ニュース
» 2005年01月31日 16時31分 UPDATE

テレビを見るための“360°回転ヒンジ”搭載〜「V603T」

折りたたみ型の端末を開いてサイドボタンを押すと、液晶部が底面まで回転する──。「V603T」は、テレビを見るための新しい形を採り入れた端末だ

[ITmedia]

 ボーダフォンは、アナログテレビとFMラジオチューナーを内蔵した東芝製端末「V603T」を発表した。2月中旬以降発売予定だ。

sa_t1.jpg
 ツートンカラーの「V603T」。ボディにはアルミ調の塗装が施されている。ボディカラーはブラック&シルバー、ピンク&ピンク、ネイビー&グリーンの3色

 パケット通信に対応したPDC端末で、2004年夏モデルからの新機能となる着うた(2004年5月の記事参照)や256KアプリVer.2(2004年5月の記事参照)、ムービー変装(2004年5月の記事参照)、ケータイカラオケ V-kara(2004年5月の記事参照)などの機能に対応する。

 カメラは130万画素CMOSを搭載。メイン液晶には2.4インチの大型QVGA液晶を装備した。

sa_t2.jpg
 メインターゲットはティーン層。ダイヤルキーを大きくして文字を入力しやすくした


sa_t6.jpg
 カメラの脇には撮影補助用ライトと着信ランプを兼ねるライトを装備。ちょっと面白い光り方だ


sa_t25.jpg
 メニュー画面もボディカラーに合わせたポップなものだ

液晶部が360°回転〜テレビのために生まれた「TVビュースタイル」

 テレビチューナーの内蔵に伴い、液晶部が通常の180°ではなく360°回転する新機構を採り入れたのが特徴。普通に携帯を開き、端末サイドにあるボタンを押しながら端末を開くと、液晶部がさらに180°回転。液晶部とダイヤル面がそれぞれ表と裏になった状態まで開くと、テレビが自動的に起動する。

sa_t20.jpg
 一般的な折りたたみ端末のように開いた状態でヒンジ部にあるボタンを押すと(左)、液晶部が“えびぞる”ように回転し(中)、コンパクトな形になる(右)。このとき、上面に液晶画面、底面にダイヤルキーがくる

 この状態で動作するのは、ボリューム調整やチャンネル切り替えを行う上下サイドキー、テレビ閲覧中の各種動作を呼び出す「TVキー」、ダイヤルキー面にある決定キー。テレビの閲覧中に決定キーを押すと、テレビ画面の静止画をキャプチャできる。

sa_t5.jpg
 端末右側面には、短押しでチャンネル変更、長押しでボリューム調整を行える上下キーとTVキーを装備


sa_t10.jpg
 液晶部を回転させてテレビを閲覧しているときに「TVキー」を押すと、EPG(Javaアプリを使った電子番組表)の呼び出しやFMラジオへの切り替えなどが行えるTVメニューにアクセスできる

 テレビ番組の録画や静止画キャプチャにも対応。付属の巻き取り式イヤホンアンテナはアンテナ機能を兼ねており、安定した感度を確保できる。

 これまでにない新機構を採用したのは「1つの動作でテレビを起動させたかったから」(説明員)。「回転機構とそれに伴うテレビの一発起動、リールイヤホン、横置きの充電台──。テレビを見るための特徴を総称して“TVビュースタイル”と名付けている」(同)

sa_t8.jpg
 端末に付属する巻き取り式イヤホン(左)。東芝のテレビ端末「V401T」での動作は確認しているが、それ以外の端末で動くかどうかは未確認だと説明員。卓上ホルダーは、テレビの閲覧を考慮したスタイル。端末を斜めに傾けた状態で横置きできる。なおテレビの閲覧は、普通に折りたたみ端末を開いた状態でも、液晶部を360°回転させた状態でも閲覧可能だ

 テレビ閲覧時に、通話やメールを取り逃さない工夫もなされている。「音声が最優先され、テレビやラジオは中断される」(説明員)。なお通話終了後は待ち受け画面に戻るので、テレビを起動し直すことになる。

sa_t11.jpg
 テレビ閲覧中のメール着信は、利用シーンに合わせた各種割り込み設定が可能だ

 東芝製のテレビチューナー内蔵端末は、「V401T」に続く2モデル目となる(2004年4月の記事参照)

sa_t35.jpg
 V401Tでは、横向き画面での閲覧時にチャンネルを切り替えた際、どのチャンネルなのかが表示されなかったが、V603Tでは表示されるようになった。ボリューム調整の表示にも対応

採点機能付きのケータイカラオケ

 エンタテインメント機能が充実しているのもV603Tの特徴。ケータイカラオケ V-karaには、歌い終わると得点が表示される採点機能を新たに用意した。カラオケデータと一緒に採点基準となるデータがダウンロードされ、それに基づいて点数が表示されるという。

 3Dゲームは、東芝製グラフィックエンジン「T4G」の搭載により、スムーズな動きで遊ぶことが可能。付属のビデオ出力ケーブルでテレビと端末をつなぐと、カラオケや256KアプリVer.2をテレビの大きな画面に出力して楽しめる。

 「V601T」(2004年5月の記事参照)「nudio」(2004年10月の記事参照)などの従来機種に装備された、着うたプレイヤーや音声認識対応の「くーまん」、国語・和英・英和辞書機能も引き続き搭載している。

sa_t30.jpg
 底面もツートンカラー。TVビュースタイルでは、底面がダイヤルキー面になるが、決定キー以外はロックされ動作しない


端末名 V603T
サイズ 50×103×25ミリ
重さ 142グラム
連続通話時間 120分
連続待受時間 380時間
カメラ 131万画素COMS
メインディスプレイ 2.4インチTFT(QVGA)
サブディスプレイ 1.1インチTFCC(112×112ピクセル)
着うた
ケータイカラオケ
ムービー変装
Vアプリ 256K Ver2対応
通信速度 下り28.8Kbps(パケット)
ボディカラー ピンク&ピンク、ブラック&シルバー、ネイビー&グリーン
発売予定 2月中旬


新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.