トップ10
» 2007年09月21日 21時43分 UPDATE

Mobile Weekly Top10:東京ゲームショウ2007で携帯3キャリアを盛り上げるお姉さんたち

東京ゲームショウ2007で、コンソールメーカーや大手ゲームソフトベンダーに負けぬ趣向を凝らしたブースを展開する携帯キャリア。もちろんお姉さんたちにも気合いが入っている。

[ITmedia]

 今週の記事でもっとも読者の注目を集めたのは、中高生の多くが「ケータイに振り回されている」と感じているという調査記事。1日に2〜5時間携帯電話を利用する彼らは、メールには即答するものの、つながりの浅い友達も多いと感じていたりと、なかなか悩みが絶えないようだ。10年前には考えられなかったことだが、今や携帯電話は生活の中にすっかり根付いており、若年ユーザーにも重要なコミュニケーションツールの1つとなっている。父親が出たらどうしようかと緊張しながら黒電話で電話をかけていた時代が懐かしい。

 そのほかドコモがPC向けの定額データプランを発表した記事も多くのアクセスを集めた。折しも電気通信事業者協会(TCA)がパケット通信の使いすぎによる高額請求に注意を喚起したタイミングで、PCからの高速データ通信に、多くの読者が高い関心を持っていることがうかがえた。

東京ゲームショウで大規模ブースを構える携帯キャリア

 ところで、9月20日から幕張メッセで「東京ゲームショウ2007」が開催されている。ソニーやマイクロソフトといったゲームコンソールメーカーからスクウェア・エニックスやバンダイナムコゲームス、コナミデジタルエンタテインメントなどの大手ソフトウェアベンダーに混じって、NTTドコモKDDIソフトバンクモバイルという、携帯電話キャリアも大きなブースを構え、来場者にケータイゲームの魅力をアピールしている。いずれも大手ベンダーに負けぬ趣向を凝らしたブースとなっており、改めてキャリア各社が広く普及している携帯電話をゲームのコンソールとして有望視していることを浮き彫りにした。

 各ブースの詳細はリポート記事に譲るが、ここではそんな携帯キャリアのコンパニオンをご紹介しよう。ワイヤレスジャパンやCEATEC JAPANなどと比べて、東京ゲームショウのコンパニオンは全体に露出度が高い。

PhotoPhotoPhoto ドコモ(写真=左)は白地に赤いリボン風のアクセントが入ったコスチューム。太もものホルスターにはケータイが入っている。KDDI(写真=中央)はauのオレンジを基調にしたコスチュームで背中の露出が多め。ソフトバンク(写真=右)はコーポレートカラーのシルバーと白を基調にサイドに大きくロゴを入れたデザイン ※クリックで全身
PhotoPhotoPhoto ドコモブースではうちわがスタンプラリーになっており、スタンプを集めるとプレゼントが当たる(写真=左)。KDDIブースでは、ゲームを体験するとポイントがもらえ、集めたポイントでLISMOグッズなどがもらえる(写真=中央)。ソフトバンクモバイルブースのコンパニオンは二の腕のQRコードをケータイで撮影させてくれる。QRコードはタダゲームダウンロードサイトへリンクしており、そこから無料でゲームがダウンロード可能(写真=右)

おまけ──こんなところにもケータイ向けソリューション

 サイカンゲームズは、展示はPC向けのオンラインゲームが中心で、携帯電話向けゲームなどはなかったものの、携帯電話を使ったプレゼントキャンペーンを実施していた。

 サイカンブースの壁面に、「Paper Man」のキャラクターをモチーフにした衣装をまとったコンパニオンたちが写ったポスターが掲示してあり、好みのコンパニオンの顔写真を携帯電話のカメラで撮影し、メールで送るとスペシャルサイトのURLが記載されたメールが届く。このスペシャルサイトでインスタントくじに挑戦すると、抽選でプレゼントが当たるというもの。アイ・ウェイブ・デザインの携帯向け画像認識サービス「GTAP」を採用したもので、来場者が次々と写真を撮って携帯で送信していた。

Photo お好みのコンパニオンを撮影してメールに添付し送るとスペシャルサイトのURLが手に入り、抽選でプレゼントがもらえる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.