ニュース
» 2005年04月26日 09時57分 UPDATE

無料フルブラウザ「サイトスニーカー」β版公開開始

「使いやすさ」をキーワードに、フリーで配布される「サイトスニーカー」が登場した。正式版公開後も無料で配布される予定。β版期間中は、ブログへのトラックバックなどで開発リクエストを受け付ける。

[吉岡綾乃,ITmedia]

 ユビキタスエンターテイメントは、PC用のWebサイトが閲覧できるフルブラウザ「サイトスニーカー」のβ版を公開した。「PCユーザーにとって最も使いやすい携帯向けフルブラウザの実現」を目標に、β期間中は開発ブログを開き、テスターからのリクエストをメールやトラックバックで受け付ける。なお正式版は8月にリリース予定で、β版、正式版ともに無料で利用できる。

 サイトスニーカーは、HTML3.2に準拠したiアプリのフルブラウザで、アプリ容量は17Kバイト、キャッシュ用のスクラッチパッドが150KB。CSS、JavaScriptやFLASH、SSLなどには対応していないが、ニュースサイトやブログなど、CSSを使ったサイトも見られる。HTMLデータをそのまま携帯に送らずに、いったんサーバー側で閲覧したいサイトを解析し、レイアウトやテキスト、画像データをデータを圧縮して携帯に送る仕組みになっている。

 横800ピクセル表示が標準で、そのほか横240ピクセル/1024ピクセル表示も用意。同じキーを押し続けるだけで気楽にサイトを見られるオペレーションが特徴で、「6」キーを押し続けるとページが2分の1ずつ右にスクロールし、右端まで行くと下の段の左端に移動、また右へスクロール……という操作だけでサイトを閲覧できる。方向キーや「2」「4」「6」「8」キーでページ内の移動を行えるほか、最大27件のブックマーク機能、Webページの画面キャプチャ機能、iモードサイトへのジャンプ、携帯内蔵のメールソフトへの連携機能などを備える。

ay_ss.jpg

 携帯向けのフルブラウザとしては、jig.jpの「jigブラウザ」や、プログラマーズファクトリの「Scope」などがあるが、サイトスニーカーでは「機能はシンプルだが、スピード、使いやすさを重視しており、実用性重視のブラウザになっている。見られないサイトがあったときは、個別に対応するので、開発ブログへ知らせてほしい」(ユビキタスエンターテイメント)

http://pease.jp/

 βテストの申し込みは、http://pease.jp/から。対応機種は、FOMA 700i/900i/901iシリーズ、ムーバ505i/506iシリーズとなる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.