トップ10
» 2009年03月25日 18時58分 UPDATE

Mobile Weekly Top10:祝・WBC 2連覇──ケータイも野球色にしてはいかが?

野球の本場米国を破り、ワールド・ベースボール・クラシックの決勝戦では宿敵韓国も下して見事2連覇を果たした“侍ジャパン”。そんな野球に魅せられた人は、ケータイも野球色にしてみてはいかがだろうか。

[ITmedia]

 今週のアクセスランキングは、3月18日早朝に発表されたiPhone用の次期OS、「iPhone OS 3.0」の特徴を伝えた記事がトップを獲得。毎度のことだがiPhone関連の記事は注目度が高い。

 なお、米AppleはiPhone 3Gの後継機を発表するかどうかは、まだ明らかにしていない。いろいろな噂が飛び交ってはいるものの、現時点で分かっているのは、iPhone OS 3.0が今夏正式にリリースされる、ということだけだ。当然ながら、そのころには新しいOSを標準搭載したiPhoneが発売されると思うが、それが新機能なども装備した新機種になるのか、それとも既存のiPhone 3GのOSだけが新しくなったものになるのかは分からない。詳細はおそらく同社が今夏開催予定のWWDC 2009(世界開発者会議)で明らかにされるのだろう。

 さて話はガラリと変わるが、3月24日は日本代表が晴れてワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2連覇を果たし、野球ファンだけでなく、日本中が熱狂にわいた。これをきっかけに野球ファンになった人などもいるのではないだろうか。そんなにわか野球ファンに、より深く野球ファン気分を味わえるアイテムとしてお勧めしたいのが、プロ野球チームのデザインを採用したケータイだ。

 残念ながら侍ジャパンをモチーフにしたデザインはないのだが、プロ野球チームのロゴやユニフォームのデザインを採用したケータイが、実は結構ラインアップされている。応援したくなったチームがあるなら、ケータイもそのチームの色に染めてみるのが面白い。

 セ・リーグの球団では、読売ジャイアンツ、横浜ベイスターズ、中日ドラゴンズ、阪神タイガース、広島東洋カープのデザインが、KDDIの「フルチェンケータイ re」用にラインアップされている。フルチェンケータイ re本体に加えて、各1万3020円のセットを購入する必要があるが、これでケータイの外観はもちろん、中身の待受画面やメニューまで、どっぷりとチームのカラーに染め上げることができる。

Photo ジャイアンツケータイ、ベイスターズケータイ、ドラゴンズケータイ、タイガースケータイ、カープケータイ

 パ・リーグの日本ハムファイターズのフルチェンも近日発売が予定されている。価格は同じく1万3020円。なおファイターズに関しては、ナカチェンのパックも別途提供されており、フルチェンケータイ以外の端末でも、外観はそのままで、内蔵コンテンツや待受画面、メニューなどに限ってファイターズ仕様にすることも可能だ。

Photo ファイターズケータイ

 auのスポーツフルチェンは、全12球団の中から選べるわけではないのが少々残念だが、気に入ったものがあれば、“ほかの人とは一味違うケータイ”として、1台持ってみてはどうだろう。最近では、フルチェンケータイ reの本体価格も比較的安くなってきているので、端末自体はリーズナブルな値段で入手できるはずだ。端末を買い換えることなく、気軽に外装を変えられる“フルチェン”なら、ひいきのチームが変わっても、すぐに着せ替えられるというメリットもある。

 いや、野球じゃなくてサッカーの方が好きだという人には、鹿島アントラーズケータイやFIFAクラブワールドカップ公式ケータイなども用意されている。興味があれば、ぜひau Online Shopのフルチェン紹介ページ(外部リンク)などをのぞいてみてほしい

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.