ニュース
» 2009年03月17日 15時20分 UPDATE

KDDI、WINユーザーのEメールで誤計算――2000万人以上に影響

KDDIは、2009年3月6日から3月15日にWINユーザーのEメールのパケット通信料金が正しく表示されない障害が発生していたと発表。同社は該当ユーザーの3月利用分(4月請求分)のパケット通信料を調整する。対象ユーザーは約2103万人に上る。

[田中聡,ITmedia]

 KDDIは3月17日、2009年3月6日から3月15日の期間、WIN端末ユーザーのEメールのパケット通信料金が正しく表示されない障害が発生していたと発表。

 障害が発生した期間は3月6日10時から3月15日3時10分まで。同社は障害の原因を、3月6日に実施したEZ WINメール課金システムの機能改善作業時に、ユーザーのパケット通信料金を計算する情報の設定に誤りがあったためとしている。障害発生期間のパケット通信料金は再計算中だという。なお、CDMA 1X端末やau one メール、EZwebのEメール以外の料金計算には影響がない。

 障害の対象となるユーザーは、実際の利用よりも過剰に計算されたユーザーが最大約867万人、実際の利用よりも過小に計算されたユーザーが最大約1236万人で、計2103万人に上る。

 同社は該当ユーザーの3月利用分(4月請求分)のパケット通信料を調整する。通信料金が過剰に計算されたユーザーに対しては、3月6日0時から3月15日24時までのEメールのパケット通信料金を差し引いて(0円として)請求する。一方、過小に計算されたユーザーに対しては、3月6日0時から3月15日24時までのEメールのパケット通信料金を、過小計算されたままの金額で請求する。

 「料金安心サービス」の「ご利用停止コース」の利用者について、利用停止となる金額を超えるEメールを利用していないにもかかわらず利用停止になった場合、ユーザーが「auお客様センター」に連絡をして停止を解除する必要がある。また、実際よりもパケット通信料金が過剰に計算されたユーザーは、3月利用分のご利用停止コースの月額料金105円が無料になる。

 障害発生に伴い、インターネットからau携帯の通話料と通信料金を照会するサービスは停止されている。パケット通信料金以外の料金照会サービスの再開は3月19日、パケット通信料金の照会サービスの再開は3月28日を予定している。ユーザーは、自分が過剰計算か過小計算どちらに該当するかは、3月28日に再開する料金照会サービスを確認することで判断できる。

関連キーワード

パケット | au | KDDI | 誤請求 | au one | CDMA | EZweb | 無料


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.