ニュース
» 2004年07月12日 18時39分 UPDATE

ジョグダイヤル搭載フル機能端末「W21S」

WIN端末としてもEZナビウォーク対応端末としても、ソニー・エリクソン初となるのが「W21S」。本体形状はオーソドックスな折りたたみ型でジョグも健在。2.4インチの高輝度液晶と直径16ミリのスピーカーを2つ使ったステレオスピーカーが特徴だ。

[斎藤健二,ITmedia]

 ソニー・エリクソン初となる1X WIN端末は、“音と映像”が最大の特徴だ。形状は従来の折りたたみ型を継承し、ジョグダイヤルも健在。ソフトキーを2つ追加することで、操作性をさらに高めた。

ksws4.jpg

 まずは対応機能を列挙してみよう。

  • 直径16ミリのステレオスピーカー搭載
  • 2.4インチのQVGA液晶は輝度250カンデラ
  • シーンセレクション機能を搭載した130万画素CCDカメラ
  • テレビリモコンにもなる赤外線通信機能
  • 内蔵アンテナ採用
  • 電子コンパス内蔵のEZナビウォーク

 同時に発表されたW21シリーズと比べると、アンテナ内蔵がデザイン上のポイントだ。1X WIN端末では初となる。

 カメラは130万画素CCDを採用。オートフォーカス機構は備えず、側面のスライドスイッチでマクロモードに切り替える。静止画だけでなく動画撮影時にも利用できる「シーンセレクション」も新機能。「スポーツ」や「夜景」など6種類のシーンから選択できる。

 動画は、QVGAサイズ、秒間15コマ、384Kbpsのクオリティで最大30分間の動画をメモリースティックDuoに撮影できる。撮影した動画からQVGAサイズの静止画を切り出したり、ムービーメール用の動画に変換することも可能だ。

ksws1.jpg 待受画面とカレンダー。祝日データはカレンダーに入っていない。待受画面の時計は秒数表示も可能だ。4つに増えたソフトキーのガイダンスが画面下部に並んでいるのが目を引く
ksws2.jpg 新開発の「クロスメニュー」。「PSXのような」(au商品企画本部長の牧俊夫氏)と形容されたメニューだ。EZメニューはFlashで描画されている
ksws8.jpg 予測変換の元祖「POBox」も大きな改良が行われた。右ソフトキーに「絵文字/記号」が割り当てられ、入力が簡単に。絵文字や記号は連続入力のほか、過去に使用した文字を記録する頻度学習にも対応した
ksws3.jpg 「カナ英数変換」も搭載した。入力モードを変えることなく、カタカナや英字、数字を入力できる機能で、昨今搭載端末が増えている
ksws6.jpg 写真撮影時。右上のソフトキーで簡単に「シーン」が切り替えられる。左上のソフトキーでは撮影サイズの変更が行える。撮影時は補助線を出すこともできる
ksws7.jpg 背面にはステレオスピーカーを搭載。シングルスピーカー搭載機種でも直径16ミリは大型だが、W21Sはそれを2個搭載した
ksws5.jpg ジョグを搭載したW21S。2.4インチの大きな液晶が目を引く

ITmediaでは、この記事では書けないP901iS・ドコモ端末の“隠れ情報”をモバイルサイト「ITmedia(ケータイ版)」にて掲載予定です。たとえば……

  • P901iSのワンプッシュオープンボタン、なぜ光らない?
  • 顔認証技術を活かしたアプリの隠れた楽しみ方
  • あの人とのメールは、こうして読み返す
会員の方だけに、編集部が選んだマル秘ネタをお届けするITmedia(ケータイ版)、ぜひ登録の上お楽しみください。iモードのアクセス方法は「メニューリスト」→「天気/ニュース/情報」→「ビジネス情報」→「ITmedia(ケータイ版)」
ITmedia(ケータイ版)をもっと知りたい!

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.