ニュース
» 2009年09月01日 15時50分 UPDATE

キャリア間でSMSが送受信可能に――ドコモ、au、ソフトバンク、イー・モバイルが検討

ドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、イー・モバイルが、ショートメッセージサービス(SMS)の事業者間接続の検討について合意したと発表。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモ、KDDI、沖縄セルラー、ソフトバンクモバイル、イー・モバイルの5社は、3G携帯電話のショートメッセージサービス(SMS)の事業者間接続の実現に向けた検討について、基本合意をしたと発表。今後も検討を進め、詳細については別途発表するとしている。

 ショートメッセージサービスは、電話番号あてに短いテキストをやり取りするサービス。ドコモ、ソフトバンクモバイル、イー・モバイル向けには「SMS」(全角最大70文字)、au向けには「Cメール」(全角最大50文字)として提供されており、現在は同一事業者間でしか送受信できない。事業者間接続が実現すれば、電話番号のみで他社ユーザーとメールをやり取りできるようになる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.