ニュース
» 2007年09月07日 21時47分 UPDATE

MCPCモバイルソリューションフェア2007:板前さんは“すし”だけでなく「W-ZERO3」も握る――「築地寿司岩」

全国に江戸前寿司「築地寿司岩」など30店舗以上の和食店を展開する壽司岩。電話とFAXによる煩雑な売り上げ報告や非効率な店舗管理を改善するため、「W-ZERO3」の導入に踏み切った。

[平賀洋一,ITmedia]
photo 壽司岩 取締役執行役員管理本部長の西谷清二郎氏

 青山・TEPIAで開催された「MCPCモバイルソリューションフェア2007」。会場では中堅、中小企業向けのモバイル導入セミナーが行われ、チェーンのすし店が「W-ZERO3」を導入し、業務改善を行った事例も紹介された。

 「W-ZERO3で全国30数店舗の日報管理を効率化」と題した講演を行ったのは、壽司岩の取締役執行役員管理本部長の西谷清二郎氏。壽司岩は、1921年に“寿司岩”の屋号で創業した老舗すし店で、現在は江戸前寿司「築地寿司岩」を中心に、30以上の店舗を全国に持つ。およそIT化とはかけ離れた存在とも思える老舗すし店が、W-ZERO3を導入した経緯とはどんなものだったのだろうか。

 「約10年前まで各店舗からの売り上げ報告を電話で行い、7〜8年ほど前にはFAXによる報告も導入した。しかし、報告のタイミングが店舗ごとに違ううえ、中には報告しない店舗もあった。聞き取りミスや記入ミスもたびたび起き、報告内容も売り上げのみで、利益については月次で集計しないと分からないという状態だった。そのため、売り上げ対策が常に後手後手に回る悪循環になっていた」(西谷氏)

photophoto 電話とFAXによる非効率な店舗管理から、W-ZERO3と内蔵アプリのみの管理へと転換。コストはできるだけかけずに行ったという

 こうした状況から、各店舗共通の販売管理システム導入が検討された。しかし、デパートなどにテナントとして店舗を構える場合、デパート側が指定するPOSレジを使う必要があったりしてレジの共通化はできない。PCを利用した端末を置こうにも、狭い店舗の中に新たなスペースはなく、自由に回線を引けない場所もあった。なんらかのモバイル端末を使うしかないと考え始めたころ、とある携帯電話キャリアとウィルコムから、スマートフォン導入の提案を受けたという。

 「各店舗の電波状況や通信・通話の品質、月々のコストなどからウィルコムを選んだ。ウィルコム同士であれば通話料金は定額で、メールの送受信も定額。月々のコストが低く一定な点が良かった。また、ウィルコムの営業の方が、弊社の全店舗を訪ねて電波状況をチェックしてくれたのも大きい」(西谷氏)

 こうしてW-ZERO3を全店に導入することにした同社だが、肝心の業務アプリケーションを選定できずにいた。導入を決定した2006年春の時点で、要件を満たすソフトやASPサービスを見つけられず、また予算と時間の兼ね合いから新規に開発することもできない。そのため、W-ZERO3内蔵の「Excel Mobile」で日報を作成し、「メール」(Outlook互換)で本部に送信するという方法をとることにしたという。新たにサーバを用意する必要もなく、業務アプリの導入コストが0円で済む結果となった。

 「本部で作成した日報用のExcelフォームを各端末に送信して、月が変わるごとに報告をメールで送ってもらう。このフォームには売り上げのほか、時間帯別の客数や日々の原材料費、パートさんやアルバイトさんの勤務時間などを盛り込むことができた。これは電話やFAXではできなかったこと。ただ項目が増えたので、色で区別を付けるなど工夫している」(西谷氏)

 このフォームに入力すると、店舗家賃や販売管理費が控除され日々の利益が自動で計算される。また、日割り予算や前年実績なども表示されるため、各店長は日々の売り上げだけでなくコストや利益、その変動もチェックできるようになった。

 作成された日報は本部にメールで送信され、会社全体の実績表へと入力。これまでより迅速に、担当者や経営陣が実績を共有できるようになった。まさに、W-ZERO3のみで店舗管理を行っているのである。

板前さんとW-ZERO3

 当初店舗側からは、W-ZERO3を使うことへの強い拒否反応もあったという。西谷氏は「各店舗の店長は基本的に“板前”。仕事でPCやモバイル機器を使うことに縁がなく、興味を持ってもらい、受け入れてもらうまでは時間がかかった」と、当初の様子を振り返る。

 まず、「ディスプレイ」「テンキー」といった基本的な用語が分からないため、その説明から始まり、メールソフトの起動方法やExcelの入力方法をレクチャー。さまざまな理由を付けてW-ZERO3の利用に反対する店長には、影響力がある仲間の店長に説得してもらうなどして導入を進めた。また、西谷氏を初めとする本部スタッフだけでなく、ウィルコムの営業担当者が何度もヘルプで店舗を訪れたほか、勉強会も数回開くなどし、2カ月後に何とか操作ができる状態になった。その後、スムーズに運用できるようになったのはさらに半年後で、新しい店長が生まれるとまた最初からレクチャーする必要があるという。

photophotophoto 各店長は、空き時間を使ってW-ZERO3へ日報を入力し、本部へ送信。PHS同士であれば通話は定額のため、店舗間の内線電話としても機能している

 「導入してみて気が付いたのは、板前さんはキーボードを使わず画面上のソフトキーボードで文字を入力すること。スタイラスのみでダーっと入力していく。そしてそのスタイラスを良く紛失する。出しっぱなしにしてなくすので、その場にあるボールペンで入力して穴だらけにしてしまう。これから店舗管理でW-ZERO3を導入する企業さんは、最初から液晶保護シートを使うことをお勧めします」(西谷氏)

photo W-ZERO3の導入で効率的な店舗管理が可能になった。また、本部と店舗、店舗と店舗の連絡も密になったという

 店頭で板前として働く店長に、ある日降ってわいたW-ZERO3の存在。当初の拒否反応を乗り越え、今では店の実情を知るための重要なツールになった。西谷氏は「当初売り上げだけ追いかけていた現場の姿勢が、材料費や人件費の無駄を省き、利益重視になった。この効果は非常に大きい」と話す。また、PHS同士であれば定額で通話もできるため、店舗間をつなぐ内線電話としても活用されている。

 「本部と店舗、店舗と店舗の通話が定額になったので、以前より社内での会話が増えた。店長同士がW-ZERO3で仕事上の相談をしたり、お互いに励ましあう光景も見られる。板前というのは朝早くから夜遅くまで働く長時間労働。仲間同士の支え合いなどメンタルフォローが大切で、W-ZERO3はこうした役割も担っている」(西谷氏)

 スマートフォンを使った今後の構想としては、Webアプリケーションを使い本部サーバに直接入力するシステムや、バーコードリーダーを用いた勤怠管理/材料発注の実現、本部から各店舗におすすめメニューのPOPや新レシピを送信しプリンターで出力するといった構想もあるという。ただし、現在の通信速度では難しいことから、西谷氏は「ぜひウィルコムさんには、次世代PHSの開発に力を入れて欲しい」と、PHS高速化の要望を訴えて、講演を締めくくった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.