ニュース
» 2008年02月25日 15時17分 UPDATE

Bluetooth対応、広角カメラ搭載のワンセグケータイ――「H11T」

イー・モバイルの音声端末として登場する「H11T」は、Bluetoothを搭載したHSDPA対応のワンセグケータイ。回転2軸のボディにオートフォーカス対応の320万画素カメラを搭載し、下り最大3.6Mbpsのデータ通信を行える。

[ITmedia]

 イー・モバイルの音声端末として登場する東芝製の「H11T」は、コンパクトなボディにワンセグやオートフォーカス対応の320万画素カメラ、Bluetoothを搭載した端末だ。ボディカラーはホワイト、ブルー、ピンク、ブラックの4色をラインアップする。

Photo 東芝製の音声端末「H11T」

 回転2軸ボディに2.8インチのワイドQVGA液晶を搭載し、ディスプレイを表にしたコンパクトな状態でワンセグや写真撮影を楽しめる。ワンセグは、側面の[TV]キーで起動でき、視聴中には画面下部に各種情報を表示する縦画面と横画面、フルスクリーンから表示画面を選べる。東芝の液晶テレビ「REGZA」で培った映像技術を採用したことで、クリアで鮮明な映像を楽しむことができ、microSDへの録画や静止画キャプチャ機能も備える。

 オートフォーカスと手ブレ軽減機能に対応する320万画素カメラは、28ミリクラスの広角レンズを採用し、集合写真の撮影時などに便利なワイド撮影が可能。美白、夜景など5つのシーンから選べる「撮影シーン」を備え、QRコードの読み取りやフレーム合成、タイマー撮影などの機能も装備した。

 データ通信は下り最大3.6MbpsのHSPDAを利用でき、PCと接続すれば通信モデムとして利用可能。USBケーブルでPCと接続することで、AAC、MP3、WMA形式の音楽データを転送でき、取り込んだ音楽は対応するBluetoothヘッドフォンを利用してワイヤレスで聴くことができる。

 サイズは50×104×17.9ミリ、重さ約130グラム。約50Mバイトの内蔵メモリを備え、IrMC1.1準拠の赤外線ポートや電子辞書、フルブラウザなどの機能も用意する。

機種名 H11T
サイズ(幅×高さ×厚さ) 50×104×17.9ミリ
重さ 約130グラム
連続通話時間 約160分
連続待受時間 約350時間(静止時)
アウトカメラ AF付き有効約320万画素CMOS
インカメラ
外部メモリ microSD(別売り)
メインディスプレイ 約2.8インチワイドQVGA(240×400ピクセル)、26万色相当
サブディスプレイ 2行全角5文字(96×39ドット)
ボディカラー ホワイト、ブルー、ピンク、ブラック
主な機能 赤外線、A2DP対応のBluetooth、電子辞書、フルブラウザ、音楽プレーヤー


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.