レビュー
» 2009年05月28日 19時56分 UPDATE

写真で見る「P-10A」

パナソニック モバイル製のドコモ向け端末としては初となる防水性能を備えた、STYLEシリーズの「P-10A」。PansonWorksがアレンジデザインしたキャラクターコンテンツを内蔵し、サブディスプレイにはカラー有機ELを採用。また、メニューの全階層やメール作成画面で「拡大もじ」が使えるなど、使い勝手にも配慮した。

[2106bpm(K-MAX),ITmedia]

 パナソニック モバイルコミュニケーションズ製の「P-10A」は、ドコモ向けの同社製端末としてはもちろん、Wオープンスタイルを採用した端末としても、初めてIPX5/IPX7等級の防水性能に対応したモデルだ。モバイルWスピード対応のワンセグや内蔵コンテンツなどを、お風呂やキッチン、洗面台などで水濡れを気にすることなく楽しめる。2009年6月に発売予定。

photo 発表会の展示会場ではワンセグ機能を起動し、防水性能がアピールされていた
photophoto
photophoto 左からGOLD、PINK、WHITE、BLACK。ボディカラーは4色展開となる
photo ヒンジ部の左側面に搭載したワンプッシュオープンボタンは、縦に開くときに利用する
photophoto サブディスプレイ(写真=左)と横に開いた正面(写真=右)

 従来のWオープンスタイルと同様、縦開きはワンプッシュオープンに対応しており、横には右に向かって開く。十字キーやダイヤルキーの表示は固定されており、「P-01A」と「P-07A」で採用されている、横開きと連動して表示が切り替わる“2WAYキー”には対応していない。

 メインディスプレイはフルワイドQVGA(240×427ピクセル)表示対応の約3インチTFT液晶(26万2144色)を搭載し、サブディスプレイは96×25ピクセルの約0.8インチカラー有機EL(1万1340色)を備える。本体のカラーバリエーションはPINK、BLACK、GOLD、WHITEの4色展開。

 サブディスプレイの時計表示色は8パターンから選べる。時計横の着信イルミネーションは43パターンあり、このうちの12パターンは文字色と連動して表示される。このほか、端末を閉じると数回に1回現れるハッピーイルミネーションも搭載しており、内蔵キャラクターも登場する。

photophoto 着信イルミネーションの選択画面。本体左側には、光を感知するセンサーがある(写真=左)。イルミネーションパターンの変更も可能(写真=右)
photophoto 本体カラーに合わせて異なるキーイルミネーションを採用。購入時に本体色で悩んだ際は、キーイルミネーションで決めるのも一案といえる
photophoto
photophoto 本体のサイズは約50(幅)×109(高さ)×17.9(厚さ)ミリ、重さは約125グラム。側面にはキーや端子カバーなどを極力抑えたシンプルなデザインとなっている
photo 本体裏面には顔検出オートフォーカスに対応した320万画素CMOSカメラを搭載。P-10Aのサイズは折りたたみ端末としては標準的だが、デザインは角の部分が丸みを帯びたラウンドフォルムとなっており、持ってみると見た目より小さく、軽く感じた

 「できるかな」のゴン太くんやノッポさんをはじめ、「おーい!はに丸」のはに丸とひんべえ、「にこにこぷん」のじゃじゃまる、ぴっころ、ぽろりなど、NHKの番組で活躍したキャラクターをPansonWorksがアレンジ。待受画面やメインメニューはもちろん、iモードメニューやメールメニュー、マチキャラ、デコメ素材にも登場する。

photophotophoto PansonWorksがアレンジしたキャラクターコンテンツを豊富にそろえた

 「お料理できるかな」は、キッチンタイマーやレシピ検索が行えるアプリ。キッチンタイマーは60分までの時間を秒単位で設定でき、時間になるとゴン太くんがお知らせしてくれる。アラームの音量やバイブの設定も可能だが、残念ながら“ゴン太くんの声”ではお知らせしてくれない。展示会場では「ぜひゴン太くんの声にも対応してほしい!」といった女性の声も聞かれた。

photophotophoto 内蔵アプリには、ゴン太くんとノッポさんが登場する「お料理できるかな」が搭載されている
photophotophoto キッチンタイマーにはゴン太くんとノッポさんが登場する

 ディスプレイ設定はメインメニューの「設定/サービス」→「ディスプレイ」から操作。設定項目は、カラーテーマやマチキャラ、メニューアイコン、横開き時のメニュー設定のほか、ビューブラインドや文字サイズの設定など。ビューブラインドは画面を横や斜めから見た場合、画面表示が見え難くなるのぞき見防止機能で、3段階のレベル設定ができる。

photophoto 多彩な項目があるディスプレイ設定(写真=左)。「ビューブラインド」は3段階から設定できる(写真=右)
photophoto 文字サイズ設定メニューでは、一括設定のほか、メールやiモード、電話帳など該当の項目のみ変更することも可能。表示は特大、拡大、標準、縮小の4パターンから選べ、設定画面の下にはサンプルの文字が表示される
photophotophoto 拡大表示を一括設定すると、メインメニューのアイコンも大きく表示される(写真=左)。メールのメニュー画面(写真=中)や文字入力(写真=右)も大きな文字表示になり、簡単な操作で見やすい表示に変更できる

 P-10Aは、なつかしのキャラクターが登場する豊富な内蔵コンテンツや、サブディスプレイやキーイルミネーションなど、“楽しめる”要素が多い。また、防水性能やワンセグ、拡大表示、「しっかりトーク」や「ゆったりトーク」など、幅広い利用シーンや年齢層をカバーした機能も充実している。使いやすさと楽しさを兼ね備えた端末といえる。「親子で同じ機種を利用したい」というニーズにもマッチしそうだ。

(C)NHK エンタープライズ (C)カッパ座 (C)金子満 (C)川本プロダクション (C)スタジオじゃぴぽ (C)人形劇団クラルテ Arranged by PansonWorks

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.