速報
» 2008年06月04日 23時50分 UPDATE

2011年度、3.5G以上のケータイがほぼ9割に――情報流通ビジネス研究所

[ITmedia]

 情報流通ビジネス研究所は6月4日、調査リポート「モバイルインターネット要覧2008年度版」において、携帯電話の世代別市場規模予測結果を発表した。

 同リポートによれば、国内携帯電話市場は音声定額サービスの普及や法人需要の顕在化を背景に、今後も前年比5%程度の伸びで推移し、2010年度には1億2000万加入を超える見通しだという。また第3世代携帯の加入率は2011年度に99.5%となり、ほぼ全ユーザーが3G以上のサービスを利用すると予測している。

 またHSDPAや1X EV-DOといった3.5世代の携帯市場は、2007年度で前年比約85%増加し、加入者全体に占める割合はすでに4分の1を超えている。3.5G市場はKDDIの1X EV-DOがリードしてきたが、NTTドコモやソフトバンクモバイルなどのHSDPAサービスが急拡大しており、2008年度内にも1X EV-DOユーザー数を抜く見込み。2008年度はHSDPAの急増を背景に、携帯電話全体のおよそ半数を3.5Gユーザーが占め、2011年度には3.5G以上がほぼ9割に達すると予測している。

Photo

 モバイルインターネット要覧2008年度版は、A4変型、全430ページの冊子で、定価は9万9750円。同社の直販のみとなる。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.