ニュース
» 2007年01月16日 12時25分 UPDATE

ヒンジ部に操作キーを配した、厚さ20ミリの薄型ワンセグ端末──「W51K」

「W51K」は、厚さ20ミリのボディにワンセグを搭載した京セラ製のWIN端末だ。回転2軸ボディのヒンジ部に、ワンセグや音楽の操作に便利な「フロントメディアキー」を搭載している。

[園部修,ITmedia]

 ワンセグ搭載端末が多数ラインアップされたauの2007年春モデルの中でも、特にスリムなワンセグケータイが京セラのWIN端末「W51K」だ。回転2軸ボディは、折りたたんだ状態で厚さが20ミリに抑えられている。

Photo ワンセグを搭載しながら、ボディの厚さは20ミリに抑えられているW51K。ボディカラーは、ミラーオレンジ、シアノブルー、メタルシルバーの3色で、カラー蒸着技術による金属質な外観が特徴だ

 ワンセグ機能は最長約4時間20分の連続視聴時間を確保しており、外部メモリへの録画も可能だ。背面のヒンジ付近には4つのキーを備えており、ワンセグ視聴時にはチャンネルの切り替えや字幕のオン/オフ、音楽再生時には再生/停止や曲送り、曲戻しなどの操作が簡単に行える。スライド式イヤフォン端子カバーや高音質化技術「BBE M3」を採用するのは「W43K」譲りだ。

 ディスプレイにはワイドQVGA表示に対応した2.7インチ液晶を採用した。また背面には有機ELサブディスプレイを搭載しており、日付や時計を表示するほか、EZニュースフラッシュのテロップを表示したり、音楽再生時に楽曲情報やアーティスト名を表示したりできる。

 カメラはオートフォーカス付きの2メガピクセルCMOSを搭載。EZ FeliCaも搭載しており、ハイエンド機に迫る機能が用意されている。

 標準添付される充電台は、京セラ製端末ではおなじみのサブウーファー内蔵タイプ。ワンセグが見やすいよう、端末が斜めにセットでき、テレビ音声の低域が強化されるほか、音楽再生時にも豊かな低音を楽しめる。


機種名 W51K
サイズ(幅×高さ×厚み) 50×103×20(最厚部24)ミリ
重さ 約131グラム
連続通話時間 約230分
連続待受時間 約270時間
カメラ オートフォーカス付き有効201万画素CMOS
外部メモリ microSD(別売り/最大2Gバイト)
メインディスプレイ 2.7インチワイドTFT液晶(240×400ピクセル)
サブディスプレイ 1.57インチ白色有機EL(180×18ピクセル)
ボディカラー ミラーオレンジ、シアノブルー、メタルシルバー

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう