ニュース
» 2007年05月08日 20時25分 UPDATE

「707SC II」の“ここ”が知りたい(1):HTMLファイルを表示できるか――「707SC II」

HSDPAネットワーク「3Gハイスピード」に対応した「707SC II」は、厚さわずか約11.9ミリの薄型端末「707SC」のマイナーチェンジモデルだ。今回は音楽再生機能などをチェックした。

[田中聡(至楽社),ITmedia]
photo 707SC IIの基本仕様は707SCと同じ。カラーはブラックとレッドの2色を用意する

質問:テキストファイルやHTMLファイルを表示できるのか

 「707SC II」はWord、Excel、PDF、PowerPointなどのドキュメントファイルを表示できるドキュメントビューアを搭載しているが、HTMLファイルも表示できるかという質問が寄せられた。707SC IIはPCサイトブラウザは搭載していないが、試しにHTMLファイルを送ったところ閲覧できた。テキストファイルもドキュメントビューアで閲覧可能だ。

photophoto (写真左)Internet Explorerからエクスポートしたブックマークのファイルも表示できた。各ブックマークにアクセスできるが、サイトによっては表示できなかった
(写真右)ドキュメントファイルやHTMLファイルを707SC IIに送るには、メール送信のほか、付属ソフト「Samsung PC Studio」の「Phone Explorer」から「Other Documents」フォルダへコピーしてもよい。なお、テキストファイルは添付メールからは開けなかった

質問:メディアプレーヤーの使い勝手はどうか

 707SC IIのメディアプレーヤーは、「708SC」や「709SC」のように待受画面からワンタッチで呼び出すことができないため、メインメニューから起動する。707SC IIは外部メモリには非対応なので、Samsung PC Studioの「Multimedia Manager」を使用して、120Mバイトの内蔵メモリに音楽を転送することになる。

 Bluetoothにも対応し、ワイヤレスで音楽が再生できる。アーティスト名を表示する方法は708SCと同様で(4月26日の記事参照)、Multimedia Managerでタグ情報を取得するか、リッピングしたMP3ファイルを拡張子「.m4a」に変換することで表示できる。このほか、基本的な使い勝手は708SCと変わらない。

photophoto (写真左)音楽再生中に本体を閉じると、曲名とアーティスト名がサブディスプレイに表示される。サイドキーでは音量調節を行える
(写真右)スピーカーは受話口に搭載されているので、本体を閉じるとやや音がこもってしまう

質問:ダイヤルキーのバックライトの色は?

photo 暗闇でもキーの視認性は問題ない。十字キーは左右キーのみが点灯する

 707SC IIのキーバックライトはホワイトで、キーの文字やアイコンそのものが光る仕様だ。キーによってムラが出るといったこともなく、どのキーも一定の明るさで点灯する。なお、ダイヤルキーはフラットなシートキーを採用している。

質問:ポケベル入力はできるか

 文字入力方式に「ポケベル入力」はあるかという質問が寄せられたが、707SC IIには残念ながらポケベル入力はない。通常のかな入力のみとなる。

 日本語入力は予測変換と連携予測に対応し、予測変換候補の選択は上下左右にカーソルが移動するタイプを採用する。入力後に「英数カナ」を選べば、英数カナをダイレクトに変換可能だ。月、日、時、分など単位込みの変換候補も表示される。

photophoto

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.