ニュース
» 2006年10月12日 14時13分 UPDATE

折りたたみスタイルと横画面表示を両立させたスイングスタイル携帯――「F903i」

富士通製の「F903i」は、折りたたみの使いやすさと横長画面の利便性を両立させた「スイングスタイル」を採用したハイエンドFOMA。音楽再生はWMAと着うたフルに対応する。

[ITmedia]

 富士通製の「F903i」は、折りたたみの使いやすさと横長画面の利便性を両立させた「スイングスタイル」を採用したハイエンドFOMA。ディスプレイ部分が左右90度に“スイング”するのが特徴だ。

photo

 最大の特徴は、端末を開いた状態でも閉じた状態でも、ディスプレイ部が左右に90度回転するスイングスタイルボディ。縦横両方の画面で利用できるだけでなく、左右スイングの動作にそれぞれ、特定の機能を割り当てることができる。待ち受け画面からスイングしてカメラやiアプリを起動したり、メール作成中にスイングしてデコメール用の画像や定型文を選択・貼り付けたりといった使い方ができる。

 定評のある指紋認証機能も強化が図られた。F902iSに引き続き、指紋だけで認証できるモードやパスワードを一元管理する機能を持っているほか、おサイフケータイ対応のサービスごとにロックをかけられるICカードロック機能も搭載している。

 音楽再生機能は、AACとWMA(Windows Media Audio形式)形式に対応するほか、着うたフルも楽しめる。PC側でWindows Media Playerを使って管理している曲や、定額聴き放題の音楽配信サービス「Napster」の楽曲を転送することもできる。Windows Media PlayerはWindowsマシンであればプリインストールされているので、新たにソフトをインストールすることなく簡単に利用できるのがメリットだ。なおプレイリストは、着うたフルとWMAの楽曲を混在させた形で作成できる。

 カメラはオートフォーカス付きの320万画素CMOSセンサを搭載。静止画・動画手ぶれ補正機能も利用できる。

 日本語入力はF902iSと同様にATOK+APOTを採用した。また、PC向けサイトを閲覧できるフルブラウザを搭載した。

機種名 F903i
サイズ(幅×高さ×厚み) 50×102×24ミリ
重さ 131グラム
連続通話時間 約160分(テレビ電話:約100分)
連続待受時間 約500時間(静止時)、約360時間(移動時)
アウトカメラ AF対応の320万画素CMOS
インカメラ 11万画素CMOS
外部メモリ microSD
メインディスプレイ 2.4インチ約26万2114色TFT液晶(240×320ピクセル)
サブディスプレイ
ボディカラー Rosso、Nero、Bianco、Cobalt

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.