ニュース
» 2005年07月29日 22時39分 UPDATE

数字で見るドコモの現状──音声ARPUが向上

前四半期に対して、MOUが上昇。FOMAへの移行が急速に進んでいるためと見られる。パケ・ホーダイ契約率なども示された。

[斎藤健二,ITmedia]

 2004年から続けてきた、「お客様重視」をうたうドコモの戦略は、どのように実を結びつつあるのか。7月29日の2006年3月期第1四半期決算発表で示された数字を元に見ていきたい。

MOUが上昇──ARPUも持ちこたえる

 今回の決算発表で興味深いのは、MOU(1契約あたり月間平均通話時間)が、前四半期に対して上昇したことだ。対前年同期比では3分減少したが、前四半期と比べると9分増加している。

suuji1.jpg

 MOUの増加により、音声ARPUも5120円となった。これは前年同期比で330円減、前四半期から見ると30円増だ。もっとも、今回からこれまで別立てだった国際関連分ARPU30円が入っているため、“持ちこたえた”というのが近い。「MOUが伸びたのは初めて。ARPUが持ちこたえたのはMOUの影響があるのは確か」(中村維夫社長)

 MOUの増加原因の詳細は不明だが、FOMA契約数増加が理由の1つと見られる。ムーバのMOUが120分程度なのに対し、FOMAは200分を超える高いMOUを持っているからだ。

パケ・ホーダイ、契約率は24%

 パケット定額サービス「パケ・ホーダイ」の契約者数は6月末時点で約330万(前四半期から60万増)と伸びてきている。FOMA内の契約比率は24%。ただし、新規契約者のパケ・ホーダイ契約比率を見ると約40%で推移している。

suuji2.jpg

FOMAプラスエリアの基地局は、全体の3%

 FOMA 901iSシリーズから対応が始まった「FOMAプラスエリア」。従来の2GHz帯に加え800MHz帯も使うことで主に山間部のエリアを広げる仕組みだ(6月24日の記事参照)。ドコモによると、FOMAプラスエリア向けの基地局は約700局で、全体の約3%に当たるという。

suuji3.jpg

電池パック無償交換──38万件の利用

 ドコモは2月22日から、2年以上同一端末を使ったユーザーに新品電池パックの無償提供を始めている(1月31日の記事参照)。これが好評だ。

 これまでの利用件数は約38万件。関東甲信越地区のアンケートによると、「満足」「たいへん満足」と答えたユーザーが95%に上る。「端末取り替え率の減少に効いている」とドコモの中村維夫社長。端末の取り替え(機種変更)が増えると、連動して端末調達コストなども増えるため、同じ端末を使い続けてもらうのが、キャリアとしてはありがたい。

suuji4.jpg

解約率、過去最低の0.8%に

 次第に低下してきた解約率だが、ここにきてついに過去最低の0.8%に達した。「特に若年層の解約率低下が、全体の低下に大きく寄与してきている」(中村氏)

 解約率の低下により、新規端末販売台数が低下しても、純増数は増えるという結果になった。「新規の販売台数は18万台落ちた。にも関わらず、解約率が下がったので、純増数は10万契約増えた」(中村氏)

suuji5.jpg

「N900iG」販売台数は4万台

 海外での利用を促進する、グローバル事業の進展はどうか。FOMAの国際ローミングサービス「WORLD WING」は約620万契約に達しており、FOMAユーザーの40%以上が契約済みだ。また、GSMとのデュアルモード端末である「N900iG」(1月19日の記事参照)はこれまでに約4万台が販売されたという。

suuji6.jpg

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.