ニュース
» 2005年10月27日 18時41分 UPDATE

PT/Wireless&Networks Comm China 2005:スマートフォンから音楽版小霊通まで、気になる中国最新端末

Windows Mobile端末から進化する小霊通まで、中国メーカーの最新端末をリポートしよう。

[山根康宏,ITmedia]

 北京で開催された中国最大規模の通信・設備関連の展示会「PT/Wireless&Networks Comm China 2005」(PT Comm 2005)(10月21日の記事参照)。中国メーカーのW-CDMA市場参入もトピックだったが(10月25日の記事参照)、それ以外にもスマートフォンや、中国版PHSこと“小霊通”の最新機種など中国メーカー発の注目端末が複数見られた。

Windows Mobile 5.0搭載Pocket PC Phoneが登場

 LenovoとAmoiからは、Windows Mobile 5.0を搭載したGSM方式のスマートフォンが早くも展示されていた。Lenovo「ET980」はオーソドックスなPDAスタイル。2.4インチのディスプレイは解像度320×240ピクセルで、背面に400万画素のCCDカメラを備えている。入力はタッチスクリーンのほか、取り外し可能なフリップ式のダイヤルキーパッドを装着することでキー入力にも対応。発売は11月で、価格はRMB 8000前後(約12万円)の予定だ。

 Amoiの「E800」はストレート型ながら、横から開くとQWERTY配列のフルキーボードが現れるというNokia「Communicator」に似たスタイル。こちらもメインディスプレイは2.4インチ、320×240ピクセルのタッチスクリーンを搭載した。外部ディスプレイは、1.1インチ約6万5000色の有機ELとのこと。外部拡張はUSB/Bluetooth/microSDカードで、カメラはCCD 200万画素となっている。来年1月頃発売予定で、RMB 5000前後(約7万円)の予定。

ms_pic_bj05_01.jpg Lenovo ET980。本体は若干厚みがある。miniSDカードスロットを側面に備える
ms_pic_bj05_02.jpg Amoi E800は手のひらサイズのフルキーボード端末。閉じるとストレートタイプの端末として利用可能。液晶左右はステレオスピーカー

機能やデザインが進化する小霊通

 中国版PHSである小霊通も、多数の新機種が展示されていた。ハイスペック端末やおしゃれ端末など、バリエーションも豊富になってきている。

 小霊通の展示が一番にぎわっていたのはOK WAPブース。同社のイチ押し最新機種は“MP3小霊通”こと「OK818」だ。内蔵メモリは128Mバイトまたは256Mバイトで、ステレオヘッドフォンジャックを備えている。小霊通版SIMカードといえるPIMカードに対応しているが、PIMカードなしでも音楽プレーヤーとして利用することが可能だ。ここまで本格的に音楽再生に対応した小霊通はOK818が初めてで、会場でもステレオスピーカーを接続して音楽機能を大きくアピールしていた。また同社では約6万5000色液晶を採用した「OK616」、台湾で発売中のGSM/PHSデュアルモード対応端末「PG900」など多数の端末が展示されていた。

ms_pic_bj05_03.jpg OK WAPは多数の最新小霊通端末を展示
ms_pic_bj05_04.jpg (左)OK818は、ヘッドフォンを接続できるMP3プレーヤーが小霊通と合体した端末(中)OK616は約6万5000色液晶で、待受画面もきれいに表示できる(右)台湾で発売中のPHS/GSMデュアル対応PG900。中国では発売されていない参考出品だが、来訪者の反応も上々だった

 中国小霊通のトップメーカーであるUT Starcomブースには、さすがに興味深い端末が展示されていた。「PW200」はなんと、W-CDMAと小霊通に対応したデュアルモード端末。W-CDMA用のSIMカードスロットと小霊通用のPIMカードスロットの2つを備え、両者の同時待ち受けも可能とのこと。中国国内向けに発売予定であり、発売時期は中国の3G開始スケジュール次第とのことだった。中国では小霊通/GSMのデュアルモード端末の登場が噂されているが、3Gの開始時期によってはこのPW200のような小霊通/3Gデュアル端末が多数市場に登場する可能性もあるだろう。

 また同社は高級感あるカラーリングに約6万5000色液晶を搭載したスライド式の「UT660」や、「女性のアクセサリ」(同社説明員)のイメージを出した「UT229」なども展示していた。

ms_pic_bj05_05.jpg (左)UT StarcomのPW200。W-CDMAと小霊通のデュアルモードに対応しているが、GSMは非対応。背面の電池を外すとSIM/PIMカードスロットが2つ備わっているが、写真撮影は不可とのことだった。(中)UT660。なにやら最近のSamsung製端末と似たようなカラーリングだが、ツヤ消しのボディーに約6万5000色液晶と高級感がある。(右)UT229はモノクロ液晶で価格を抑えながらも、筐体のデザインで大人の女性にアピールする端末

 Amoiはスタイリッシュデザインの小霊通を展示。いずれも同社のGSM/CDMAケータイの筐体を流用したものだが、小霊通は「いかにも低価格」なデザインの端末が多かっただけに、携帯電話と同等のデザインの端末の登場はユーザーに歓迎されるだろう。

ms_pic_bj05_06.jpg (左)Amoi「Q350」は“ファッション小霊通”。ポリカーボネート素材風の白と黒のツートンカラーがファッショナブル。(中・右)「S316」はスライド式。青いバックライトや有機ELディスプレイがサイバーな雰囲気を出している

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.