調査リポート
» 2008年10月07日 07時00分 UPDATE

携帯電話の発着信履歴、半数超が「削除している」

アイシェアがケータイの発着信履歴に関する意識調査の結果を発表。発着信履歴の削除は約6%が「頻繁に削除している」と回答。たまに削除しているという回答と合わせると半数超にのぼる。

[ITmedia]

 アイシェアは10月6日、「発信・着信履歴に関する意識調査」の結果を発表した。調査は9月16日から同18日まで、同社の無料メール転送サービスCLUB BBQの会員を対象に実施したもので、有効回答数は412人。

 同調査によれば、発信履歴と着信履歴の間違いから「間違い電話」をかけた経験のある人は27.7%、「ナシ」が72.3%で、年代、性別による大きな差は見られなかった。

 発信、着信履歴を削除しているかどうかについては、6.1%が「頻繁に削除している」、47.8%が「たまに削除している」と回答している。全体では削除派が過半数で、「削除したことがない」の46.1%をわずかながら上回った。しかし他方で、20代だけは「削除したことがない」が68.6%と突出している。

 なお、履歴を削除する理由を自由回答で聞いたところ、「特に理由はない」「なんとなく」といった声が圧倒的に多かったが、「間違い電話防止のため」という回答も目立った。そのほか「知らない番号への間違い電話防止」「子どもによる誤発信防止」といった理由も見受けられた。「端末のメモリ容量が気になる」「同じ相手との履歴は不要」という実用的な理由のほか、「人に見られたくない」「内緒の相手」などプライバシーを理由にする回答もあったという。

関連キーワード

アイシェア | 意識調査 | プライバシー


携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.