調査リポート
» 2008年08月29日 11時25分 UPDATE

キャリアを変更するなら「SoftBank→au」が6割──MMD研究所調べ

MMD研究所が実施した調査では、キャリア別の端末の満足度はドコモが最上位となった。またキャリアを変更するとしたらどこに変えたいかとの問いには、ソフトバンクユーザーが「auに変えたい」と答えた割合が最も高かった。

[ITmedia]

 MMD研究所は8月28日、「第2回 携帯端末に関する実態調査」の結果を発表した。調査は8月8日から同18日まで、インタースコープの「モンキータウン」やメディアインクルーズが運営する“blogri”など、計13社、14サイトの協力を受けて実施したもので、有効回答数は4697人。

 利用している携帯端末の満足度については、「満足」が24.9パーセント、「やや満足」が43.9パーセントと、満足している回答者が約7割という結果になった。「満足」と「やや満足」を合わせた数字をキャリア別で見ると、NTTドコモが70.4パーセント、auが69.2パーセント、ソフトバンクモバイルが62.7パーセントだった。

 現在利用している携帯会社を変更する際、どのキャリアに変更するかを聞くと、NTTドコモユーザーでは「DoCoMo→au」が52.1パーセント、「DoCoMo→SoftBank」が46.3パーセント、auユーザーでは「au→DoCoMo」が44.6パーセント、「au→SoftBank」が51.7パーセント、SoftBankユーザーでは「SoftBank→au」が63.4パーセント、「SoftBank→DoCoMo」が34.2パーセントとなった。DoCoMoとauの移動希望が4〜5割なのに対し、ソフトバンクモバイルのみauへの移動希望が6割を超えていた。

 各携帯会社のイメージ調査をしたところ、「良くなったと思う」という回答はドコモでは23.4パーセント、auでは38.9パーセント、ソフトバンクモバイルでは57.5パーセントとなった。

 携帯電話端末を選ぶ際に最も重要視するものについては、「使い勝手」が32.1パーセントで最多となり、これに「デザイン」が17.0パーセント、「高機能」が12.8パーセントで続いた。なお男性では「高機能」が18.5パーセント、「デザイン」が12.2パーセント、女性では「デザイン」が19.1パーセント、「値段」が12.5パーセントとなっている。

 携帯電話端末を選ぶ際に必要な機能は、「音楽」が63.6パーセントで最も多く、次いで「アプリ」が61.0パーセント、「赤外線通信」が60.1パーセントと並んだ。性別で上位に変動はなかったが、男性では「GPS」が40.5パーセント、女性では「赤外線通信」が64.2パーセント、「デコメ」が37.3パーセントとなったのが特徴的だ。

 利用している携帯電話端末で現在最も多く利用している機能は、「音楽」が22.6パーセント、「アプリ」が21.7パーセント、「PCサイト閲覧」が10.1パーセント。女性では「デコメ」が12.1パーセントと上位に入っている。

 デザインがいいと思う携帯電話端末メーカーは、「シャープ」が47.5パーセントと最多で、「パナソニック」が34.6パーセント、「ソニー」が28.0パーセントでこれに続いた。

 携帯電話端末を買い換えるきっかけは、「壊れた」が26.6パーセントで最多となり、「電池が減った」が25.2パーセント、「欲しい端末が発売された」が18.0パーセントだった。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.