ニュース
» 2004年07月21日 22時11分 UPDATE

WIRELESS JAPAN 2004:Bluetooth携帯とつながる、こんな機器があります〜KDDIブース

WIRELESS JAPAN 2004のKDDIブースでは、Bluetooth携帯「A5504T」とつながる、さまざまな機器を紹介するデモを行っている。車載用ハンズフリーユニットやヘッドセット、プリンタなどを試せる。

[後藤祥子,ITmedia]

 KDDIブースでは、Bluetoothケータイ「A5504T」(5月14日の記事参照)とつながる機器を展示、さまざまな使い方をアピールした。

ヘッドセットや車載用ハンズフリーユニットも

 改正道交法の施行(6月3日の記事参照)が近いことから注目が集まる車載用ハンズフリーユニットは、2製品が展示されていた。いずれもシガーソケットにつないで使う製品だ。

sa_bt.jpg
 モバイルキャストの「Drive blue」(左)とSEECODEの「SEEFreeKIT」(右)

 モバイルキャストの「Drive blue」は、同社サイトで2万9800円で発売中。SEECODEの「SEEFreeKIT」は、8月に1万5000円前後で発売される予定だ。

 いずれも最初にA5504Tとペア設定を行えば、あとは特別な設定をすることなく社内でのハンズフリー通話が可能。「エンジンをかけるとハンズフリーキットの電源が入る。端末側のBluetoothを待ち受け状態にして車に乗り込むと、ハンズフリー通話ができる」(説明員)。通話品質は「同乗者と会話しているのと同じような感覚」(説明員)だという。

sa_bt1.jpg
 左がFS258。待ち受け時間240時間、連続通話時間8時間。右がBLUETREK G2。待ち受け時間400時間、連続通話時間9時間。BLUETREK G2は、KDDI専用のファームウェアが入っている。「いったんBluetoothエリアを離れて戻ってきたとき、普通は再リンクするのに若干時間がかかるが、(ファームウェアが入っている)BLUETREK G2は、すぐ再リンクされる」(説明員)

 ヘッドセットはJABRAの「FS258」とInnovi Tecnologiesの「BLUETREK G2」が展示された。BLUETREK G2は、「8月に1万3000円前後で発売される予定」(説明員)。

バーコードリーダーやプリンタも

 Bluetooth対応のバーコードリーダーやモバイルプリンタ、アノトペン(2001年4月の記事参照)とA5504Tをつなぐデモも行われた。これらはBREWアプリと連携させた企業向けソリューションの提案だ。

 「Bluetooth対応バーコードリーダーは、端末をポケットに入れたまま読み取ったデータを端末内に送り込める。コードを読み取って数量を入れれば発注処理が可能」(説明員)

sa_bt80.jpg
 左はBREWアプリの受発注ソフト。プリンタアプリで印刷するプリンタを選んで印刷する


sa_bt70.jpg
 Bluetooth対応のバーコードリーダーで読み取ったデータをA5504T内のBREWアプリに転送


sa_bt99.jpg
 Bluetoothを内蔵したアノトペンを使ったデモも。専用の用紙に書いた手書きデータがアノトペンからケータイに送られ、パケット通信でアプリケーションサーバに送信される。アプリケーションサーバでJPEG画像に変換されたデータが携帯電話に送られる

 Bluetooth端末を使った法人向けソリューション開発は、「まだ始まったばかり」だとKDDI。まずは用途を提案し、反応を見ながら進めるとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.