ニュース
» 2005年07月11日 16時05分 UPDATE

KDDIも「おサイフケータイ」──au版モバイルSuica正式発表

KDDIは9月に「EZ FeliCa」対応端末を発売、「おサイフケータイ」の愛称でプロモーション展開することを発表した。モバイルSuicaにも、2006年1月のサービス開始時から対応する。

[ITmedia]

 KDDIは、au携帯電話にFeliCaチップを搭載した「EZ FeliCa」サービスを9月から開始すると発表した。9月に対応端末「W32S」「W32H」を発売し、新機種リリースと同時にサービスを開始する(7月11日の記事参照)

Photo FeliCa対応端末も披露された(左から、KDDI小野寺正社長、Suicaのイメージキャラクター西原亜希さん、東日本旅客鉄道社長の大塚陸毅氏)

 BREWアプリを利用し、交通関連サービスや電子マネー、会員証といった各種サービスを利用可能にする。サービスのプロモーションにあたり、既にドコモが利用しているサービスマーク「おサイフケータイ」を利用するという。

Photo

 メインメニューに「EZ FeliCa」アイコンが用意され、容易に操作できるイメージ。 携帯のディスプレイを活用して、履歴情報参照や残高確認が可能なほか、ネットワーク通信でオンラインチャージなども行える。

モバイルSuicaも

 KDDIとJR東日本は同日、2006年1月のサービス開始を予定している「モバイルSuica」の普及に向け提携したことを発表した。1月のモバイルSuica開始と同時に、EZ FeliCa対応機でサービスを利用可能にする。

 EZ FeliCa対応端末を用いたモバイルSuicaのフィールドテストも、2005年秋から開始する。両社で連携して「駅ナカと街ナカをつなげるユーザーフレンドリーなサービス」(KDDI)を実現するとうたう。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.