レビュー
» 2008年02月22日 17時38分 UPDATE

「N705i」ロードテスト第3回:どんなショートカットがあるのか、サブ液晶に表示できる内容とは――「N705i」の使い勝手を試す

“amadana”ケータイ「N705i」のロードテスト第3回は、ダイヤルキーショートカットの割り当てやカスタマイズ方法、デスクトップアイコンの使い勝手、大きなサブディスプレイの表示内容についてチェックした。

[田中聡(至楽社),ITmedia]
photo “amadanaケータイ”「N705i」

 どんなにデザインが良く、機能が充実した携帯電話であっても、使い勝手が悪ければその魅力は半減してしまう。amadanaケータイ「N705i」のロードテスト第3回では、ダイヤルキーショートカットやデスクトップアイコンを使った効率的な操作が可能か、またニーズに合わせてどんなカスタマイズできるのかを試してみた。

 まずは各キーに割り当てられている機能についてだが、待受画面から起動できる機能は以下のとおりだ。N705iでは[ch]キーのカスタマイズが可能になり、[ch]キーの短押しで呼び出す機能をiチャネル/カメラ/スケジュール/ミュージックプレーヤー/Music&Videoチャネル/ワンセグから選択できる。ただし設定できるのは短押しのみで、[ch]キーの長押しで起動できる機能は割り当てられない。

 また、ICカードロックやプライバシーアングルの設定など、ダイヤルキーの長押しで呼び出せる機能が多いのも特徴だ。

待受時のキー操作
キー/動作 短押し 長押し
決定キー デスクトップアイコンの選択
上キー 直デンの呼び出し 受話音量調節
下キー 電話帳呼び出し 受話音量調節
左キー 着信履歴呼び出し 受信アドレス一覧呼び出し
右キー リダイヤル呼び出し 送信アドレス一覧呼び出し
メールキー メールメニュー呼び出し iモード問い合わせ
iモードキー iモードメニュー呼び出し iアプリ一覧呼び出し
MENUキー メインメニュー呼び出し
chキー iチャネル/カメラ/スケジュール/ミュージックプレーヤー/Music&Videoチャネル/ワンセグ呼び出し
2キー 2を入力 2in1設定
3キー 3を入力 ICカードロック設定
5キー 5を入力 バックライトの点灯/消灯
7キー 7を入力 フォント設定画面を表示
8キー 8を入力 プライバシーアングルの切り替え
0キー 0を入力 「+」の入力
*キー *を入力 公共モードの設定/解除
#キー #を入力 マナーモードの設定/解除

photophoto 待受画面で決定キー→「設定」→「chキー設定」から、[ch]キーで呼び出せる機能を変更できる

photo 左側面の[マナー]キーは、長押しでマナーモードの設定/解除を行う。端末を開いたときに短押しすると、ホーム設定したWebページへアクセスする。[MUSIC]キーは長押しでミュージックプレーヤーを起動する

 NEC製端末でおなじみのデスクトップアイコンは、カメラ、ワンセグ、クイック検索などの機能を登録できるのはもちろん、電話帳に登録した電話番号やメールアドレス、スケジュールやテキストメモといった個別のデータも登録できる。

 デスクトップアイコンに登録できる電話番号やメールドレスはそれぞれ1件ずつで、複数の番号やアドレスを含む“1人分の電話帳”は登録できない。ただし、デスクトップアイコンに登録した電話番号を選び、機能メニューから「iモードメール作成」を選ぶと、その電話番号と一緒に登録したアドレス宛のメールを作成できる。これはなかなか気の利いた仕様だ。

photophotophoto 電話帳の番号やアドレスを登録すると、デスクトップアイコンには(電話帳に登録した)氏名が表示される(左、中)。電話番号からiモードメール作成が可能(右)

 デスクトップアイコンは1テーマ15件まで機能やデータを登録できる。テーマとは登録アイコンの組み合わせを切り替えるもので、N705iでは3つのテーマを切り替え可能だ。

 デスクトップアイコンの登録は、各機能やデータのサブメニューから行う。その場合、どのテーマに登録するかは選べず、設定中のテーマに登録される。テーマの変更は、デスクトップアイコンを表示して「設定」→「デスクトップ切替」から行う。

photophoto デスクトップアイコンの「設定」→「デスクトップ切替」からテーマを変更できる。15件×3テーマで計45件の機能やデータを登録できる

photophoto 待受画面で日付を選択するとスケジュールが、時刻を選択するとアラームが起動する

photophotophoto 「MENU」→「オリジナル」から呼び出せる「オリジナルメニュー」には、最大10件の機能を登録できる。デスクトップアイコンとうまく使い分けたい

 電話着信やメール受信、不在着信時などに点灯するランプは、背面のサブディスプレイの上に、通話用とメール用がそれぞれ用意されている。イルミネーションは、電話/テレビ電話/メール/チャットメール/メッセージR/メッセージFそれぞれで12色+グラデーションから設定できる。

photophotophoto 電話、テレビ電話の着信時に点灯するイルミネーション

photophotophoto メール、チャットメール、メッセージR、メッセージF受信時に点灯するイルミネーション

 N705iは最近のケータイでは珍しく、約1.6インチの大きなサブディスプレイ(イルミネーション・ウィンドウ)が搭載されている。何を表示ができるかが気になるが、N705iのサブディスプレイに表示できるのは、基本的に「時刻」と「アニメーション」のみ。着信時に相手の名前を表示させたり、音楽再生時に曲名を表示することはできない。せっかくの大型液晶が生かされていない感もあるが、サブディスプレイは「時計」としての機能にフォーカスしたようだ。

photophotophoto サブディスプレイに表示されるアニメーションは、クローズ表示/音声着信中/TV電話着信中/メール受信/Music再生中、それぞれに設定できる。アニメーションは12種類を用意。サブディスプレイの点灯時間は15秒間/1分間/常時表示から選択できる

photophoto 着信時(左)と音楽再生時(右)には、アニメーションが表示されるのみ

photophotophoto サブディスプレイのアニメーションを電話帳データごとに変更することは残念ながらできない。ただし、着信イルミネーションの色を設定することは可能だ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.