ニュース
» 2005年04月04日 18時43分 UPDATE

ソフトバンク、北海道大学とTD-CDMAの実験

ソフトバンクは北海道大学と協力して、TD-CDMA方式の通信技術の実証実験を行う。高速データ通信サービス提供をにらみ、データ収集を行う。

[杉浦正武,ITmedia]

 ソフトバンクは北海道大学と協力して、TD-CDMA方式の通信技術の実証実験を行う。大学構内で2GHz帯対応のPCカード型端末を利用し、1年間にわたりデータ収集を行う。

 同社は以前、携帯事業参入を検討する過程でCDMA2000方式とTD-CDMA方式の技術比較を行っていた。その結果、CDMA2000のようなFDD方式のCDMA技術を採用して参入する考えがあることを発表した経緯がある(2004年12月27日の記事参照)

 「当時は、音声用としてTD-CDMAを検討していた。今回は“高速データ通信用”として実験を行う」(ソフトバンク広報)。寒冷地で積雪がある中、どれほど電波が到達するかなどを調べる狙いという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.