ニュース
» 2008年07月31日 16時29分 UPDATE

ドコモと米AT&T、ハワイ諸島のW-CDMA網を構築完了――3Gサービスを利用可能に

ドコモとAT&Tは、ハワイ諸島のW-CDMA網の構築がほぼ完了したと発表。今後、ドコモユーザーは国際ローミングサービスを通じて、3G網を利用した音声通話とパケット通信サービスを利用可能になる。

[ITmedia]

 ドコモと米AT&Tは、ハワイにおけるW-CDMA方式の3G網の構築をおおむね完了したことを発表した。両社は国際ローミングの利用促進を目的に共同で3G網の構築を進めており、オアフ島、ハワイ島、マウイ島、カウアイ島を含めたハワイ諸島のネットワーク構築を終えたという。

 これにより、今後、ドコモユーザーはハワイ諸島で3G網を使った音声通話やパケット通信を利用可能になる。なおテレビ電話サービスは利用できない。

 ドコモの対応機種は「SH905iTV」「SH906i」「F906i」「SO906i」「N906iμ」「SH906iTV」「NM705i」「NM706i(発売予定)」「hTc Z」「HT1100」の10モデル(3G 850MHz対応の海外ローミング対応端末)。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.