調査リポート
» 2009年01月06日 17時18分 UPDATE

インターネットバンキング、9割が“PCで利用することが多い”

アイシェアがインターネットバンキングの利用実態に関する調査結果を発表。PCとケータイのどちらから利用することが多いかという質問には、約9割が「PCから」と回答している。

[ITmedia]

 アイシェアは1月2日、「インターネットバンキングの利用方法に関する意識調査」の結果を発表した。調査は12月5日から同9日まで実施したもので、有効回答数は452人。

 同調査によれば、インターネットバンキングを利用しているユーザーは全体の65.3%で、男女別では男性が67.6%、女性が62.6%と、男性の利用率が若干上回った。年代別では、年代が上がるほど利用率が高く、40代の71.2%は20代の53.7%を約18ポイント上回っている。

 インターネットバンキングの利用者に、PCと携帯電話のどちらから利用することが多いかを聞いたところ、PCのみで利用する人が72.9%で最多となり、性別、年代を問わずトップだった。両方利用するがPCからの方が多いと回答した18%を合わせると、90.8%がPCから利用している。PC、携帯での利用割合が「両方同じくらい」という回答は3.7%、「両方利用するが、携帯電話からが多い」は5.1%、「携帯電話でのみ」はわずか0.3%。携帯を多く利用する人は合わせても5.4%だった。

 男女別で見ると、女性はPCのみが83.3%で、男性の64.4%を20ポイント近く上回った。両方利用するがPCからの方が多いという人は、男性で23.9%、女性で10.6%、「両方利用するが携帯電話からが多い」は男性が7.4%、女性が2.3%となっている。

 年代別では、30代、40代は全体の割合とほぼ同じ傾向を示したが、20代のユーザーではPCのみの利用が65.5%と他の年代に比べ低いほか、「両方利用するが、携帯電話からが多い」が13.8%と、他の年代よりも高い割合となった。

 利用方法について自由回答形式で聞いたところ、PCを選択した人は「携帯ではできないから」「携帯だとパケット代が高くつきそうだから」「携帯は操作しづらい」など、携帯利用のデメリットを挙げる声が多く、「携帯ではセキュリティが心配」という意見も見られた。他方、携帯電話を使う理由は「IDを入力する必要がないなど、ログオン方法が楽」「残高や入出金の確認が多いため」「手軽に使える」といった声が多く、「両方同じくらい」とした人では「自宅ではPC、外からはケータイ」と使い分ける傾向が見られた。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.