ニュース
» 2005年03月10日 19時24分 UPDATE

航空写真でルート案内〜「NAVITIME」に新機能

携帯で航空写真をチェックできる機能が、NAVITIMEに追加された。航空写真の上に重なるように、道案内のルートやスポット名称が表示される。

[斎藤健二,ITmedia]

 ナビタイムジャパンは3月10日、ルート検索サービス「NAVITIME」に航空写真表示サービスを追加した。対応機種はドコモのFOMA 900iおよび901iシリーズで、500Kアプリとして利用する。NAVITIME会員ユーザーは、追加料金なしで利用できる。

navi1.jpg

 従来の地図に加え、航空写真上でも、徒歩や車でのルートを確認できるのが特徴。「市街地図1」と同サイズ、250メートル四方の写真が閲覧でき、2段階の拡大・縮小や回転が行える。

 「ルート付近の建物の形状や風景がよりリアルに分かりやすくなり、目印となる建物のない場所でも、迷わず目的地まで行けるようになる」(ナビタイム)

 航空写真はデジタル・アース・テクノロジ提供のオルソフォトデータを使った。オルソフォトデータとは、カメラの傾きなどの歪みを補正して、地図と同様に正射投影した写真。

 NAVITIMEが通常使うベクタデータとは違い、航空写真はビットマップを使うため、ダウンロード容量が大きい。「パケットパックなしのFOMAの場合で、航空写真1枚当たり約80円」(ナビタイム)。同社は今回のサービスを、パケ・ホーダイ加入者のみを対象としている。

navi.jpg サービスイメージ。航空写真に重なるようにルートが表示される。スポット名称も表示される

 なお、ドコモ以外の端末からの利用については未定。「技術的には可能だが、タイミングを含めて前向きに検討している」(ナビタイム)

 NAVITIMEサービスのアクセス方法は、「メニューリスト」−「交通/地図/旅行」−「ルート検索」。料金は渋滞情報ありが315円、なしが210円。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.