ニュース
» 2009年10月19日 11時18分 UPDATE

厚さ11.9ミリのスリムスライド、ジョグコントロールキー搭載――「SA001」

2008年夏モデル以来の登場となるSANYOブランド端末「SA001」は、スリムなスライドモデル。スライドを開閉するたびに待受画面が切り替わる機能など、各種のスライド連動機能を装備した。

[後藤祥子,ITmedia]

 2008年夏モデル以来の登場となる京セラ製のSANYOブランド端末「SA001」は、厚さ11.9ミリの世界最薄スライドワンセグケータイ(2009年8月時点)。スライドを開けるたびに待受画面の画像が切り替わる「オープンシャッフル」や、スライド操作と連動して発話/終話、メール返信画面の表示などを行える機能など、ボディ形状を生かした機能が装備された。

Photo 京セラのSANYOブランド端末「SA001」

 いつも表に出ているディスプレイには、油汚れなどを拭き取りやすくする防汚加工を施した強化ガラスを採用。十字キーは指を傾けて操作するジョグコントロールキーを搭載し、スピーディな操作が可能になった。

 音声着信時やメール受信時に相手の情報を非表示にするなど、プライバシーにも配慮。音声着信は簡単操作で一時的に相手の情報を表示することも可能だ。

 名刺リーダーやおサイフケータイ、Bluetooth、PCドキュメントビューアー、ICレコーダーなどの機能を搭載し、米国やカナダ、韓国、中国など20超のCDMA圏の国や地域で使えるグローバルパスポートCDMAに対応。メインディスプレイは3.1インチフルワイドVGA、カメラは321万画素CMOSで、外部メモリは最大16GバイトまでのmicroSDHCを利用できる。

「SA001」の主な仕様
機種名 SA001
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約52×113×11.9(最厚部約14.7)ミリ
重さ 約119グラム
連続通話時間 約260分
連続待受時間 約320時間
カメラ 321万画素CMOS
外部メモリ microSDHC(最大16Gバイト)
メインディスプレイ 約3.1インチフルワイドVGA IPS液晶
サブディスプレイ
主な機能 グローバルパスポートCDMA、ワンセグ、EZ FeliCa、Bluetooth、PCドキュメントビューア、ICレコーダー、ブラインドスクリーン、ゆっくり通話、はっきり通話、長持ちモード、呼び出しバイブ ほか
ボディカラー イノセントブルー、ボヘミアンピンク、サイレンスブラック、ピースホワイト

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう