ニュース
» 2005年03月10日 12時34分 UPDATE

欧州でモバイルTVの規格戦争?

CeBITで披露されるモバイルTVサービスは、韓国メーカーの支持するDMBと、NokiaやNECが推すDVB-Hの2つの規格に分かれている。これら規格の対立が市場の分断をもたらす可能性も。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 まずは朗報。CeBIT来場者には、2つの競合する規格を使った新型携帯電話でTV放送を視聴する機会がある。そして残念なお知らせ。この2つの規格は、欧州のモバイルTVサービス市場を分裂へと導くかもしれない。

 Deutsche Telekomは同展示会で、Samsung Electronics製携帯電話でモバイルTVをデモする予定だ。この端末はDMB(Digital Media Broadcasting)フォーマットをベースとしている。DMBは、DAB(Digital Audio Broadcasting)規格から発展したもので、韓国のメーカーが推進している。LG Electronicsは昨年11月、DMBベースのモバイルTV携帯電話を初めて提供するメーカーとなった。

 そのすぐ近くでは、独キャリアVodafone D2がモバイルTVを展示するが、同社が使うのはSiemens製携帯電話のプロトタイプだ(関連記事参照)。この端末は、昨年11月に欧州通信規格協会(ETSI)で承認されたDVB-H規格を採用している。この規格は、Motorola、NEC、Nokia、Siemens、Sony Ericssonなど大手携帯電話メーカーの一部に支持されている。

 CeBITでのデモに先立ち、この2日間で多数のモバイルTV実験が発表されている。

 3月8日にはフィンランドのNokia、携帯キャリアのTeliaSonera、メディア企業Yleisradioが、DVB-H技術を基盤とするモバイルTVの実証実験を立ち上げた(3月9日の記事参照)。この実験では、ユーザーは特殊アンテナを装備したNokia 7710スマートフォンでCNN、BBC World、MTVなどのTV番組を多数視聴できる。

 7日にはFrance Telecomの携帯部門とBouyguesが、6月にNECのDVB-H端末を使ったモバイルTVの実証実験を開始すると発表した。その数時間後には、Societe Francaise de RadiotelephoneがNokia端末を使った独自の実験を発表した。

 しかし、欧州最大の通信サービス会社であるDeutche Telekomは別の方向に進もうとしているようだ。

 同社はCeBITで(DVB-Hと)競合するDMB規格のサービスを展示するばかりでなく、2006年にドイツで開かれるFIFAワールドカップサッカー大会の際に、DMBを使って携帯向けコンテンツを放送する計画を立てていると、同社傘下のITサービス・ネットワークインフラ企業T-Systems Internationalのコンラッド・レイスCEO(最高経営責任者)。

 ドイツの放送局は既に全国でDAB技術を導入している。「DMBフォーマットで放送するには、ちょっとしたアップグレードだけでいい」とT-Systemの事業開発担当上級コンサルタント、ジャン−デリウス・デロウド氏は話している。

 T-SystemはドイツのTV局に放送サービスを提供している2社のうちの1社。もう1社は公共放送のARDだ。

 T-Systemは現在、DMBベースのサービスをベルリンとCeBTI開催地のハノーバーで提供しており、間もなくシュトゥットガルトでもサービスを開始する予定だ。さらに同社は、ベルリンでDVB-Hの実験のための放送インフラサービスも提供しており、今年ミュンヘンに2つ目のテスト用ネットワークを構築する計画だ。

 「2つの規格のうちどちらを使うかは、放送局がコンテンツ提供元、携帯キャリア、端末メーカーと一緒に決めること。われわれはどちらの規格も提供できる」(デロウド氏)

 DABは欧州では広範に導入されていると同氏は言う。

 DVB-Hは、ドイツなどの欧州国家でアナログTVに代わって導入されているDVB-T(Digital Video Broadcast-Terrestrial)と同じ周波数を使うが、放送局はDVB-T地上波システム上に携帯向けのDVB-Hフォーマットを導入するために、幾らかのハードとソフトに投資しなくてはならないだろうと、SiemensのDVB-H端末担当プロジェクトマネジャー、マイケル・ハーニシュ氏は語る。

 同氏によれば、メーカーが両方の規格を採用した端末を作ることはなさそうだという。「そんなことをしたら端末が複雑になり、コストが上がるだけだ」

 ハーニシュ氏は、Deutche TelekomがCeBITでDMBデモを行うこと、同社が来年のワールドカップ時にDMBでモバイルTVサービスを提供する計画を立てていることは知らなかったとしている。「DVB-Hにはかなりの勢いがある。この技術の方が高品質な映像を提供することを私は理解している」

 CeBITが正式に開幕する9日には、ハーニシュ氏はDeutche Telekomのデモを見て、どちらのフォーマットの画質が高いかを確かめることができるだろう。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.