。運転中に携帯電話で通話した場合の、具体的な反則金の額などが記載されている。

 6月に、衆院本会議で改正道路交通法が可決され、運転中に携帯を利用すると5万円以下の罰金が科されることが決まっていた(6月3日の記事参照)。これをうけて、より細かい内容を決める“施行令”の改正案が公開されたかたち。

違反車両 大型自動車 普通自動車・自動二輪車 原動機付自転車
反則金 7000円 6000円 5000円

 対象となるのは、停止しているときをのぞき、運転中に携帯を持って「通話したり、メール送信などのため画面を注視したりした」場合。違反の点数は、「1点」となっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.