ニュース
» 2009年12月02日 17時49分 UPDATE

HSUPA対応の定額通信用USBデータ端末「C02LC」、12月4日に発売

ソフトバンクモバイルが12月4日から、イー・モバイル網を利用して上り最大1.4MbpsのHSUPA通信が定額で利用できるUSBタイプのデータ通信端末「C02LC」の販売を開始する。

[ITmedia]
Photo 「C02LC」

 ソフトバンクモバイルが12月2日、イー・モバイルのMVNOとして提供する定額データ通信サービスに対応したUSB端末「C02LC」を12月4日から販売すると発表した。

 C02LCは、Longcheer Technology製のUSBスティック型データ通信端末。イー・モバイル網を使うデータ定額プランと、ソフトバンクモバイル網を使うデータ重量プランの両方に対応し、下り最大7.2Mbps、上り最大1.4Mbpsでの通信が可能だ。GSMにも対応しており、データ従量プランのUSIMカードを装着すれば、海外でもデータ通信が利用できる。Windows 7にも対応する。

C02LCの主なスペック
機種名 C02LC
サイズ(幅×高さ×厚さ) 85×27×13ミリ
重さ 31グラム
通信方式(国内) W-CDMA
通信方式(海外) W-CDMA、GSM(900/1800/1900MHz)
対応OS Windows 7、Windows Vista、Windows XP(SP2)、Mac OS X(10.4.0〜10.4.11以上)、Mac OS X 10.5、Mac OS X 10.6

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう