ニュース
» 2009年08月27日 20時19分 UPDATE

ふぉーんなハナシ:ウィルコム社員ブログに「ケータイ業界で最も有名なアノ被写体」

たまたま開いた「ウィルコム社員ブログ」に気になるエントリーが……。

[園部修,ITmedia]
Photo ウィルコム社員ブログ

 ウィルコム社員の方たちが、さまざまなテーマで興味深い話題をあれこれ提供してくれている「ウィルコム社員ブログ」。筆者も密かに更新を楽しみにしているのだが、8月27日付のヤマダさんのエントリーでは、「ヤマダのケータイカメラでこう遊べ〜アナタ好みの写りはどれ?〜」というタイトルで、ウィルコムの音声端末やスマートフォンの内蔵カメラの写りを紹介している。

 このエントリーでは、「WILLCOM 03」「WILLCOM 9」「HONEY BEE 2」「WILLCOM LU」「WX340K」「BAUM」の6機種で、黄色い象の滑り台やあずまやを撮影した作例が確認できる。晴れた日に撮ってあげたらもっときれいだったんじゃないだろうか……とも思うのだが、機種ごとの写りの違いが一目で確認できる。

 お気づきの方も多いと思うが、この被写体は+D Mobileの人気連載「荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ」に必ず登場するすべり台とあずまやだ。これらの被写体は、エントリー中で「ケータイ業界で最も有名なアノ被写体」として紹介していただいている。手前みそな話で恐縮だが、キャリアの中の人にもそのように認知されているというのは光栄なことだ。

 ちなみにこの黄色い象のすべり台、どこに存在するかご存じだろうか。某巨大掲示板には「なんとかして荻窪さんの作例に写り込もう!」と画策するスレッドもあったりするのだが、意外とその場所はまだ知られていないようだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう