ニュース
» 2006年03月24日 15時53分 UPDATE

「1.7GHz帯は返上すべき」35%――ITmedia調査

議論が続くソフトバンクの「電波二重取り」問題。ITmedia読者を対象に実施したアンケートでは、1.7GHz帯を「返上すべき」が「返上しなくてもよい」を上回った。

[杉浦正武,ITmedia]

 ソフトバンクがボーダフォンを買収することに伴い、ソフトバンクが新規事業者として割り当てられた1.7GHz帯を返上すべきかが問われている問題で(3月6日の記事参照)、ITmediaは独自に誌上アンケートを実施した。結果、「返上すべき」と考えているユーザーが34.9%で「返上しなくてもよい」を上回った。

Photo

 最も多いのは「よく分からない/もう少し議論を尽くすべき」で、全体の39.4%を占める。「返上しなくてもよい」は25.2%で、「すぐに返上すべき」を下回った。また、回答者の属性別に集計し直したところ、ボーダフォン端末非所有者に限れば「すぐに返上すべき」が49.3%で、ほぼ半数に達している。

Photo

 自由記述を見ると、ソフトバンクに批判的な意見が目に付く。「1.7GHz帯はすぐ返上すべき。もう新規参入業者とはいえない(20歳〜24歳、ドコモユーザー)」「公正を標榜してきた孫さんとしては、行動の一貫性から1.7GHzはすぐに返上すべきだと思う(40歳以上、auユーザー)」

 「もともとボーダフォンを買収するつもりで1.7GHzを取ったんじゃないんだろうか?(30〜34歳、au/ウィルコムユーザー)」という、ややうがった見方をする回答もあった。

 一方で、「1.7GHz帯は返上せず有効に使って、国とも戦って携帯事業の革命を起こして下さい(30〜34歳、ドコモ/au/ボーダフォンユーザー)」という声も見られた。また1.7GHz帯は最終的にイー・アクセスに渡すのが公正競争上望ましいと考えるユーザーも複数いた。

 「1.7GHz帯は絶対に返上すべき。イー・アクセスとは、ある意味共闘すべきではないか。ソフトバンクが戦うべきはドコモやauであって、新規弱小ではないはず(25〜29歳、auユーザー)」「電波が足りないなら使ってもいいと思うが、個人的には返上せずにイー・アクセスに譲渡してほしい(35〜39歳、ドコモユーザー)」

 調査は3月20日から22日にかけて、ITmediaの読者を対象に誌上アンケートの形式で行ったもの。回答総数は3044件で、回答者の平均年齢は29.1歳だった。なお、回答者の属性をキャリア別に見ると、ドコモユーザーが28.5%、auユーザーが24.9%、ボーダフォンユーザーが56.9%。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.