ニュース
» 2008年04月18日 14時13分 UPDATE

「手のひらに、明日をのせて」──ドコモ、赤い新ロゴで“新ドコモ宣言”

NTTドコモは4月18日、“ドコモが変革するためのビジョン”として4つの「新ドコモ宣言」を発表。7月1日からコーポレートブランドロゴとコーポレートカラーも一新する。

[園部修,ITmedia]
Photo 新コーポレートロゴ

 携帯電話はキャリア主導の時代からユーザー主導の時代へ──。NTTドコモが7月1日から“ドコモ”ブランドを一新すると発表した。技術志向で、新規顧客の獲得を重視する経営から、マーケットニーズを知り、期待に応えて顧客の満足度を高めていく経営へとかじを切る。

 NTTドコモの代表取締役社長、中村維夫氏が、ドコモが変わるためのビジョンとして4つの「新ドコモ宣言」を掲げ、新しいブランドステートメント、ブランドスローガンを発表した。7月1日から新たなコーポレートブランドロゴとコーポレートカラーを採用する。新しいロゴは、より顧客に近い存在であることや優しさ、絆を表現するため、小文字の「docomo」とした。イメージカラーは「ドコモレッド」という特別な赤だという。

Photo 新しいロゴは真紅の小文字。写真はロゴを発表するNTTドコモ代表取締役社長の中村維夫氏

 新ドコモ宣言として掲げるビジョンは以下の4つだ。

  1. ブランドを磨きなおし、お客さまとの絆を深めます。
  2. お客さまの声をしっかり受け止め、その期待を上回る会社に変わります。
  3. イノベーションを起こし続け、世界から高い評価を得られる企業を目指します。
  4. 活き活きとした人材で溢れ、同じ夢に向かってチャレンジし続ける集団となります。

 新しいブランドスローガンは「手のひらに、明日をのせて。」

sa_nd01.jpgPhoto ドコモレッドの新ロゴを掲げる中村社長。ロゴの変更に伴い、7月1日からショップも刷新する

sa_nd05.jpgPhoto 携帯電話の人口普及率が高まり、市場が変革期を迎えたことから「新規獲得と解約防止」を主軸とする従来のビジネスモデルからの脱却を図る。新たなビジネスモデルでは、顧客の1人1人に向き合い、“関係の深さや長さ”を重視するという

sa_nd04.jpgPhoto サービスについては顧客視点の見直しを図っており、25のプロジェクトを立ち上げた。「新ドコモ宣言」による改革は、社内の意識統一を図る「ONE docomo」からスタート。第2四半期には地域会社を統一し、一丸となって改革にあたる

関連キーワード

NTTドコモ | ブランド戦略 | 中村維夫


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.