レビュー
» 2009年05月07日 08時30分 UPDATE

最新ケータイ徹底比較(au 2009年春モデル編):第9回 KCP+端末はどれも同じ仕様、かと思いきや――ツール機能を検証 (1/2)

アドレス帳やスケジューラー、アラームなどのツール系機能は、地味だが毎日使う人も多いだろう。今回は、カタログや製品紹介サイトなどで触れられる機会が少ないツール機能の実力に迫った。

[田中聡,ITmedia]

 ケータイの機能はワンセグやカメラなど、派手なものがクローズアップされやすいが、毎日確実に使う機能は、スケジューラーやアラームなどの「ツール系」という人が多いのではないだろうか。しかしカタログでは、ツール機能はあまり触れられないことが多い。

 そこで今回は、アドレス帳、スケジューラー、アラーム、メモ帳に着目。各機能の登録件数はもちろん、「できること」と「できないこと」を調べた。

photo 左から「Walkman Phone, Premier3」「Walkman Phone, Xmini」「Cyber-shotケータイ S001」「Woooケータイ H001」「フルチェンケータイ T001」「CA001」「SH001」「P001」
photo 左から「ベルトのついたケータイ NS01」「ベルトのついたケータイ NS01」「安心ジュニアケータイ K001」

アドレス帳:検索性にやや難あり

 11機種とも、アドレス帳には1000件のデータを登録でき、電話番号とメールアドレスは1件あたり各3件を登録できる。データの検索方法もKCP+端末は共通化されており、「ヨミ」「メモリNo.」「グループ」から検索できる。

 検索方法を「ヨミ」または「名前」に設定すれば、読みを1文字入力するごとにデータを絞り込める。いわゆる「インクリメンタルサーチ」と呼ばれる機能だ。ただしヨミ検索をするには、アドレス帳を呼び出すたびに「検索」→「ヨミ検索」または「名前検索」などの操作をする必要がある。

photo アドレス帳は並び順を「五十音順」にすると、あ行から順にタブ表示されるが、「検索」を「ヨミ検索」にしないとインクリメンタルサーチはできない

 KCP+端末は、アドレス帳の並び順を「五十音順」「メモリNo.順」「グループ順」に変更できる。五十音順にすると、「あ」なら[1]キーを1回、「い」なら[1]キーを2回押すという具合に、登録した名前の“先頭の文字(1文字目)”は呼び出せるが、2文字目以降は検索できない。例えば「鈴木」さんを検索する場合、[3]キーを3回押すと「す」で始まるデータは呼び出せるが、2文字目以降(「ず」と「き」)を入力して絞り込むことはできない。

 インクリメンタルサーチは、他社の現行機種では標準的な機能なので、初期状態から使えるよう改善してほしい。

 アドレス帳の特定データを登録できる「ペア機能」は全機種が対応しており、KCP+端末と「ケースのようなケータイ NS02」は5件、「ベルトのついたケータイ NS01」と「安心ジュニアケータイ K001」は3件のデータを登録できる。NS01とK001は、[1][2][3]キーを長押しすると、ペア相手に直接発信できる。

 着信相手ごとにイルミネーションの点灯パターンや色を変更できる設定は、「Woooケータイ H001」「CA001」とNS02を除く8機種が可能。点灯色は7色から選べる。第1回でも解説したが、H001とCA001は専用の着信ランプを搭載しておらず、背面のLEDディスプレイが着信LEDとして機能する。

アドレス帳
登録件数 登録件数(電話番号/メールアドレス) 検索方法 ペア機能 個別イルミネーション設定(色数)
Premier3 1000件 3件/3件 ヨミ、メモリNo.、グループ ○(5件) ○(7色)
Xmini 1000件 3件/3件 ヨミ、メモリNo.、グループ ○(5件) ○(7色)
S001 1000件 3件/3件 ヨミ、メモリNo.、グループ ○(5件) ○(7色)
H001 1000件 3件/3件 ヨミ、メモリNo.、グループ ○(5件)
T001 1000件 5件/5件 ヨミ、メモリNo.、グループ ○(5件) ○(7色)
CA001 1000件 3件/3件 ヨミ、メモリNo.、グループ ○(5件)
SH001 1000件 3件/3件 ヨミ、メモリNo.、グループ ○(5件) ○(7色)
P001 1000件 3件/3件 ヨミ、メモリNo.、グループ ○(5件) ○(7色)
NS01 1000件 3件/3件 ヨミ、メモリNo.、グループ、(ヨミに含まれる)キーワード、画像、電話番号 ○(3件) ○(7色)
NS02 1000件 3件/3件 ヨミ、メモリNo.、グループ、電話番号、Eメールアドレス ○(5件) -
K001 1000件 3件/3件 ヨミ、メモリNo.、グループ、(ヨミに含まれる)キーワード、画像、電話番号 ○(3件) ○(7色)

photophotophotophoto 左からPremier3、Xminiのアドレス帳一覧と編集画面
photophotophotophotophotophoto 左からH001、T001、CA001のアドレス帳一覧と編集画面
photophotophotophoto 左からSH001、P001のアドレス帳一覧と編集画面
photophotophotophotophotophoto 左からNS01、NS02、K001のアドレス帳一覧と編集画面

スケジューラー:登録件数や表示機能が物足りない

 スケジューラーの仕様はKCP+端末は全機種ほぼ共通で、予定の登録件数は200件、使えるアイコンは7種類+絵文字、カレンダーの表示方法は1カ月、2カ月、6カ月となる(Xminiは1カ月と2カ月)。

 登録件数の200件は、ほぼ毎日予定が入る場合は半年ほどでオーバーしてしまうので、正直物足りない。1台の機種を長期間使う傾向が強まっていることを考えると、1000件ほどは登録したい。

 登録済みの予定を待受画面に表示できる機種も少なく、KCP+では「P001」のみが対応する。P001はインフォメーションエリアにメモ(1件目のメモデータの先頭から全角50文字)と直近のスケジュールを表示させられる。H001と「SH001」もインフォメーションエリアを利用できるが、スケジュールやメモの設定はできない。

photophotophoto P001は画面下部のインフォメーションエリアにメモや予定を表示できる。表示するデータは7通りから選べる

 「W64S」などソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製のKCP端末は、メモ帳の任意のデータや直近のスケジュールを待受画面に表示するよう設定できるが、KCP+端末にはこの機能が搭載されていない。待受画面に予定やメモを表示できれば備忘録として役立つので、復活させてほしい。

 京セラ製のNS01とK001は、任意のメモや予定を待受画面に付せんのように表示する「ペタメモ」や、待受状態から文字を入力してメモ帳やスケジュールアラームを登録できる「すぐ文字」を利用できる。京セラ製のKCP+端末はまだ登場していないが、この2つの機能はぜひ継承してほしい。

photophotophotophoto 京セラ端末伝統の「ペタメモ」機能を利用すれば、メモ帳やアドレス帳、スケジュール、お気に入りサイトなどを登録できる(写真=左端、左中)。NS01とK001は、待受状態から文字入力をしてメモ帳登録などができる「すぐ文字」が利用できる(写真=右中、右端)
スケジューラー
登録件数 カレンダー+予定の表示 予定を待受画面に表示 アイコン件数 カレンダーの表示パターン アラーム通知時間 メールをカレンダーに登録
Premier3 200件 7種類+絵文字 1カ月、2カ月、6カ月 0分〜24時間前
Xmini 200件 7種類+絵文字 1カ月、2カ月 0分〜24時間前
S001 200件 7種類+絵文字 1カ月、2カ月、6カ月 0分〜24時間前
H001 200件 7種類+絵文字 1カ月、2カ月、6カ月 0分〜24時間前
T001 200件 7種類+絵文字 1カ月、2カ月、6カ月 0分〜24時間前
CA001 200件 7種類+絵文字 1カ月、2カ月、6カ月 0分〜24時間前
SH001 200件 7種類+絵文字 1カ月、2カ月、6カ月 0分〜24時間前
P001 200件 7種類+絵文字 1カ月、2カ月、6カ月 0分〜24時間前
NS01 500件 25種類 1カ月、2カ月、6カ月 自由に設定可能
NS02 100件 7種類 1カ月 予定の開始日時のみ
K001 500件 25種類 1カ月、2カ月、6カ月 自由に設定可能

photophotophotophotophotophoto 左からPremier3、Xmini、S001のカレンダーとスケジュールの編集画面
photophotophotophotophotophoto 左からH001、T001、CA001のカレンダーとスケジュールの編集画面
photophotophotophoto 左からSH001、P001のカレンダーとスケジュールの編集画面
photophotophotophotophoto 左からNS01のカレンダーとスケジュールの編集画面、NS02のカレンダー、K001のカレンダーとスケジュールの編集画面
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう